« rs2rz1というのを作ってみた | トップページ | 戻ってしまう不具合と修正 »

変換したファイルを調べてみた

Droppedimage1_3変換の元となるスクリプトファイルは、HitecさんのRobonova-Iのダウンロードページにある「ROBONOVA-Iサンプルモーションデータ(Script file)」です。

BootCampを立ち上げて、実際にRZ1プログラムシミュレータを立ち上げ、rs2rz1で変換したファイルを読込んで、動かしてみた。

そしたら、デフォルトでチェックを付けておいた状態だと違ってたことが解りました。あれこれとチェックを入れたり外したりしてやっとわかりました。

1、2、4、6、7、8、18、21にチェックを、それ以外のチェックを外した状態が正しいようです(図右側、赤丸)。左側は変換したROBONOVA-Iサンプルモーションデータを動かしてみたものです(action_07.rsfを変換)。

と言うことで、デフォルトが、1、2、4、6、7、8、18、21にチェックされている状態になっているものを新たにアップロードしましたので、ご興味のある方は、お試しください。

※Windowsの場合(展開から起動まで)
1、ダウンロードした、rs2rz1.zipを、右クリック->「すぺてを展開」を選択
2、展開すると、rs2rz1というフォルダができる.
3、rs2rz1->rs2rz1->win->rs2rz1.exeというファイルがある.
4、rs2rz1.exeをダブルクリックして起動

ダウンロード

|

« rs2rz1というのを作ってみた | トップページ | 戻ってしまう不具合と修正 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変換したファイルを調べてみた:

« rs2rz1というのを作ってみた | トップページ | 戻ってしまう不具合と修正 »