« 「週刊 ロボゼロ」 何号で動かせるか予測してみる | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第2号(2) »

「週刊 ロボゼロ」 創刊号(4) 組み立て完了&小ネタ集(3)バッテリー編

創刊号の組み立て、頭部と頸部のネジは締めてませんが、それ以外の作業すべて完了しましたhappy01paper
20110226012627

さて、今日は、バッテリーがらみであれこれ好き勝手なことを考えてみたいと思いますhappy01paperいちおう、この情報は私ひとりで集めた物でなくyukiさんに提供してもらった情報も多く含んでいます。

oneバッテリー取り扱い注意
みなさん、創刊号の箱はまだ持ってますかsign02創刊号の箱の裏に、注意事項や免責に関して細かな字で書かれてます。そこにバッテリーの取り扱いについての注意事項も書かれてます。実際にバッテリーが届く号にも同じ様な文面が載るんだとは思いますが、私、いちおう600dpiでスキャンして起きましたhappy01
20110226013044

この文面を見ると一瞬「ロボゼロのバッテリーはリチウムイオンポリマー(Li-Po)バッテリーではないのかsign02」と勘違いしそうな文章ですが、付いてくるバッテリーはLi-Poで間違いないハズです。

twoバッテリーの容量は?
ロボゼロに付いてくるバッテリーに関しては、創刊号IVページから
20110226020843

  • リチュームイオンポリマー
  • 7.4V
  • 800mAh
  • 過充電過放電保護回路内蔵
  • 55g(ロボゼロのHPから)

であることがわかります。
ちなみに、JO-ZEROのバッテリーは

のようです。
ロボゼロはコントロールボードがHSWB-04Fになるので、消費電力が減るのかもしれませんが、サーボが24個なので、800mAhでは、約15分程度の動作時間ではないかと予想してます。(男のロボット部の放送内でバッテリーは20分と説明があるそうです)

threeバッテリーの保管
リチュームイオンポリマーバッテリーの保管は、充電量が空に近いと自己放電によって過放電となりダメになってしまい、逆に、過充電で保管していると、温度が上昇、爆発などトラブルも起きるかもしれません。保管時は50%以下の充電量がいいようです。
いちおうロボゼロに付いてくるバッテリーには「過充電過放電保護回路」が内蔵されてるようですが、過信しすぎないで、ちゃんと管理した方がよいようです。

fourバッテリーは何号に出る?
昨日58号で動かせるような予測を立てましたが、バッテリーがなくては動かせませんよねsweat01ロボゼロは何号頃に何が付くのかほとんど明記されてないなか、なぜか、バッテリーに関しては情報がありまして、

  • ※専用バッテリーと専用バッテリー・チャージャーは65号前後で提供する予定です。

とのことですsweat01
65号ですよsign01もう終わりかけですよね。それまで動かせないのも寂しいですよねweep

fiveアンビリカルケーブル
バッテリー有る無し関係なく、アンビリカルケーブルは欲しいですよねぇ。その際のスイッチングACアダプタは、何ボルト何アンペアくらい容量のものがいいでしょうかね?

創刊号のVページのロボスタンドの文章(下図赤丸)に、「スタンドを使ってロボットを支えておくと、組み立て作業もしやすい」と書いてありますが、自立させないのであればアンペアは少々少なくても大丈夫かもしれませんね??

ロボザックの時はこんなのを作りました。

ま、実際に必要になるのはボードが届いてからなので。まだまだ先だと思いますが、作ったら公開しま〜すhappy01paper

追記:紹介した頂いた電源(See comment)

six小道具(番外編)
バッテリーとは関係ありませんが、創刊号のVページの一番下に黄色文字(下図青丸)で、「おおsign02」っと思えるような文章があります。何と書いてあるかは、みなさんで見てみて下さいhappy01

ただ、「一部提供」と表現しているので、本誌に付いてくるもあれば、セレクト商品として別売りのものもあるってことなんでしょうかね??でも、バッテリー無しでは、◯割りや雲◯は、できないですからねぇ(何が書いてあるかバレsweat01)。これらもバッテリーの後に付属するのかな?

20110226024203

|

« 「週刊 ロボゼロ」 何号で動かせるか予測してみる | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第2号(2) »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

中村博士は、この前の生放送の中でバッテリーの持ち時間は20分と言ってました。あと、JO-ZEROは、バッテリーなしの重量が800グラムです。(本家のHP)
バッテリーの増量84g、ハンドユニットその他で、合計約100gの増量と言うことかと思います。あと、中村博士のこだわりで、顔を作り替えたそうですが、どう変わったのかぜんぜんわかりません。

投稿: 名無しゲーマーさん | 2011年2月26日 (土) 08時56分

あと、バッテリーの価格も、1990円と言うことなら、かなり良心的な価格ですね。JO-ZEROの時が、バッテリーPR-4S780P7140円、充電器PR-4S780P、7350円は別売りになっているようですからね。

投稿: 名無しゲーマーさん | 2011年2月26日 (土) 09時44分

最初のコメント
『バッテリーの増量84g』
でなくて、
『サーボの増量84g』です。
すみませんでした。

投稿: 名無しゲーマーさん | 2011年2月26日 (土) 09時47分

名無しゲーマーさん
ありがとうございます。

800gでしたね(汗)バッテリーの話とは違うので、カットしました。

バッテリーは20分ですか!じゃぁ04Fが電池食わなくなるんでしょうかね?

あと、顔の変更は、この前ブログに書いた。鼻筋のことかなぁ?

Ustの方をちゃんとみてないことバレバレですね(汗)

投稿: miono | 2011年2月26日 (土) 10時44分

電源はALINCOのDM-330MV、これが定番じゃないですか?実売¥15,000以下、連続30A対応可能。

1~2A程度のものだと十分な出力が得られないので、ポーズ編集はできてもバッテリー使用時とかなり感触が違ってくると思います。


あと電源用コネクタは双葉のBC0079 RV71EH用電源コネクタ付ケーブル が使えます。

投稿: UE村 | 2011年2月26日 (土) 12時22分

UE村さん

ありがとうございます。いっぱい勉強になります。

◯電源の定番はALINCOのDM-330MV
1~2A程度だとバッテリー使用時とかなり感触が違ってくる
◯コネクターは双葉のBC0079

メモメモpencil

投稿: micono | 2011年2月26日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/50970712

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 ロボゼロ」 創刊号(4) 組み立て完了&小ネタ集(3)バッテリー編:

« 「週刊 ロボゼロ」 何号で動かせるか予測してみる | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第2号(2) »