« Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(4) | トップページ | RS30xPacketUtil 1.0.1公開 »

「週刊 ロボゼロ」 第4号(1)サーボモーターを胸の中に取り付け

「週刊 ロボゼロ」 第4号が3月13日に届きましたhappy01paper

Issue_4_1_2

第4号の組み立ては
「サーボを内部に取り付け、ボディを組み立てる」ですsign01
Ptdc0001

パーツは

  • ボディ内部フレーム
  • 左ボディ補強フレーム
  • 右ボディ補強フレーム
  • M1.7×23mmネジ×5
  • M1.7×3mmネジ×13

20110313133532

工程は

  1. サーボモーターを胸の中に取り付け
  2. ボディを補強フレームで補強
  3. 最後にフロントカバーを取り付け

の3つです。
今回は、1番目のサーボモーターを胸の中への取り付けをやりました

第3号で付いてきたサーボの四隅のネジを外し、サーボをボディ内部フレームに取り付けます。ボディ内部フレームはあらかじめネジ切りをして、ネジを締め易くしておいた方がいいと思います。
20110320034107 20110320034203

サーボのケーブルをボディ内部フレームの丸い方の穴に通して、サーボとフレームを重ねてM1.7x23のネジでフレームとサーボをとめます。
20110320034302

胸の中央部分に、回転軸が前方、サーボホンが下向きになるように入れて、前後から4カ所のネジを締めて固定します。この際、ケーブルをどこを通すか考えてしまいますが、バックフレームの大きな穴を通すと書いてあったので、サーボの右側の狭いスペースから通しました
20110320034420 20110320034501

さて、3月11日東北地方太平洋沖地震から1週間過ぎましたが、横浜でさえゴタゴタな1週間で大変だったんですが、被災地のみなさんはほんと想像絶するほど大変な1週間であったと思います。これからもまだまだしばらくは大変な状況が続くと思いますが、一日も早い復興をお祈りしています。

私は、3月11日は、電車が止まってしまった為、帰宅できず職場で泊まり、次の日、帰宅しました。自宅は倒れそうな家具類は防振ゲルが敷いてあるので倒れた物はなかったんですが、3畳程の私の部屋の中だけは、机の上に置いてあった物や本、そして床に積み上げてあったものなどが、ドバーっと、とんでもなくちらかってしまってましたbearing

で、ロボザック君も床に落ちてまして、サーボで首が回転できる様にしてあったんですが、首骨折crying
20110320014326
あと、写真ではちょっと見にくいかもしれませんが、ロボザックのMR-C3024に通信用のオーディオプラグが刺したままになっていたので、差し込み部分が基盤ごと割れてしまいましたcrying 直すのが大変そうsweat01
20110320014621

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(4) | トップページ | RS30xPacketUtil 1.0.1公開 »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/51107848

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 ロボゼロ」 第4号(1)サーボモーターを胸の中に取り付け:

« Arduinoでロボゼロのサーボを動かしてみよう!(4) | トップページ | RS30xPacketUtil 1.0.1公開 »