« 音声が出ない場合 | トップページ | あれこれ考えてみる(原点を見直してみる...8) »

RZ1Basic v0.5.6 公開

Rz1bicon04

RZ1Basic v0.5.6を公開しました。

ここんところバージョンアップの記事ばかりですねsweat01ちょっと大改造を予定していて、コンパイルの不具合の修正があったことと、コンパイルエラーチェックを強化したこともあり、コンパイルまわりをいじったので、一旦、公開しておきます。

RZ1Basicはここからダウンロードできます。

【更新内容】

  • ラベルリストのラベル名のソートを許可:「ALT」キーを押したまま、リストヘッダーの「ラベル」と書かれたバーをクリックすると、ソート可能になります。もう一度、同じ様にクリックすると、ソートオフになります。※ソートしたことによる動作の不具合が起きるかもしれませんのでご注意下さい(非公式対応)。
    Parallels_desktopscreensnapz073

  • テキスト読上げ機能(英語文のみ):せっかくスピーチマネージャに対応させているので、エディタにある文章を読み上げられるようにしました。右クリックし、コンテクストメニューの「選択範囲読み上げ」で、選択した文章を読み上げます。
  • モーター回転範囲の初期設定値を変更:これまでの「初期設定」を、「安全範囲」に変更。「初期設定」の値は、既存のテンプレートプログラムでだいたいCautionエラーが出ない程度の値にしてあります。あと「最大範囲」は、すべて0〜190に設定されます。
    Parallels_desktopscreensnapz072

  • コンパイルエラーチェックを強化:※今回以下に書いたように、いろいろ対応させたんですが、まだまだエラーチェックしてないコマンドや内容もあります。
    • AD, AIMOTORIN, BYTEIN, IN, MOTORIN, PEEK, RCIN, ROMPEEK, SONAR, STATE, ACCEL, ACTION,  AIMOTEROFF, BYTEOUT, CONT, DELAY, ERX, ETX, FPWM, LOCATE, MOTOROFF, OUT, POKE, PULSE, ROMPOKE, SERVO, SPEED, TEMPO, TOGGLE などのコマンドにおいて、使用できる引数の型、引数の範囲のエラーを検出するようにした。
    • INKEY,MININ,FASTSERVO,PLAY,SOUNDなどの2000系のコマンドを使用した場合のエラーを検出するようにした。
  • 定数を使えるコマンドで、定数の両側がカッコの場合[例えば、A=AD(定数)]に、コンパイルが通らない不具合を修正。
  • シミュレーションのLEDオン/オフで、姿勢が変化する不具合を修正。
  • シミュレーションの音声認識で、起動時音声オフだった場合、オンにするようにした。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 音声が出ない場合 | トップページ | あれこれ考えてみる(原点を見直してみる...8) »

RZ1Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/43180247

この記事へのトラックバック一覧です: RZ1Basic v0.5.6 公開:

« 音声が出ない場合 | トップページ | あれこれ考えてみる(原点を見直してみる...8) »