« RZ1Basic v0.3.4 公開 | トップページ | SimROBOTの転送プログラムの解析1 »

srmファイル形式(SimROBOTのファイル)解析4

srmファイル形式(SimROBOTのファイル)解析2」で、imROBOTのフレームと、ROBOBASICのDELAY/SPEED/最大動作角度との関係を調べたんですが、SimROBOTのマニュアルを読んでいたら、1秒当り33フレームでなく、1フレームが30ミリ秒でしたsweat01ほんのちょっとの違いですが、書き直しておきます。

《フレーム》

  • 30ミリ秒/FRAME

《DELAY値》

  • FRAME数=DELAY値 / 30
  • DELAY値=FRAME数 x 30

《SPEED値》

モータ回転速度

  1. 50ミリ秒/度
  2. 25ミリ秒/度
  3. 16ミリ秒/度
  4. 12ミリ秒/度
  5. 10ミリ秒/度
  6. 8ミリ秒/度
  7. 7ミリ秒/度
  8. 6ミリ秒/度
  9. 5ミリ秒/度
  10. 5ミリ秒/度
  11. 4ミリ秒/度
  12. 4ミリ秒/度
  13. 3ミリ秒/度
  14. 3ミリ秒/度
  15. 3ミリ秒/度
  • FRAME数=最大動作角度 x モータ回転速度 / 30
    もし、モータ回転速度を式にするなら
    モータ回転速度=52.053 x SPEED値の-1.057乗
  • SPEED値=41.683 x (FRAME数 / 最大動作角度 x 30)の-0.9415乗

以上のようになりますので、RZ1Basicや、RZ1Disguseは、次のバージョンの公開までには直しておきます。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ 
ロボットへ
にほんブログ村

|

« RZ1Basic v0.3.4 公開 | トップページ | SimROBOTの転送プログラムの解析1 »

週刊 ロボザック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/41132634

この記事へのトラックバック一覧です: srmファイル形式(SimROBOTのファイル)解析4:

« RZ1Basic v0.3.4 公開 | トップページ | SimROBOTの転送プログラムの解析1 »