« iPhoneは | トップページ | 携帯でコントロール(7) »

携帯でコントロール(6)

昨日紹介したテスト用iアプリで、ロボザックをコントロールできることを確認しました。これでやっとロボザック用のリモコンが作れるぞsign01

いちおう、そのテスト用iアプリをダウンロードできるようにしましたので、ご興味のある方は、お試し下さい。なお、私の携帯は、SO905iCSです。他の携帯での起動は確認していませんので、各自の責任においてご利用下さい。

IRTest ダウンロードQR
http://micono.hp.infoseek.co.jp/iappli/irtest/Download.html
Irtestdl
あと、アイコンも作っちゃいましたhappy01
Irtest
iアプリは、48x48, 96x96, 160x160のアイコンが付けられるんだけど、600x600で描いたのを縮小して、48x48のアイコンだけ付けてあります。というか大きいサイズのを保存しておくのを忘れてしまったsweat01

《IRTestの使い方》
Parallels_desktopscreensnapz002_2

まず、こちらのページを見て下さい。

アプリケーションを起動すると、図の様に数値が入っているかと思います。この数値は、そのページのデータを参考に入力したシャープのアクオスのリモコンの電源のデータになります。

  • すべて半角で入力して下さい。全角は対応していません。
  • Leader Hi/Lo:リーダー信号の点灯時間と消灯時間。
  • Code 0 Hi/Lo:データ0の点灯時間と消灯時間。
  • Code 1 Hi/Lo:データ1の点灯時間と消灯時間。
  • Ptn=0は、High->Low、Ptn=1は、Low->Highの順に点灯消灯します。
  • Stop Hi:ストップ信号の点灯時間に相当します。
  • Repeat:データ送信の繰り返し回数
  • Frq:点減の周波数:20〜40KHzくらいの値をとれるハズです。
  • Data:16進数の場合は、頭に必ず0xを付けて下さい。バイナリーの場合は、そのまま0と1を入力して下さい。
  • Len:送信するデータのビット数です。図のデータの場合、6バイトなので、6 x 8=48ビットになります。

さて、ロボザックの場合は、どんな値を入れればいいのか

実は、ロボザックの場合もこの設定で動いたのです。だから、「Data」の所と、「Len」の所をロボザック用のものに書き換えればokなのですsign03

zero 追記(2008/6/10)
  Leader Hi/Lo:5000/100
  Code 0 Hi/Lo:500/500
  Code 1 Hi/Lo:500/1000
  Stop Hi:500
  に設定

oneロボザックのリモコンのデータの長さは13です。Lenには13と入力して下さい。

twoDataは、ROBONOVA改造記さんの、対応表 の値を参考にしながら入力してください。

この対応表は、バイナリーと16進が混ざっていますので、どちらかに統一させないといけません。おまけにメーカーコードが4ビットなら楽だったんですが、5ビットなので、単純に繋げる訳にいかないんですよね〜

例えば、ID=1のKEY-02は、0x03になっていますので、バイナリーに直すと00000011です。従って、コードの10101と、00000011を繋げた「1010100000011」という値をDataの部分に入力すればOKです。以下の様になります。

Screensnapz002

もし16進数で書きたい場合は、あと3つ後ろに0を付けて「1010100000011000」すると16ビットになりますので、「0xA818」と書いて下さい。

以前、「ROBOBASIC講座(DIM...AS, CONST)」の《進数と桁数》のところに、2進数と16進数の対応表を書いたので、そちらを使って頂くと、便利かと思います。

例えば、KEY-11のID=4は、0xD4なので、表から、D=1101, 4=0100であることが分ります。コードの10101と繋げるて、「1010111010100」となります。ついでに、これを16進数で表したい時は、後ろに3つ0を付けて、1010111010100000となるので、4つづつに分けて、表から、0xAEA0として下さい。

-----------------------------

----------------
にほんブログ村 科学ブログ 
ロボットへ
にほんブログ村

|

« iPhoneは | トップページ | 携帯でコントロール(7) »

工作・改造・解析」カテゴリの記事

コメント

IRTest をパソコンからダウンロードしようとしたのですが、サーバ上から削除されているようにメッセージが出力されます。もう公開されていないのでしょうか?よろしくお願いいたします。

投稿: 通りすがり | 2008年10月 7日 (火) 16時03分

通りすがりさん
えっと、ロボット用のものを作るのが目的だったので、削除しちゃた記憶が。。。sweat01
これを書いた以降、あれこれ書き換えてしまっていますが、24時間以内に(アバウトですいません)探して、ダウンロードできるようにしておきます。というか、こんなテストアプリが欲しいのでなく、ソースコードが欲しいのでは??ソースが必要ならば、お送り致しますよ。

投稿: micono | 2008年10月 7日 (火) 17時06分

miconoです。
サイトからは消してませんでしたよ。ブラウザがjamファイルを読めないだけですよね!?

投稿: micono | 2008年10月 8日 (水) 10時57分

迅速なご対応をしていただき、ありがとうgざいます。携帯の方にはダウンロードできました。PCの方はブラウザを変えて試してみたいと思います。ソースプログラムのご提供のお話、誠にありがとうございます。できましたら、よろしくお願いいたします。

投稿: 通りすがり | 2008年10月 9日 (木) 12時15分

IRTESTのソースプログラム一式を送っていただきまして、ありがとうございます。さっそく拝見させていただきます。本当にありがとうございました。

投稿: 通りすがり | 2008年10月10日 (金) 09時51分

赤外線の参考に勉強させてもらってます。

私も、ソースコードをいただきたいのですがよろしいでしょうか?
かなり月日がたってのコメントになりますが
まだ、一式ありますか?

忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

投稿: ゴゴ | 2010年1月13日 (水) 17時03分

ゴゴさん
お返事遅くなりました。
ちょっと昔の話で、私も忘れてしまいました(汗)。ダウンロードできるようになっていたのか、ソースコードは残っているのか、ちょいと調べてみます。

投稿: micono | 2010年1月15日 (金) 19時50分

ゴゴさん
Robozak用に作ったもののソースは
http://web.mac.com/micono/RZ/RZ1Infrared.html
でダウンロードできるようになっています。
で、IRTestのソースコードですが、手元にあるようですが、ダウンロードできるようにはしてありませんので、もしお望みでしたら、私までメールを頂けますでしょうか?

投稿: micono | 2010年1月15日 (金) 19時55分

ありがとうございます。
返信が遅くなって申し訳ありません。

できれば、IRTestのソースコードをいただきたいです。

無理なお願いで恐縮ですが、
よろしくお願いします。

投稿: ゴゴ | 2010年1月18日 (月) 11時10分

早速の対応
ありがとうございました。

いろいろと解析して
勉強させていただきます。

投稿: ゴゴ | 2010年1月19日 (火) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/41430098

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯でコントロール(6):

« iPhoneは | トップページ | 携帯でコントロール(7) »