« RZ1Basic v0.0.2 公開 | トップページ | RoboZakのシリアルケーブル »

アンビリカルケーブルを作ってみた

RoboZakはまだ上半身しか完成していませんが、ソフト作りのために上半身だけでも動かしてみようと、マイコンボードしか届いていない今現在、何が必要なのか調べてみました。

● USBシリアル変換ケーブル(REX-USB60F)
● PCシリアル変換ケーブル ¥2500(24号で到着)
● CG-S101 5セルニッケル水素急速充電器 ¥4900(30号で到着)
● 1000mAh Ni-MHバッテリー/6V(5セル)¥3500(31号で到着)

Droppedimage3どうも、充電器をマイコンボードに繋いだまま電源をオンにするとマイコンが壊れるようで、結局、充電器も電池も必要ってことで、待ってれば届く物をここで1万円の出費はいたいなぁと悩んでいました。夢現工房さんにも何が必要かメールして聞いたところ、6V1.8AのACアダプタで、アンビリカルケーブルが作れると返事が来ました。んんん!懐かし〜い!アンビリカルケーブルとは。。。「エヴァ」を思い出しました。「へその緒」ケーブルですね!!(-_★)キラーン!!

で、早速ネットで必要なものを検索、以下の4つを購入し、アンビリカルケーブル作りに挑戦してみました!

1、超小型スイッチングACアダプタ 6V1.8A(入力100V〜240V)
2、VHハウジング02P VHR-2N (-)
3、VHコンタクトピン10本入り
4、ACアダプタ用DCプラグ変換ケーブル WK-J2 (W)

「1」は秋月電子通商で¥600けど代引きなどで計1400円でした。
「2〜4」は共立電子産業で、カード払いで合計400円くらいでした。
ACアダプタのプラグ部分をちょん切って「2、3」を繋げれば「4」はなくても大丈夫だと思いますが、なんか切るのがもったいなくて、プラグを余分に買ってそれにコネクタを付けることにしました。

ACアダプタ用DCプラグ変換ケーブルを真ん中で切って、VHコンタクトピンを取り付け、VHハウジングにVHコンタクトピンをカチッと音がするまではめ込んで、完成!10分程度で、できちゃいました ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
※あ、そうそう、VHハウジングにはめる時、コードのプラスとマイナスの方向を間違えないようにね!図の線の場合、白いラインが書かれてる方がプラスです。コネクタは上から見て、右がプラスです。え〜っと、違う言い方だと、VHハウジングを後ろから覗いて(VHコンタクトピンを刺す方から見て)、右側がプラスのコードをさします。でも、まだ、実際に繋げて動くかどうか試していません (;^_^A アセアセ・・・怖くて繋げる勇気がでませ〜ん。せっかく作ったのに〜〜

追伸(07/06/22 4:22):びくびくしながら接続してみました。プログラムの転送はまだ試していませんが、RZ1Basicからひとつコマンドを送ってみました(iMacを使いました)。レスポンス(echo)が返ってきました ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

Droppedimage4_2
ACアダプタ

Droppedimage6_2
VHハウジング & VHコンタクトピン

Droppedimage8_2
DCプラグ変換ケーブル

Droppedimage0x_2
DCプラグ変換ケーブルを切断し、VHコンタクトピンを付ける

Droppedimage9_3完成!!!

|

« RZ1Basic v0.0.2 公開 | トップページ | RoboZakのシリアルケーブル »

工作・改造・解析」カテゴリの記事

コメント

初めまして、c4cronoといいます。

そうか、その手があったか!という感じで
動かすのにバッテリーか安定化電源が必要と思い込んでいました。

どっちにしてもうちはシリアルケーブル来ないと何にも出来ませんが・・・
(7月3日以降ですね)

ところで、コネクターはJST製でいいんですよね。
2007年6月23日土曜日 - 06:04 AM

投稿: c4crono | 2007年9月 5日 (水) 16時24分

はじめましてc4cronoさん

コネクタは、日圧製です。JSTでいいのかな。「VHハウジングの2P用。コンタクトピン2本使用。3.96mmピッチ」です。VHR-2N (-)と共立エレショップで検索すればヒットすると思いますよ。

シリアルケーブルは、24号ですからもうすぐと言えばもうすぐですが、待ちきれないなら、いちおう「RoboZakのシリアルケーブル」で、どうつながっているか書いておきましたので、見てみて下さい。
2007年6月23日土曜日 - 08:58 AM

投稿: micono | 2007年9月 5日 (水) 16時24分

初めまして、choozeといいます。

ココのブログはよく拝読させて頂いて、勉強させてもらってます。
そして、このアンビリカルケーブルいいですね!
時間を気にせず色々モーションが作れそうです。

でも、仰っている事が分からない所があります。(アップから随分時間が経っているのでココ読まれているか心配なのですが・・・)
質問よろしいでしょうか?


VHハウジングに嵌める時のコードの方向が、申し訳ありませんがよく分かりません。

RoboZakに付いて来た、マイコンボードにNi-MHバッテリーを繋げた時、右側は黒でマイナスですよね。
miconoさんが仰っている右と同じ場所の事なんでしょうか?(プラスの位置)
それとも、この場合は左側になるんでしょうか?


もう一つ(質問ばかりでスイマセン)
このRoboZakのマイコンボードなら別のロボットでもアンビリカルケーブルはそのまま使えるのでしょうか?
(勿論、6V以下のサーボを使った場合です)

宜しくお願いします。

投稿: chooze | 2007年12月14日 (金) 02時53分

miconoです。(昔のブログにコメント付けても、コメント付けば、メールが届く設定にしてありますので、大丈夫ですよ)

コメントありがとうございます。仕事が忙しいのと、Macの新しいOSが出たので、そちら関連のソフト作りばかりしていて、このブログを含め、ロボットの方は、まったく遠のいてしまっています(汗)

自分の書いた文章を読み直してみましたが、どちらがどちらか分りづらいですね(汗)実は私まだ30号までしか作ってなくて(子供と一緒に作っていたのですが、お受験のお勉強が急がしてくなって、受験が終わる2月まで、作成はお預けです...)、バッテリーも繋げてもいませんので、バッテリのコネクタはどうなのかお答えはできませんが、作ったケーブルのコネクタを刺して、ロボットを背中から見た状態で、右が黒で、左が白になっています。

あと、これはマイコンの仕様に合わせた電源なので、マイコンが同じなら、同じでOKじゃないでしょうか?ごめんなさい、ハードウエアはあまり得意ではありませんので。。。

こんな答えで、よろしいでしょうか?。。。

投稿: micono | 2007年12月15日 (土) 00時47分

miconoさん、こんばんは!
師走のお忙しい中、早速のお返事ありがとうございます。

バッテリーと同じで、左がプラスという事ですね。部品は注文していますので、着いたら早速作ってみます。どうもありがとうございました。

投稿: chooze | 2007年12月15日 (土) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/16342179

この記事へのトラックバック一覧です: アンビリカルケーブルを作ってみた:

« RZ1Basic v0.0.2 公開 | トップページ | RoboZakのシリアルケーブル »