« ロボ DE 解剖学【10】組織と器官系(3) | トップページ | ROBOBASIC講座(PEEK、POKE その1) »

ROBOBASIC講座(テンプレートMAINループ)

さて、今回は、リモコン用テンプレートのMAINループをみてみましよう。
これは信じれないとか、あれは信じれるとか、これは動かないとか、あれは動くとか言っているだけでなく、自分の目で見て確認してみましょうsign01

と、その前に、ROBOBASIC講座(GOSUB...RETURN)をご覧になっていない方は、まずそちらを見ておいて下さい。見てみたテンプレートは、ROBOBASIC講座(GOTO AUTO、FILL)で紹介した。以下のテンプレートです。

 

それぞれのフローチャートを図にしました。図はクリックすると別ウインドウで大きく表示されますので、見難い場合はプリントするなりして下さい。

前回、ROBOBASIC講座(第一変数の利用法)で使い方が分らないと書いた、action_procのルーチンがらみにのことがらがありますが、それにしても、「?」が付けてある場所以外にも、どのプログラムにも変な場所があるように思います。

  • Overall Template Program、IR_Remocon_Template01の、action_procのルーチンはGOTOで呼んでいるのに、RETURNがある。
  • Overall Template ProgramのMAINルーチン内には、GOSUBで呼んでいる場所がないのでRETURNがある。
  • IR_Remocon_Template01と、基本モーション1の場合は、GOSUB REMGETがあるため、RETURNでMAINルーチンに戻る必要があると思いますが、GOTOだけで、MAINに戻ってきてしまう通り道がる。

どうしたらいいのかsign02は、各自でお好みに考えて頂ければいいと思いますが、別の機会に、私なりのMAINループを考えて、書いてみたいと思いますので、お楽しみにpaper

【Overall Template Program】

Overall_template_program

【IR Remocon Templet program01】

Ir_remocon_templet_program

【基本モーション1】

Photo

【追記】基本モーションの新しいバージョンが公開されました。新しいものに書き換えたフローチャートはこちらをご覧下さい。

|

« ロボ DE 解剖学【10】組織と器官系(3) | トップページ | ROBOBASIC講座(PEEK、POKE その1) »

ROBOBASIC講座」カテゴリの記事

コメント

そうそう。
どれも、オカシイところありますよね。
私は、ON GOTOを一つにしました。

それがいいか、どうかは別として、
無駄な、RETURNとかは、全部取って、すっきりにしました。

どんな回答例が紹介されるか、楽しみです。
早くアップしてね。

投稿: でぃ兄さん | 2008年2月11日 (月) 13時14分

actionは、'GOSUB メインルーチン' なんですよね。 いろいろ心配になりますね。

投稿: avalon | 2008年2月11日 (月) 13時32分

でぃ兄さん>コメントありがとうございます。あまり期待されても困ってしまいますが、私もON ... GOTOはひとつにまとめようかと思っています。

avalon>「actionは」とは、action命令のことでしょうか?ま、兎に角、自分で設計しなおした方が安心だと思います。

投稿: micono | 2008年2月11日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/40084010

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOBASIC講座(テンプレートMAINループ):

« ロボ DE 解剖学【10】組織と器官系(3) | トップページ | ROBOBASIC講座(PEEK、POKE その1) »