« 第1回バトルカップ ベーシッククラスに行ってきました | トップページ | 副産物と言いながらも »

副産物(抵抗値のソフト)

週刊『My Robot』のBluetoothを繋げてみる計画が、(15)まで来た所で、なかなか回路を作る時間がなくて、止まったままで進めてないのですが、ねがてぃぶろぐのgomisaiさんから、MR-C3024とRBT-001を繋ぐ回路のこと教えて頂いたので、先日の、第1回バトルカップ ベーシッククラスを見に行く前に、タック電子に寄って、必要な抵抗をいくつか買ってきました。

バラで抵抗をいくつかづつ買ってきたのですが、どれが何オームなのか判らなくなってしまって、色を調べて分けました。そのついでに、いつかまた役立つかもしれないと思って、抵抗値から色、色から抵抗値を表示させられるソフトを作りました。
Parallels_desktopscreensnapz128
※抵抗値を入力/誤差を選ぶと、それに対応した色になります。
※4つ並んだポップアップメニューで色を選ぶと対応した抵抗値/誤差を表示します。
※左右の膨らみは、右にでかい方を向けた場合の表示です。

そんなソフト探せばいくらでもあると思うのですが、ま、作るのも大したこと無いし、そういったソフトを探すのも面倒だったので作りました。動作補償は致しませんが、ご興味のある方は使って下さい。

ダウンロードは以下

ねがてぃぶろぐのgomisaiさんから、MR-C3024とRBT-001を繋ぐ回路のこと教えて頂いた回路ですが、gomisaiさんも、私自身も、検証済なわけでないので、ご注意下さい。で、takuoさんが既に組み立てて動かされているようなので、そちらの回路はまた少し違いますが、そちらを参考にされても良いかと思います。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 第1回バトルカップ ベーシッククラスに行ってきました | トップページ | 副産物と言いながらも »

工作・改造・解析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 副産物(抵抗値のソフト):

« 第1回バトルカップ ベーシッククラスに行ってきました | トップページ | 副産物と言いながらも »