« ROBO-JAPAN 2008 いつ行こうかぁ | トップページ | ジャイロの3つ目の穴 »

ロボザック83号のプログラムは誰が

下のプログラムは、ロボザック83号のRZ1プログラムCD-ROM5にあるプログラムのヘッダ部分です。これまでのプログラムと同じように夢現工房さんの名前が入っていますが、「NOVAタイプ専用無線操縦ユニット(2008年09月25日)」のブログによれば、この号のプログラムに関しては、夢現工房さんが作られたものではないようです。

細かな事情はどうでもいいんですけど、バグがなくなればいいですねhappy01

---------------------------------
「無線タッチサウンド.basの最初の部分」
'================================================
' IR Remocon Templet program(Ver. DeA1.00)
' RR : internal parameter variable / ROBOREMOCON / Action command
' A  : temporary variable          / REMOCON
' A16,A26 : temporary variable
' Mugen-Kobo Co,.Ltd
'== auto_main ===================================
FILL 255,10000

DIM RR AS BYTE
DIM A AS BYTE
DIM A16 AS BYTE
DIM A26 AS BYTE
---------------------------------

Tips

Tipsというほどのことではないのですが、上記だけでは少し物足りないので。

ラジコンを使う時、

  1. プロポの電源を入れる
  2. MR-C3024の電源入れる

の手順で行うんですが、無線が確立したかどうか、判りにくいですよね。メインループに入る前のどこかに、例えば以下の様なコードを入れて、右スティックを上に倒さないと、メインループへ進まなくしてみてはどうでしょうかね。

----
MUSENCHECK:
IF RR<>1 THEN GOTO MUSENCHECK
MUSIC "FEG"
RR= 0
----

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« ROBO-JAPAN 2008 いつ行こうかぁ | トップページ | ジャイロの3つ目の穴 »

週刊 ロボザック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/42596752

この記事へのトラックバック一覧です: ロボザック83号のプログラムは誰が:

« ROBO-JAPAN 2008 いつ行こうかぁ | トップページ | ジャイロの3つ目の穴 »