« イタリア版RoboZakのフォーラムで | トップページ | Parallels Desktop 3.0 for Mac 日本語版 »

RZ1Action v0.3.2 公開

Rz1action032

更新内容:
1、DIR(モータ回転方向)設定の読込み、および、書込みができるようになりました。
2、roboScriptのrsfファイルか、プログラミング・シミュレータのrsfファイルかを認識して開くようになりました。プログラミング・シミュレータのファイルを開いた場合、これまでは、DIRの設定の変更と、SPEED値の変換を行う必要がありましたが、どちらの操作もする必要はありません。
開いたroboScript rsfファイルを、roboScriptで開けられるrsfファイルとして保存できるようになりました。
3、開いたプログラミング・シミュレータのrsfファイルを、プログラミング・シミュレータで開けられるrsfファイルとして保存できるようになった。

ダウンロード

|

« イタリア版RoboZakのフォーラムで | トップページ | Parallels Desktop 3.0 for Mac 日本語版 »

RZ1Action」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/16340526

この記事へのトラックバック一覧です: RZ1Action v0.3.2 公開:

» RZ1Action v0.3.2 公開 [Micono Utilities(ブログ)]
週刊ロボザック14号に付いてきた「プログラミング・シミュレータ」のようなロボットの3次元モデルを見ながら、ロボットの動きのデータを作成できる、Robozak-1/Robonova-1対応の3Dシミュレーションソフトウエアです. ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 02時16分

« イタリア版RoboZakのフォーラムで | トップページ | Parallels Desktop 3.0 for Mac 日本語版 »