« 週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(2) | トップページ | 勝手にグッズ(1) »

週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(3)

ETX/ERXに繋げる場合の3.3Vと5Vの変換ですが、いろいろ調べていたら、
Tomtia's WebPageの、
http://tomtia.plala.jp/diary/mt/archives/cat_33.asp
の、2006年09月07日のやり方が使えそうと思い、近所のパーツ屋(タック電子)へ行ってきましたが、同じものも、代わりになるものはないと言われましたdown

あと、よく考えれば、ZIG100Bが3.3Vなんですよね。

avalonさんが作っていたのを思い出して見てみましたが、どう作ったかのページは見つけていませんが、一応、一カ所、覚え書き「ROBOZAK/MANOI用統合I/Fボードを作る(10)・・・ZigBee通信用ボード(3)」。写真を見ると、5V->3.3V電圧レギュレータと双方向レベルシフターが付いてるのかな??あと、「ROBOZAK/MANOI用統合I/Fボードを作る(11)・・・ZigBee通信用ボード(4)」で、USB/PS2コントローラ+FT232RL+ZIG100Bで通信できてるみたいだから、先日買ったFT232RLもパソと繋げるだけでなく、活用できそうだhappy01

あと、「“PLASSON”自作二足歩行ロボット」さんが、「無線ZigBee化回路」で紹介されています。が、最後の方のコメントに、自己レスとして、「自己レス:受信側の回路は、このままではダメー(^^;。」と書いてありました。

で、とりあえず、回路のわかっているTomtia's WebPageさんの2006年09月07日のやり方で使っているものを、秋月電子で検索してみましたが、
●5V->3.3Vの電圧レギュレータは、まったく同じものはないので、
3端子レギュレータ(低ドロップタイプ) 3.3V 500mAのセットになったやつの購入を考えています。
●信号のレベルシフターは、同じものはないし、代用できるものはない?というか、今の所、どれが代用できるかわからないやsweat01

ところで、Tomtia's WebPageさんが使っている、BluetoothモジュールはSMK製のBluetoothシリアルポートアダプタBT201という製品らしいのですが、おいくらくらいなんでしょうね?一応、BT201は電波法(日本)認証を取得済みと書いてありますね。


週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(1)(2)(3)(4)(5)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(2) | トップページ | 勝手にグッズ(1) »

無線(RBT-001)」カテゴリの記事

コメント

抵抗2本だけでやる簡易的な方法もあります。
http://blog.livedoor.jp/k_yon/archives/51662613.html
この方法が可能かどうかは、使うICにもよりますが。。

投稿: yoneken | 2008年6月22日 (日) 16時31分

こちらのブログへのリンクありがとうございます。

私は、回路の勉強も兼ねて、あえてトランジスタで考えました。受信側の回路は、私の送信側回路を2つつなげたような形でできるんじゃないかな、と思うのですが、私も回路にはうといので、やってみないことにはわかりません。

「2電源レベルシフタ」などの言葉で検索して出てくるサイトが参考になるのではないかと思います。

ではでは。

投稿: SLAN | 2008年6月22日 (日) 23時00分

yonekenさん
ありがとうございます。ページ見させて頂きました。この方法も考慮に入れさせて頂きます。ありがとうございました。

SLANさん
ありがとうございます。2SC2458をTX,RXに使うということですね!?回路はほんと苦手で、ピンflairとこなくてダメですわsweat01
「2電源レベルシフタ」でも検索して、いろいろ勉強してみます。ありがとうございました。

投稿: micono | 2008年6月23日 (月) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/41603264

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(3):

« 週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(2) | トップページ | 勝手にグッズ(1) »