« 勝手にグッズ(2) | トップページ | 勝手にグッズ:作り方編(1) »

週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(9)

前回の「週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(8)」で繋げた方法で、RZ1BasicまたはRZ1Terminalのターミナル機能を用いて、いくつかRBT-001の設定を行ってみました。なお、Binary Terminalを使う場合は、yonekenさんのページを参考にして見て下さい。

oneFT232RLのドライバーのインストール

もし、FT232RLを使っているのであれば、VCPのドライバD2XXのドライバが必要になります。が、ver 2.04.06のCommentの所に「Combined driver model (D2XX and VCP).  」と書いてありますので、どちらかのページの、ver 2.04.06をダウンロードしておけば、大丈夫だったと思います。

twoターミナル機能を起動と接続

RZ1Terminalは、起動すると、RZ1Basicの場合は、起動後、コントローラーメニューの中の「ターミナル」を選択すると、図の様なウインドウが表示されます。
Parallels_desktopscreensnapz032_2

マックの場合は、ポップアップメニューの中から「usbserial-A4004VPB」を選択し、ウインドウズの場合は、デバイスマネージャーでFT232RLのCOMポート番号を確認し、その番号を選択し、「接続」ボタンをクリックして下さい。

threeRBT-001用コマンドユーティリティの使い方

「RBT-001」のボタンをクリックすると、図の様なウインドウが表示されます。
Rz1terminalscreensnapz004

上の図をクリックして、大きな図で以下を確認して見て下さい。

  • 「リクエスト」ボタンをクリックすると、その左のフィールドに書かれたコードが送信されます。フィールドの数値は16進数として扱われます。スペースは無視されます。
  • 「Opecode」:リクエスト内容
  • 「Data length」:Packet Dataのフィールドに書かれた内容のバイト数が16進数で表示されます。その右のカッコ内の数値が実際に必要なサイズになります。カッコの下、および、Noteに書式がありますので参考にして下さい。
  • チェックサムなどの値は、Packet Dataに入力された内容を元に、自動で計算されます。
  • 受送信された内容は、右のリストボックスに表示されていきます。
    • REQ: 送信したコマンド
    • CFM: 受送信結果の確認/受信データ
    • IND: 受信データ
  • リストの内容をクリックすると、そのデータの解読結果が表示されます。

four実際にやってみる
(図が小さいのでクリックして、図を大きくして確認して下さい)

「RBT-001」の名前を得る

  • ローカルの名前を取得する「GAP_REAL_LOCAL_NAME」を選択します。
    Parallels_desktopscreensnapz019
  • カッコの中はゼロなので、パケットデータを空欄にして、「リクエスト」をクリックします。
  • 右のリストに返ってきた結果をクリックします(Win版の戻りが悪かったですsweat01上手くいかない場合は、何度かクリックしてみて下さい)。図のパケッドデータのところで、名前が「I-Droid01」であることが確認できます。
    Parallels_desktopscreensnapz020

「RBT-001」の名前を変更してみる

  • アスキーデータを16進数で入力しなくてはいけないので、ターミナルウインドウにある「2/10/16」というボタンをクリックして下さい。ここで、「ASCII」ボタンの欄に、変更する名前を入力し、「ASCII」ボタンをクリックして下さい。HEXの欄に、16進数が表示されます。
    Finderscreensnapz012
  • コマンドユーティリティのウインドウに戻って、ポップアップメニューから、「GAP_WRITE_LOCAL_NAME」を選択し、図の様に、パケットデータの欄に、先ほどの16進数を書込みます。いちおう必要か必要でないか判らないけど、その後に00を書き加えておきます。
    Parallels_desktopscreensnapz022
  • すると、データレングスが0x000Cとなりました(名前の長さによって変わる)ので、図の様に、最初に0Cと書き加えます。これで、NameLength 1byte +DeviceName ?=0x0Cとなり、パケットデータ設定完了です。「リクエスト」ボタンをクリックして名前を変更してみて下さい。
    Parallels_desktopscreensnapz023
  • 変更されたかの確認は、先ほどの名前の取得をもう一度やってみればOKです。

Bluetoothのアドレスを取得する

  • RBT-001のアドレスを確認してみると以下の様になっていました。
    Parallels_desktopscreensnapz026
  • まずローカルのアドレスを取得してみます。「GAP_READ_LOCAL_BDA」を選択します。「BDA」とは、Bluetooth Device Addressの略です。データレングスはゼロなので、パケットデータ欄を空欄にして、リクエストしてみると以下の結果になりました。
    Parallels_desktopscreensnapz025
  • ※BDAの値は、0017A00057B6の反対の並びになっています。
  • 次に、その他、周りのBluetoothを探してみましょう!「GAP_INQUIRY」を選択します。
  • データレングスは3になっています。とりあえず、図の様に入力して、「リクエスト」ボタンをクリックして見て下さい。
    Parallels_desktopscreensnapz029
  • もし周りにBluetoothデバイスがあるならば、以下のような感じでデータが返ってきます。INDが3つあります。3つのBluetoothがリモートとしてアクセス可能な状況で、その3つのアドレスを取得することができました。BDAの値の並びは逆並びなので、リクエストでBDAが必要な場合は、逆並びで入力する必要があるということになります。
    Parallels_desktopscreensnapz031

ということで、今回はここまでにしておきます。

関係ないけど
leccaの新しい曲がiTunesにアップされたとOffcialページで見たので、iTunesストアを見てみました。「新作シングル」にleccaの曲はあったのですが、それより、青山テルマの「何度も」と、中村 中の「風立ちぬ」のジャケットが似てて。。。これって意図して作られたものなの?
Itunesscreensnapz001


週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(1) (8)、(9)、(10)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 勝手にグッズ(2) | トップページ | 勝手にグッズ:作り方編(1) »

RZ1Basic」カテゴリの記事

無線(RBT-001)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、hid0479です。
RZ1Terminalを使って、RBT-001を設定中に、深く考えずに通信速度を921600bpsにしてしまいました。
元の通信速度(9600bps)にしようとしたら、RZ1Terminalは921600bpsに対応していないようで戻せなくなってしまいました。RZ1Terminalは921600bpsに対応させる事は出来ないでしょうか?

現状で、921600bpsでシリアルドングルには成功していて、ハイパーターミナルを用いて2台のPCで通信できる状態になっています。アスキーコードであれば送信可能なのですが、HEXの送信方法がわかりません。何か良い方法があったら相談に乗って頂けませんか?

投稿: hid0479 | 2008年8月 8日 (金) 12時11分

miconoです。

baudrateの変更私まだやったことがありませんsweat01

確かに!RBT-001対応のBaudrateに、ターミナルの設定の方が対応してないですねsweat01

早急に対応させますが、

「RBT-001」のボタンをクリックして、
CHANGE_NVS_UART_SPEEDを選んで、
PacketDataに、03と書いてやると、リクエストボタンの左に、02 52 23 0100 76 03 03
となると思います。

これそバイナリーターミナルで送信すればOKなはずです。バイナリーターミナルは、0xを付けないとダメなのかな?

0x02 0x52 0x23 0x01 0x00 0x76 0x03 0x03

でどうでしょうか?

投稿: micono | 2008年8月 8日 (金) 12時31分

こんばんわ、hid0479です。
バイナリーターミナルだと115200bpsまでのようでした、残念です。

0x02 0x52 0x23 0x01 0x00 0x76 0x03 0x03 で9600bpsになるのは解るんですが、921600bpsでバイナリーを吐き出すことが出来ない状態です。RZ1Basicの対応を待つことにします。
お手数お掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

投稿: hid0479 | 2008年8月 8日 (金) 22時33分

了解です。
できているですが、ブログ書いたり、ページ作ったり、インストーラー作ったり、実際ダウンロードできるまで、もう少し掛かります。

メール頂ければ、添付でお送りしますよpaper

投稿: micono | 2008年8月 8日 (金) 23時26分

miconoです。
たびたびすいません。
ハイパーターミナルとバイナリーターミナルと見間違えていました。

純正の、Simple Blue Commanderは数値を入力できるので、対応できるんじゃないでしょうかね?

http://www.tigal.com/product.asp?pid=1124
のsoftwareが、それです。

あと、RZ1Terminalは、設定できるようにはしましたが、試していないので、もしかすると、速いのは動かないかもしれません。

投稿: micono | 2008年8月 8日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/41829260

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画(9):

« 勝手にグッズ(2) | トップページ | 勝手にグッズ:作り方編(1) »