« SHOT NOTE の台紙を作ってみた | トップページ | ロボゼロの改変したスクリプトは公開可になるだろうか? »

Pastebot Mimic v1.4.3 公開

Icn_pastebotmimic_128 Pastebot Mimic v1.4.3
Mac版、Win版(ダウンロード

Pastebot Mimicとは、iPhone/iPod touchアプリのPastebotと、(1)Windowsと、(2)旧マックと、(3)パソコン同士と、コピー&ペースト可能にするアプリケーションです。

  • 最新版の Pastebot 1.4, 1.3 で動作確認
  • Pastebot v1.1では使えません。
  • Windowsの場合、Bonjour for Windowsのインストールが必要です。
  • QuickTimeのインストールが必要です。(Windowsの場合、このリンク先のQTをインストールする必要があります。※iTunesと一緒にインストールされるQTでは動かない可能性があります)
  • Pastebot Mimicのご利用は各自の責任でご利用下さい。
  • Pastebot Mimicの公開はtapbots社さん認識のうえ行っていますが、tapbots社さんとは一切関係ありませんのでPastebot Mimicのことでtapbots社さんに迷惑を掛けないようにお願いします。

Pastebotmimicscreensnapz002 Parallels_desktopscreensnapz010

------------------------------
説明ビデオ (youtube)

画像変換デモ

------------------------------

one【更新内容】

  • (新規) スクリーンショットウインドウで画像プレビューリストをダブルクリックするとその画像以外を非表示にできるようにした。 
  • (更新) トリミング、モザイクのマーキーにセンターのアンカーを追加。また範囲内をドラッグで移動できるようにした。
    20110204230410
  • (更新) 保存時、データに名称がない場合のデフォルトのファイル名を「Untitled」から日時に変更
  • (更新) スクリーンショットウインドウで、初期ウインドウのサイズの調整
  • (変更) スクリーンショットウインドウで、「OK」ボタンの名称を「追加」に変更
  • (修正) Windows版において文字のバックに色がついてしまう不具合を修正(例)
    Parallels_desktopscreensnapz003
  • (他) MBSPluginバージョンアップ
  • (他) MBSPluginのバージョンアップにともない発生した不具合を回避する為、データの読み書き切替えに時間がかかるようになった。
  • (他)デバイスでパスコードを出力してもPastebot Mimicで検出できない場合、再検出できるような項目を設けた(が、検出できない状況にならない為、検出できなかった場合に再検出できるかどうかは未検証)
    Parallels_desktopscreensnapz001_2

fiveFAQ

six既知の不具合

  • Win版で、データの転送が双方向にできない場合、QuickTimeのページでダウンロードしたQuickTimeをインストールして下さい。
  • iPhoneから転送された画像の向きが正しくない場合があります。
  • 画像の回転で時計回りと反時計回りが正しい方向へ回転しないかもしれません。
  • 同じ画像が重複してしまうかもしれません。
  • 特定のポートしか開いてないと上手く接続できないかもしれません。
  • Windowsで、PrtScrで、ハングアップしてしまう不具合があります。クリップボードにPrtScrのデータが入っているとハングアップするので、別の内容をコピーした後にPastebotMimicを起動する必要があります。

|

« SHOT NOTE の台紙を作ってみた | トップページ | ロボゼロの改変したスクリプトは公開可になるだろうか? »

iPhone / iPad 関連」カテゴリの記事

Pastebot Mimic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/50751752

この記事へのトラックバック一覧です: Pastebot Mimic v1.4.3 公開:

« SHOT NOTE の台紙を作ってみた | トップページ | ロボゼロの改変したスクリプトは公開可になるだろうか? »