« ROBOBASIC講座(ZERO, INIT/GETMOTORSET) | トップページ | 強化ブラケットは、まず下肢に »

セクシーボイスアンドロボ

『セクシーボイスアンドロボ』は、黒田硫黄の漫画作品で、「スピリッツ増刊IKKI」2000年12月号(創刊号)から2003年2月号(第13号)にかけて13話連載され、同誌の月刊化を期に未完のまま中断となっている漫画のようです(Wikipediaより)。

日本テレビでTVドラマ化(11話)され、2007年4月10日〜2007年6月19日に放映されていたようです。私は見ていなかったのですが、子どもがDVDを全巻借りてきたので、一気に見ました。

七色の声を操る14歳の少女「ニコ」と、ロボット大好きオタク青年「ロボ」の2人が、謎の婦人から依頼を受けて、次々と事件を解決して行く冒険活劇で、毎回笑えるし、教訓じみたこともあって、とてもハマりましが、原作も読んでいないのですが、テレビの方はだいぶ原作と変わっていたようで視聴率が伸びなかったようです。

松山ケンイチ演ずる通称:ロボは、ロボットオタクの24歳青年。秋葉原勤めの会社員。自宅に大量のロボットフィギュアを飾っている。特に『マックスロボ』というアニメが大好きで、いつもマックスロボのフィギュアを持ち歩いていて、フィギュア片手に「マックスビーム」とか、「マックスパンチ」など、決め台詞を叫んでいます。何かを食べるときはいつも「いただきマックス」と言うのが、どうも私まで移ってしまいましたsweat01

で、主題歌は、みつき大切なもの の 2曲目の「ひとつだけ」です。
買っちゃいましたhappy01




DVDは、まだ買ってないけど、欲しい。。BOXが1万切ればいいのになぁ。。

|

« ROBOBASIC講座(ZERO, INIT/GETMOTORSET) | トップページ | 強化ブラケットは、まず下肢に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/40581254

この記事へのトラックバック一覧です: セクシーボイスアンドロボ:

« ROBOBASIC講座(ZERO, INIT/GETMOTORSET) | トップページ | 強化ブラケットは、まず下肢に »