« 買ったBluetoothを繋げてみました | トップページ | BlueSMiRF関連(オーディオプラグに繋ぐには1) »

Bluetooth SMiRF関連(コマンドモードについて)

Bluetooth SMiRFに関して、ブログにまとめておくことにします。

昨日、Bluetooth SMiRFを繋げてみたとき、うまいことコマンドモードにならなくて困ってましたが、ユーザーガイドを読んで、なぜ、うまくいかない原因がわかりましたので、ちょろっと書いておきますpaper

Bluetooth SMiRFには、CONFIGURATION TIMEというのがありまして、デフォルトでは60秒になっています。これがうまくいかない原因で、電源を入れてから60秒以内に、コマンドモードにしないとダメだったのですsign01

Bluetooth SMiRFは、ローカルでも、リモートでもコマンドモードに入れます。ローカル(PCと繋ぐ)では試していませんが、リモート(無線で)でコマンドモードに入れることを確認できました。

Parallels_desktopscreensnapz005_2
$$$を入力し、Dコマンドで設定を表示させた時のスクリーンショット(※LynxTermを使っていますが、ハイパーターミナルでも当然できます)

《コマンドモードに入る》

  1. Bluetooth SMiRFの電源を入れる。つまり、MR-C3024の電源を入れる
  2. ターミナルでBluetooth SMiRFと接続
  3. 電源を入れてから60秒以内に
    $$$
    と入力するとすぐ
    CMD
    と返事が返ってきてコマンドモードになります。

※リモートの場合は、$$$だけで、コマンドモードになれます。

《CONFIGURATION TIMEを変更する》

CONFIGURATION TIMEは、コマンドモードに入って

ST,<num>
という書式のコマンドで変更できます。

<num>
0           CONFIGURATIONできなくする
1-252    この数値の秒数以内ならCONFIGURATION可
253        ローカルのみCONFIGURATION可、時間制限なし
254        リモートのみCONFIGURATION可、時間制限なし
255        ローカル、リモート両方CONFIGURATION可、時間制限なし

私は、いつでも変更できるようにST,255に設定しました。

《プログラム転送時に役立ちそうなコマンド》

U,<rate>,<E,O,N>
というプログラム転送時に役立ちそうなコマンドがありました(まだ試していません)。baudrateとparityを変更し、コマンドモードを抜けるというコマンドです。
例えば、
U,115K,N
とすると、baudrate=115200bps, parity=noneに変更されます。

プログラムの転送時、途中で9600bpsから115200bpsに変更されるため、Bluetooth SMiRFでプログラムの転送に対応できる可能性があります。

《その他》
もしプログラムの転送もBluetooth SMiRFでうまくいくならば、ETX/ERXでBluetooth SMiRFを使うのではなく、オーディオプラグの方で使った方がいいかもしれません。ETX/ERXでは、プログラムの転送ができないので、基本的にはロボットのコントロールしかできませんが、オーディオプラグならロボットのコントロールだってできるからです。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ 
ロボットへ
にほんブログ村

|

« 買ったBluetoothを繋げてみました | トップページ | BlueSMiRF関連(オーディオプラグに繋ぐには1) »

無線(BlueSMiRF)」カテゴリの記事

コメント

miconoさん、こんばんわ!

Bluetoothのコントロールうまくいっているようですね。VV(^O^)VV
価格もPCでコントロールするのであれば、PC用のBluetoothアダプタが使えれば、ZigBee2個と同等か安くつきますね。
ううぅ、早まったかな(笑)

ちなみに「ETX/ERXでは、プログラムの転送ができないので、」とあるのは、ROBOZAK内のファームフェア(roboBASICのプログラムを解析実行するプログラム)が対応してないという意味ですか?それともハード的にETX/ERXピンからのデータではEEPROMへの書込みは不可能という意味でしょうか?
とうのは、私は最終的にはETX/ERXピン接続で、プログラム転送実行を考えています。(一番コンパクトな実装に出来そうなので)

投稿: Robock | 2008年4月16日 (水) 21時50分

忙しくて、お返事遅くなりました。

MR-C3024にプログラム転送を用のプログラムを用意しておいて、それを利用して、プログラムをPCからMR-C3024にプログラムを送ることは可能かと思います。

けど、普通にroboBASICを使ってETX/ERXのポートを指定して、プログラムの転送できるのでしょうか?

勝手にそう思っているだけで試した訳じゃないんですけど。。。


投稿: micono | 2008年4月17日 (木) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/40882609

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetooth SMiRF関連(コマンドモードについて):

« 買ったBluetoothを繋げてみました | トップページ | BlueSMiRF関連(オーディオプラグに繋ぐには1) »