« あれこれ考えてみる(OpenCVでロボ認識...1) | トップページ | 大きいiPhoneと、小さいiPhoneが出る? »

Parallels Desktop 4.0 for Mac日本語版で、やっとプログラミング・シミュレーターが動いた

去年もこの時期、2ヶ月くらい全くブログを書かなかったけど、またまた今年もsign02ってことにはならないようにしようsign03

Parallels Desktop 4.0 for Mac日本語版を、先行予約で購入したと書いた時、12月19日より販売開始とか書いたけど、勘違いだったようで、先行予約締め切りの次の日の12月5日に既に購入できましたsweat01

主な新機能は

  • ゲスト OS に複数のCPU割り当てをサポート
  • ゲスト OS で 64-bit サポート
  • ゲスト OS で Mac OS X Server をサポート
  • DirectX 9.0 OpenGL 2.1をサポート
  • SmartGuard で定期的なバックアップが可能
  • iPhoneアプリケーションを提供

2週間あまり使ってみましたが、新しい機能を特別使ってないせいもあって、基本的には、ま、今まで通り変わりないって感じですね。強いて言えば、(1)画面がちらついてしまうことがあったが、それがなくなったこと。(2)今はまず使うことなんてないだろうけど、プログラミング・シミュレーターが、ちゃんと動いてくれるようになったこと(ver 3.0ではDirectX 9に対応してなかった為、正常に動かなかった)。(3)Mac<->Winの切り替えが少しはスムースになったこと、ってなとこかなhappy01それより、折角Windowsが同時に動かせる環境であっても、もうマックの方のメモリーもディスクの空きもないので、そちらをなんとかしなくてはいかん感じだぁsweat01
Parallels_desktopscreensnapz001

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« あれこれ考えてみる(OpenCVでロボ認識...1) | トップページ | 大きいiPhoneと、小さいiPhoneが出る? »

週刊 ロボザック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/43431474

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktop 4.0 for Mac日本語版で、やっとプログラミング・シミュレーターが動いた:

« あれこれ考えてみる(OpenCVでロボ認識...1) | トップページ | 大きいiPhoneと、小さいiPhoneが出る? »