« 続・これを使おうか考えてます... | トップページ | ヨージくん対応! »

週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(1)

この前、「浅草ギ研から、Bluetooth無線モジュール」で、週刊『My Robot』のBluetoothを使ってみたいけど、完売だったと書きましたが、今日(6/18)見てみたら、「好評につき増刊決定!期間限定で増刊分の購入受付いたします!」とのことで、42号も在庫があると書いてあったので早速注文しました。けど、まだ発送状態になってないので、結局在庫切れになってしまって届かなかったら、今後、この話が続きませんが、Bluetooth化を考えていらっしゃると思いますので紹介ということも含めて、週刊『My Robot』のBluetoothモジュールの購入から実際ロボザックに繋げてコントロールする所まで、少しづつ書いていこうと思っています。が、ちゃんと上手く動くものが作れるのかは未知なので、やっぱり動かなかったという結果になっても恨みっこなしでお願いします。

なぜ週刊『My Robot』のBluetoothモジュールなのかsign01

  • Bluetooth Special Interest Group (SIG)の認証済みLogo
  • TELEC(技術基準適合証明)済みTelec:日本でどうどうと使えるsign01

それなのに安く手に入る(かもしれない):週刊『My Robot』42号の在庫があれば、定価: 1390円で手に入れることができます。兎に角、安いsign01浅草ギ研から、Bluetooth無線モジュール」でいくつかのモジュールを紹介しましたが、日本で認証済みのものは結構お高くてなかなか手がでません。

週刊『My Robot』のBluetoothモジュールは、これだsign01

週刊『My Robot』Bluetoothモジュールは、「TIGALのRBT-001」と同じもののようです。お値段は29ユーロとなってますので、1ユーロ=170円だとすると、約5000円です。日本からもカードで購入することが可能なようですが、送料が別途かかるので、Fedexで 70ユーロ、エアメールで 30ユーロくらいだそうです。エアメールでも、5000円+5000円=約1万円になってしまうようです。(つれづれ日記 2008年2月分のページの2008.2.22(金)の文章より)

いちおう、「Radio Type Approved for Europe and Japan.」と書いてありますし、TELECのマークも入ってますので、輸入しても、日本で使っていいということですが、1万円かかってしまうとなると、やっぱ考えてしまいますね。。。

これを扱っている代理店が日本にないか検索してみましたが、今のところ引っかかっていません。私は、BlueSMiRFを買ってしまってますし、週刊『My Robot』の在庫がなければ、輸入してまでも買うことはないと思います。

週刊『My Robot』を購読してなくても、使い方はわかるsign01

まだ、細かな所まで読んではいませんが、一般のターミナルソフトでは、ロボザックを快適にコントロールするということまでは無理だと思いますので、RZ1Basicのゲームパッド機能の既存の機能だけで、コントロールが可能なのかも、まだ実際にやってみるまではわかりません。兎に角、なんらかのコントロールの為のソフトウエアが必要になると考えられます。

週刊『My Robot』は、ここで注文したsign01

もうみなさんご存知、ロボザックのバックナンバーの注文でもお世話になっている方も大勢いらっしゃると思いますが、「Fujisan.co.jp」で、週刊『My Robot』バックナンバーが注文できます。

Bluetoothモジュールが付いてくるのは、
週刊マイロボット 2006/12/12発売号 (第42号)
です。

週刊『My Robot』のBluetoothモジュールの他に、これが必要sign01

いちおう、このモジュールをロボザックにしょわせて、パソコンで、ロボザックをコントロールすることを考えています。このモジュールは3.3Vで可動しますので、MR-C3024の5Vだと壊れてしまいますので、これを変換する必要があります。

  • ETX/ERXに接続する場合:FT232RL USBシリアル変換モジュールを購入しました。3.3Vと5Vの変換ができます。 FT232RLが届きました(2008/6/20)。MR-C3024から5V外部電源を取って、3.3Vの出力を得ることはできるのですが、信号はUSBでしか取れないみたいsweat01パソコンとRBT-001を繋いでセッティングする時には使えますが、ETX/ERXとの接続は、他の方法を考える必要があるかもしれません。電圧変換だけだったら3端子レギュレータでいいんですよね???
  • オーディオプラグに接続する場合:上記変換モジュールは、RS232Cレベル(9V?)にはなりませんので、以前、BlueSMiRFを繋げた時に作ったADM3202AN RS232CインターフェースICを使ったモジュールが、3.3Vでも動くハズなので、それをそのまま使ってみようと考えています。このモジュールの作り方に関しては、「BlueSMiRF関連(オーディオプラグに繋ぐには)」に関連するブログを参考にして下さい。
  • パソコンにBluetoothが付いていない場合:Bluetooth USBアダプタを繋げる※週刊『My Robot』のBluetoothモジュールは、Class2です。Class1が上位互換があり、Class2と繋がるのかどうかわかりません。私は、プリンストンテクノロジーのPTM-UBT4というClass1のものを持っています。同社のClass2のものは、PTM-UBT3Sというものがあります。

あと、どこで見たのか忘れましたが、週刊『My Robot』のBluetoothモジュールが、Wiiリモコンで接続できたみたいなことが書いてありました。Wiiリモコンは4000円弱ですし、もしかするとPSのBluetooth対応のコントローラー(4000円強)でも認識するのかもしれません。ハードが得意な方は、これらのゲームコントローラーを改造して使うということも可能なのかもしれませんが、私はハードウエアは苦手ですので、こちらに関しては誰かがやってくれることを期待することにしますhappy01



週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(1)(2)(3)(4)(5)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ 
ロボットへ
にほんブログ村

|

« 続・これを使おうか考えてます... | トップページ | ヨージくん対応! »

無線(RBT-001)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

関西は梅雨空で、
湿度も高く鬱陶しい日が続くようです。

いつもブログを見て参考にしています。

定期購読は止めていますが、
興味の有る物だけ購入しています。
光センサーはタッチセンサー代わりに、
距離センサーは自立歩行に、
加速度センサーもRZ1Basicを使わして頂いて、順調に機能しています。

今度は首の回転に挑戦します。
安物の(830円)マイクロサーボを買いました。
シグナル配線を間違えて、
使えないものと諦めていましたが、
Miconoさんのコメントで、
オレンジがシグナルと解り、
解決しました。
有難うございました。


投稿: shirasu | 2008年6月19日 (木) 19時18分

うまく動いてよかったです。マイクロサーボ安かったんですねぇ。私の買ったものとはまた違うものでしょうか?

投稿: micono | 2008年6月19日 (木) 22時09分

マイクロサーボは、Tower ProのSG-50です。
年金暮らしでは安い事が一番です。
もう少し安い所も有りましたが、後の祭りで・・。

投稿: shirasu | 2008年6月20日 (金) 08時02分

miconoさん、ごぶさたしております。

しばらく忙しくて、ROBOZAKもスタンドにぶら下がったままで、
冬眠中です。(^^;
ATmega128開発環境も整えたというのに、こちらもフリーズ状態です。

ブログはROMさせていただいておりましたが、「Bluetooth」の
スペルに反応してしまいまして、fujisan.co.jpに注文入れちゃいました。(^o^)v
研究開発はmiconoさんにお任せし、治験者としてモニターさせていただこうかと、都合のいい事を考えております。m(^_^)m

Design Wave Magazine6月号のARM開発基盤の拡張ボードでWirefree社のBlueoothモジュールが紹介されてますが、これは認証されているようなイメージもありますが、どうなんでしょうね。
http://www.networkdevice.jp/bt_oem_module.php

なにはともあれ、しばらくROM状態が続く見込みですが、人柱モニターは継続したいと思っておりますので、よろしくお願いします。

投稿: Robock | 2008年6月21日 (土) 02時04分

Robockさん
コメントありがとうございます。
モジュールが届いていないので、まだ何も始めていませんが、公開できるようなものができあがったら、また治験者モニターよろしくお願いします。

Wirefree社のBlueoothモジュール
このサイト見たことはありますが、Bluetooth SIGは取っているようですが、TELECは取ってないように思うのですが、私の見落としかなぁ?

投稿: micono | 2008年6月21日 (土) 02時24分

miconoさんの「Bluetoothを繋げてみる計画」に賛同します。

情報提供、有難う御座います。

これからも頑張ってください。とても参考になります。
Fujisan.co.jpでバックナッバーが購入できるかわかりませんが、
一応、インターネントで注文してみました。

あとは、届いてから具体的に検討したいと思います。
コネクタなどや取付け方法なはど現物合わせ
で対処するつもりです。

なお、信号ラインの5V-3.3VのレベルシフトはTrかMOS-Trで組めるので、ICである必要はないと思いますよ。

 私は、多分、3.3V系から5V系は直結して、5Vから3.3Vは、抵抗とTrで簡単なレベルシフト回路を組む程度で考えています。

投稿: takuo | 2008年6月21日 (土) 18時13分

takuoさん
ありがとうございます。

TrかMOS-Trが何なのかわからないのですが、低ドロップ電圧レギュレータと、ロジックレベルシフターで作っておられる方のページを見つけたので、石川町のタック電子へ行ってきましたが、どちらも相当するものはありませんでした。

あと、ZegBeeでやられている方がいるから、きっと、その方のやり方を参考にできるといいんですよね。

ついでに、関内の有隣堂を見てきましたが、73号は3冊置いてありましたよ。

投稿: micono | 2008年6月21日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/41573394

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(1):

« 続・これを使おうか考えてます... | トップページ | ヨージくん対応! »