« 今日はハロウィーン | トップページ | ipaBacklist v1.6.5 公開 »

iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(6)

前回の「iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(5)」で、どうしても誤認識してしまうワードを、うまく認識させる為に、抵抗値を上げていき、結局約50KΩ以上でうまくいくことがわかりましたが、

よく考えてみたら、BT3030は、イヤホンで聞けない程、音量が大きすぎたことを思い出しましたcoldsweats01

つまり「音量が大きすぎて、抵抗値を大きすする必要があったのかもしれない」と思い、今回は、音量をさげてテストしてみました。

あと、iPhone 3.1で、音量が下げられるようになりましたが、まだ少し大きいので、「ボリューム付きヘッドホン延長コードを買い、さらに音量を下げられるようにしました。


で、結果。
音量の調節で、認識できなかったワードが、5KΩでも認識するようになりましたが、

  1. 認識する音量に合わせるのがめんどくさい。
  2. 認識できてたワードが認識できなくなる。
    Parallels_desktopscreensnapz001

ということがあって、現時点で言えることは、抵抗値を約50Kにする方が、音量調節するより楽に認識させられるようになるかもしれません。

------------------------------------------------------

iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(6)
iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(5)
iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(4)
iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(3)
iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(2)
iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 今日はハロウィーン | トップページ | ipaBacklist v1.6.5 公開 »

工作・改造・解析」カテゴリの記事

無線(音声認識)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/46638575

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneに喋らせて、ROBOZAKを動かす(6):

« 今日はハロウィーン | トップページ | ipaBacklist v1.6.5 公開 »