« iPhoneとWiFiするソフト開発のお勉強中〜(3:NumberKeyのServiceTypeとKeyCode表) | トップページ | もっと、2009年 春の新ドラマ »

iPhoneとWiFiするソフト開発のお勉強中〜(4:RemoteKey ConnectのWin版を作ってみる)

なんだか、ハッキングみたいなことのシリーズになっちゃってますが、今回は、RemoteKey ConnectのWin版を作ってみましたhappy01

RemoteKeyは、NumberKeyの逆の機能をもつもので、マックのRemoteKey Connectというソフトで入力した文字を、iPhoneで受信し、Mailで送信したり、Safariで開いたり、Mapで検索したりをマックからコントロールできます。

さて、前回、NumberKeyのServiceTypeを調べたのと同じように、RemoteKey Connectの中を「._tcp.」で検索したら、「_externalkeyboard._tcp.」でしたので、
Hexeditscreensnapz001

RemoteKey Connectを起動し、ParallelsのWin側で、iPhoneになりすまして、サーバーになってみました。

バッチリhappy01

図は、左フロントが、RemoteKey Connectで、右バックグランドで、見えてるのが、サーバーと成って、RemoteKey Connectから入力されているデータを受信してる状況note

Remotekey_connectscreensnapz001

文字データは、4バイトLittle Endianで文字数+文字(改行Unix:0x0A)でした。

あと、

  • 開く
    FFFFFFFF01000000
  • キャンセル
    FFFFFFFF02000000
  • Mailで送信
    FFFFFFFF01000000
    FFFFFFFF03000000
  • Safariで開く
    FFFFFFFF01000000
    FFFFFFFF04000000
  • Mapで検索
    FFFFFFFF01000000
    FFFFFFFF05000000

となってましたhappy01

ということで、同じようなインターフェイスのWin版を作ってみました。

図で、右がRemoteKey Connect 擬きのWin版で、RemoteKeyは売り物なので買ってないので、Mac側で受信させてます(左側)note
Mein_programmscreensnapz001

ま、これを作ったからといって、これを公開する訳にもいかないのですけど、とりあえず、iPhoneからMac/Win、Mac/WinからiPhoneと両方向だいたい習得heart04

-----------------------------

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« iPhoneとWiFiするソフト開発のお勉強中〜(3:NumberKeyのServiceTypeとKeyCode表) | トップページ | もっと、2009年 春の新ドラマ »

iPhone / iPad 関連」カテゴリの記事

RemoteKey Mimic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/44728012

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneとWiFiするソフト開発のお勉強中〜(4:RemoteKey ConnectのWin版を作ってみる):

« iPhoneとWiFiするソフト開発のお勉強中〜(3:NumberKeyのServiceTypeとKeyCode表) | トップページ | もっと、2009年 春の新ドラマ »