« RZ1Disguise v0.0.8 公開 | トップページ | 外付けEEPROM出荷時プログラム解析(2) »

外付けEEPROM出荷時プログラム解析(1)

Hexedit_j_fatscreensnapz001ロボザックのマイコン(MR-C3024)の外付けEEPROM(プログラムが書込まれるところ)の出荷時の状態が知りたくて、RZ1Basicを使って、メモリー内を読み込んでみた(メモリー内を読み書きできてしまう危険な機能なので、公開しているRZ1Basicは隠してあります)。

読込んだ結果、10024番地から18139番地になんらかのデータが入っていることが解りました。
今日は、まず読込みだけのつもりだったけど、気になって、手作業で少しだけデコンパイルしてみた結果が以下です。

**************************
GOTO AUTOで、10024番地まで飛んで、その後、
**************************
IF A>50 AND A<83 THEN GOTO 10357 '番地へジャンプ
A=0
PTP SETON
PTP ALLON
DIR G6A 1,0,0,1,0,0
DIR G6B 1,1,1,1,1,1
DIR G6C 0,0,0,0,0,0
DIR G6D 0,1,1,0,1,0
......
......
**************************
と、今日はここまで!!

デアゴの掲示板で、プログラムを転送したら、「音が鳴らなくなった」関連のスレッドの中で、

DIR G6A 1,1,1,1,1,1
DIR G6B 1,1,1,1,1,1
DIR G6C 1,1,1,1,1,1
DIR G6D 1,1,1,1,1,1
GOTO AUTO

を行うと、音が鳴るとコメントがありましたが、
やはり、DIRが書き換えられてしまうんで、意味がないですね。

|

« RZ1Disguise v0.0.8 公開 | トップページ | 外付けEEPROM出荷時プログラム解析(2) »

工作・改造・解析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外付けEEPROM出荷時プログラム解析(1):

« RZ1Disguise v0.0.8 公開 | トップページ | 外付けEEPROM出荷時プログラム解析(2) »