« ADポートの値を取得してみる | トップページ | MIDIファイルからMUSICコマンド(1) »

RZ1Basic v0.1.6 公開

Rz1bicon04RZ1Basic v0.1.6を公開しました。

RZ1Basicも久々にバージョンアップしましたので、簡単に説明します。Robozak-1/Robonova-1の制御用のベーシック言語(ROBOBASIC言語)対応の統合開発環境ソフトウエアです。私は基本的にマックを使っていますので、roboBASICに変わるものが必要で作り始めたソフトウエアです。Mac OS XはLeopard, Tiger、Windowsは Vista, XPで動作確認しております。なお、MR-C3024のファームは、v2.5で起動テストしています。

今回の更新内容は、昨日話題にした、ADポートの値を取得する方法がありましたが、これをもう少し分りやすいインターフェースで取得できるようにしました。今回はWindows版のスクリーンショットで簡単に説明します。

1)ロボザックをプログラムを転送する時と同じく、ケーブルでつないでマイコンの電源を入れます。
2)メニューの「コントローラー」の中の「ADポート読込み」を選択するとダイアログが表示されます。Parallels_desktopscreensnapz012

3)調べたいADポート番号を選択
4)インターバルを入力します。あまり短いインターバルにしてもその速度で読み取れないかもしれませんのでほどほどにしておいた方がよいかと思います。
5)何回か読み取ってた後、自動的に読み取りを終了させる場合は、必要に応じて「自動停止」で、その回数を入力して下さい。
6)「取得開始」ボタンをクリックすると、読み取りが開始されます。
7)真ん中の欄に表示されているのが、ポートの値です。
8)「ストップ」ボタンをクリックすると読み取りを終了します。
9)ストップすると、読み取ったデータをグラフや一覧で表示できます(図)。右下のポップアップメニューで選択して下さい。
 
たぶん簡単にできると思います。
Finderscreensnapz004

ただ何があるかわからないので、やるときは、自己責任においてよろしくお願い致します。

ダウンロードはこちらから

|

« ADポートの値を取得してみる | トップページ | MIDIファイルからMUSICコマンド(1) »

RZ1Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/17895195

この記事へのトラックバック一覧です: RZ1Basic v0.1.6 公開:

« ADポートの値を取得してみる | トップページ | MIDIファイルからMUSICコマンド(1) »