« ipaBacklist v1.5.1 公開 | トップページ | マルツ電波のMFT232-BASEに秋月電子通商のFT232RLを接続してみる(2) »

ボルト 3Dでみた

ボルトを土曜日に観てきました。
勝手に得点:3点(満点5)
Firefoxscreensnapz001

前売り買ってたんだけど、3Dで観たので、結局差額の700円、前売り買った意味は、特典のストラップが貰えただけになってしまいましたsweat01

3Dは、センターオブジアースの円偏向を用いた仕組みとは異なり、メガネはずっしり重く、レンズの左右に電池が入っているようで、映像は肉眼で観ると赤青分離してました。

3Dメガネの側面には、「XpanD」と書かれてた
Dsc00362

検索してみたら、

  • コンテンツの上映に合わせてIR(Infra Red: 赤外線)を感知し自動的にスイッチのオンオフを行うタイプのもののようです。
  • 特殊(シルバー)スクリーンは不要で、通常のスクリーンのままで3Dコンテンツの上映が出来るメリットがあるようです。

IRの範囲が拡大したので、世界最大規模の映画館でも利用が可能と書いてありましたが、IRは、映写されている映像と一緒に出ているのかな?どこか別の所から出てるのかな?

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« ipaBacklist v1.5.1 公開 | トップページ | マルツ電波のMFT232-BASEに秋月電子通商のFT232RLを接続してみる(2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/45885964

この記事へのトラックバック一覧です: ボルト 3Dでみた:

« ipaBacklist v1.5.1 公開 | トップページ | マルツ電波のMFT232-BASEに秋月電子通商のFT232RLを接続してみる(2) »