« Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(5) | トップページ | Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(6) »

「週刊 ロボゼロ」 第4号(2)補強フレームとフロントカバーの取り付け

前回の続きsign01今回は「週刊 ロボゼロ」 第4号の残りの組み立てですhappy01

  1. ボディを補強フレームで補強
  2. 最後にフロントカバーを取り付け

ですsign01
補強フレームは、前後対象でないので、前後を間違えないように注意が必要ですねhappy01
20110321195548
次に、フロントカバーです。フロントカバーの中にはバッテリーが入るんですよね。バッテリーが届いてからでいいかなと思ったけど、バッテリーは第65号前後なので(ここに書いてあります)、ネジ締めておくことにしましたhappy01
20110321195611

以上で、第4号の組み立ては完了ですねgood

あと、少し、書くことがないので、ど〜でもいい小ネタですが、第4号のロボットラボに『ホビーロボットの骨格「フレーム」』として解説がありますが、それに関して。ではなく、そのページに人の膝関節の図がありますが、各名称書いておきましたcoldsweats01

20110321205548

簡単に説明

  • 大腿四頭筋:膝関節の伸展。
  • 大腿二頭筋:股関節の伸展。膝関節の屈曲。
  • 半腱様筋:股関節の伸展。膝関節の屈曲。
  • 半膜様筋:股関節の伸展。膝関節の屈曲。
  • 腓腹筋:ヒラメ筋とともに働く。歩行の際、踵を上げる。膝関節の屈曲。
  • ヒラメ筋:膝関節屈曲の補助。足の底屈
  • 膝蓋骨:人体の中で最も大きい種子骨。種子骨とは筋や腱の一部が骨化したもの。つまり膝蓋骨は大腿四頭筋の一部が骨化したもの。膝の屈曲の際、大腿四頭筋が傷つかない様に骨化することで保護している。
  • 膝蓋靭帯は:本来は大腿四頭筋の腱。膝蓋骨がある為、脛骨と膝蓋骨を繋ぐ靭帯となる。ちなみに「腱」は筋と骨を繋ぐ規則性緻密結合組織。「靭帯」は骨と骨を繋ぐ規則性緻密結合組織。ものは同じでも繋いでいるものの違いにより呼び名が変わる。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(5) | トップページ | Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(6) »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/51182083

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 ロボゼロ」 第4号(2)補強フレームとフロントカバーの取り付け:

« Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(5) | トップページ | Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(6) »