« ロボゼロの改変したスクリプトは公開可になるだろうか?(2) | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 創刊号(4) 組み立て完了&小ネタ集(3)バッテリー編 »

「週刊 ロボゼロ」 何号で動かせるか予測してみる

今回は、ロボゼロの組み立ての手順について考えて、実際に動かせるようになる号が何号なのか、予測してみたいと思いますcoldsweats01

ロボゼロですが、24軸で70回で完成ですが、どんな順番で組み立てが手順で進行して行くのか情報があまりないですよね。で、まずは、以下の2つの情報から、どんな手順になっているかを箇条書きしてみました。

情報one「スタートアップDVD」の「組み立ての概要」のビデオから

  1. 頭部:頭部、頸、スピーカーほか
  2. 胴体:胸部、背面、胸部のサーボ取り付け
  3. 腕の組み立て:上腕、前腕、
  4. マイコンボードの取り付け
  5. 足の組み立て:大腿、下腿 
  6. 仕上げ

ビデオの中で7分25秒辺りで「※組み立ての手順は変更になる場合があります」と出てきます。

情報twoノリの模型道楽」のブログから

  • 頭部、胸部(1〜5号)
  • 左上腕、左前腕(6〜7)
  • 腰部(8号)
  • 左上腕、左前腕(9〜11号)
  • 腰部(12号)
  • 右膝(13号)
  • 右足(14号)

※だいたいの号を当てはめてみましたが、間違っているかもしれません。

----------
さて、ここからは、私の勝手な都合で、こうだたら嬉しいなぁ〜という気持ちも含めて、手順をいかにももっともらしい理屈を立てて考え、何号で動かせるかを推測してみます。あくまでも推測なんで、鵜呑みにしないようにして下さいねcoldsweats01

まずは、こう考えました。

  • ノリさんのブログから、手足を完全に完成させないで、あちこち飛んでいる。
  • ロボゼロの進行は、ロボザックの時と似た進行になっているのかもしれない。
  • 似てるとすると、オリジナルから拡張されてる部分は後回しかもしれない。

ということで、
ロボザックの場合

  1. ロボザックのオリジナルはROBONOVA
  2. ロボザックとROBONOVAの違いは、=4軸
  3. ロボザックはROBONOVAと同等のスペックで49号で一旦完成
    ※サーボは49/16=約3号
  4. その後、手、股などが拡張される(〜78号)
    ※実際の最終号は85号だった

これをロボゼロでも同じように当てはめます。
ロボゼロの場合

  1. ロボゼロのオリジナルはJO-ZERO
  2. ロボゼロとJO-ZEROの違いは、下腿=4軸
  3. ロボゼロはJO-ZEROと同等のスペックで58号で一旦完成
    ※ロボゼロも70/24=約3号
    ※よって(70号/24個)X20個=約58号
  4. その後、手、下腿が拡張される(〜70号)

私の予想(理想coldsweats01)は58号完成sign01で、以後、拡張版sign03
来年の3月末には、動かせる状態になっているかもしれないということですhappy01heart04
如何でしょうかsign02

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« ロボゼロの改変したスクリプトは公開可になるだろうか?(2) | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 創刊号(4) 組み立て完了&小ネタ集(3)バッテリー編 »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

HI----
コメント、させてください。
robo xeroスタート直後による情報の少ない中、あれこれ、提供してくださり感謝の毎日です。長丁場ですので、頂いた情報を基になんやかや、考え、つつ作業を進めるのも楽しみのひとつです。さて、お聴きしたい事があります。robozakの時、(A)拡張股間接と言う工程がありました。roboxero、も(b)腰の辺で、捻りが可能の様に見うけられます。この(A)と(B)は動作に差は有つたとしても、同じ趣旨で設計されたのでしょうか、それとも、似て非なるもの、なのでしょうか。
もう一つお尋ねしたいのですが、実わMY ROBOZAKは主にソフト面で不完全燃焼中です
この際、ROBOXEROと同時進行で少しでも進化させようとおもつています。そこで厚かましい、お願いなのですが、此のコメント欄を通じmicono様に初歩的な質問をさせてもらつてもいいでしょうか。
ROBOZAKの時、同様、最終回迄よろしくお願いします。

投稿: DC.OCHANOMIZU | 2011年2月25日 (金) 12時03分

DC.OCHANOMIZUさん
コメントありがとうございます。
設計者じゃないので本当のところはわかりませんが、

ロボザックは体系的に腰にサーボを付けて回旋させることができないかと思います。拡張された股関節は下肢の回旋ですが、下肢が固定された状態で回旋させて体幹を捻るということの代用と考えればロボゼロの腰のサーボと似た趣旨なのかもしれませんが、実際どうでしょうかね??

ロボザックのプログラミングに関して、忘れちゃってることもあるかと思いますが、関連しそうな記事にコメント書いて頂ければ、出来る限りお答えしますよ(^^)

ロボザックのコマンドは右にズラッとならんでますが、ロボゼロのコマンドは、ロボザックに比べるとかなりすくないので楽かもしれません。

投稿: micono | 2011年2月25日 (金) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/50962118

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 ロボゼロ」 何号で動かせるか予測してみる:

« ロボゼロの改変したスクリプトは公開可になるだろうか?(2) | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 創刊号(4) 組み立て完了&小ネタ集(3)バッテリー編 »