« RZ1Basic v0.1.8 公開 | トップページ | RZ1ActionとRZ1BasicのCatch&Play機能 »

MIDIファイルからMUSICコマンド(3)

RZ1Basic v0.1.7で新しく付けたMIDIファイルを読込んで、roboBASICのMUSICコマンドにする機能ですが、簡単に手作りしたファイルなど単純なMIDIデータなら問題はないと思うのですが、ちゃんと作られているMIDIデータを読込むと、何がなんやらわからない曲になって、いまいち気に食わなかったので、もう少し改良し、RZ1Basic v0.1.8として公開しました。

Parallels_desktopscreensnapz020oneひとつは、トラックごとにデータを抽出していたのですが、さらに、選択したトラックの中のチャンネルごとに抽出するようにしました。これによって、主旋律だけピックアップできる可能性が高くなりました。なお、トラックを変更した際、音データがあるはずのトラックなのに、何も表示されなかった場合は、「CH」を別の番号にしてみて下さい。

Parallels_desktopscreensnapz024

two2つ目は、音の長さ「1」を全音符とすると、使えるのは8分音符までになってしまうので、曲によっては上手いこと変換できなかったので、1〜9の音の長さの設定は、音の長さの「比」なんで、音の長さ「8」をMIDIデータの何分音符に対応させるかを設定できるようにしました。「※音の長さ0の音符がいくつかふくまれています...」という赤文字のメッセージが出た場合、このポップアップメニューで音符の対応を変えてみて下さい。なお、これを変更させると連動してBMP (TEMPO)も変更されます。

|

« RZ1Basic v0.1.8 公開 | トップページ | RZ1ActionとRZ1BasicのCatch&Play機能 »

RZ1Basic」カテゴリの記事

コメント

以前の書き込みで、失礼を致しました。
RZ1BasicとRZ1squisをインストールさせて頂きました。
MUSIC設定を手作業で書き込んでいましたが、
これで楽々です。
squisでのmotor数値変換も完璧でした。
出来ればG24の数値をG6A・B・C・D
に分けて有ると、プログラムが見易く成ります。
有難う御座いました。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: shirasu | 2008年2月 6日 (水) 13時45分

shirasuさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

次のバージョンでは、G6への変換にも対応させて頂こうかと思いますが、G24とG6はただ見易い見難いという問題だけでなく、PTP SETONの場合と、PTP ALLONの場合で、G24とG6は挙動が異なると思いますが、ま、PTPは気にせず、G24とG6のどちらかで出力できるようにしますね。

また、アイディアありましたら、よろしくお願い致します。

では

投稿: micono | 2008年2月 6日 (水) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/40011586

この記事へのトラックバック一覧です: MIDIファイルからMUSICコマンド(3):

« RZ1Basic v0.1.8 公開 | トップページ | RZ1ActionとRZ1BasicのCatch&Play機能 »