« ROBOBASIC講座(TEA TIME #1) | トップページ | タッチセンサーと光センサー »

ROBOBASIC講座(TEA TIME #2)

ロボザック60号に付いてきたRZ-1プログラムCD-ROM 2のタッチセンサー1、2のプログラムをRZ1Basicでシミュレーションしてみた。

また、
GOSUB REMGET
になっているので、スタックオーバーフローのエラーが。。。
Rz1basicscreensnapz001
※RZ1Basic v0.2.9では、IN, ADなどの値を制御できないので、この場合コメントにしています。今後のバージョンでそれ用のインターフェイスも考えてはいます。

ちなみに、私はまだセンサー類をひとつも付けていないのですが、これをロボザックに転送して(GOSUB REMGETの部分は、GOTOにしました)、動かしてみました。

k1が繰り返されないから、センサーなしで、TSは0以外の数値になっているようですね。。。
センサー取り付けの部分まったく読んでないのですが、IN(33)は、AD(1)かな?

【追記】
タッチセンサーがAD(1)に付くんですね。センサーを繋げないでもう一度やってみたら、お辞儀を繰り返しました。マニュアル的には、何も繋げていないと、読込むたびに異なった数値になるそうです。

|

« ROBOBASIC講座(TEA TIME #1) | トップページ | タッチセンサーと光センサー »

ROBOBASIC講座」カテゴリの記事

コメント

ROBOZAKのマニュアルにもちゃんと書いてくれればいいと思うのですが、何も繋がない状態は、Hi-Z(ハイ・インピーダンス)の状態で、電気的にはどちらにも定まらない状態ですね。

投稿: avalon | 2008年3月25日 (火) 09時09分

avalonさん

いつもありがとうございます。
これを書いた後、いろいろ試していますが、確かに何も繋げないと、どちらにも定まらないみたいですね。

あと、このタッチセンサー、センサー部分に振れなくても、蛍光灯にかざしたり(これは向きを変えた刺激?)とか、ちょっとしたことでも、0になりますね。

お辞儀をさせるためだけのセンサーならいらないし、他の使い道はないのかなぁ。。。

投稿: micono | 2008年3月25日 (火) 10時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROBOBASIC講座(TEA TIME #2):

« ROBOBASIC講座(TEA TIME #1) | トップページ | タッチセンサーと光センサー »