« RZ1Basic v0.0.1 公開 | トップページ | アンビリカルケーブルを作ってみた »

RZ1Basic v0.0.2 公開

v0.02で、roboBASICのファイルのオブジェクトファイルに対応しました。
MacintoshでRoboZak/Robonovaを動かしたいということで頑張ってます。まだまだ見た目も内容もほとんど何もできませんが、開発に協力頂ければと思います。

RZ1Basicダウンロード(Mac版&Win版)
※Windows版はWindows XPで起動をチェックしていますが、大して力を入れていません。現バージョンでは、コードに色をつける際、Windows版は画面がちらつくことを確認しています。あ

使い方は
1、RZ1Basicを起動
2、ファイルメニューの開くで、roboBasicの.basまたはroboScriptの.rsfファイルを選択
3、コンパイルメニューのオブジェクトコード作成を選択
以上で、ファイルと同一フォルダに.objファイルができあがります。
あと、マイコンボードは届いたのであるのですが、ケーブルも電池もないためオブジェクトの転送など通信部分はまだ未知なのですが、「オブジェクトコード送信」のボタンをクリックすると転送が開始するように作ってあります。想像のみで作った部分なので、マイコンボードを壊すかもしれませんし、なんの反応もしないかもしれませんが、もし勇気のある方はお試しください。

大体のコマンドに対応させたつもりですが(MUSICはまだかな)、こう書くとエラーになるとか、あ〜書くと変なオフジェクトファイルになるとか、なんでもいいのでいろいろ情報を頂ければと思ってます。

☆\( ^ ^)/〜〃。.:*:・’°☆バイバイ!

(これを使用したことで何が起きるか解りません。高価なマイコンボードを壊してしまうかもしれませんのでご注意いただし、各自の責任においてご利用ください)

ダウンロード

|

« RZ1Basic v0.0.1 公開 | トップページ | アンビリカルケーブルを作ってみた »

RZ1Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/16349260

この記事へのトラックバック一覧です: RZ1Basic v0.0.2 公開:

« RZ1Basic v0.0.1 公開 | トップページ | アンビリカルケーブルを作ってみた »