« 藤城清治 自宅スタジオ展 へ行ってきました | トップページ | RS30xPacketUtil 1.2.5公開 »

RS306MD樹脂ギアー vs RS306MDメタルギアー

先日、RS306MDのギアーをメタルギアーに変更した件で、コメント頂いたので、

RS306MD樹脂ギアー と RS306MDメタルギアー

をロングパケットで回転させてみました。どうでしょうかsign02

-----------------------------

-----------------------------

  • サイズや制御用コマンドに違いはありませんので、特に意識することなく交換可能であると聞いている。
  • メタルギヤと樹脂ギヤの歯は共通なので、RS302CD、RS304MDにメタルギヤを取り付けることも可能と書かれている。 (http://www.f-sangyo.co.jp/shop/goods/goods.asp?goods=4513886305641)

私は、

  • RS303MRとRS304MDのトルクの違いは、RとDの違い、つまりモーターの性能の違いだと理解しています。ちなみにRがコアレスモーターで、Dがコアードモータです(型番についてはこちら)。
  • 303の方がトルクが太いのはメタルギアーのせいでなく、モーターの性能が高いからだと理解してます。

お値段的に、

  • 樹脂ギアーセットは約500円
  • メタルギアーセットは約2600円
  • RS306MDは約2000円
  • RS306MD+メタルギアーは約4600円
  • RS303MRは約6800円

さて、みなさんは、どう使い分けますかsign02

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 藤城清治 自宅スタジオ展 へ行ってきました | トップページ | RS30xPacketUtil 1.2.5公開 »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

検証ありがとうございますー。MK84です。
動画見てると全く問題無い。
これは+2600円出す価値あります。
全部金属に変えてしまうのもありだと思います。サーボのキャリブレーションが気にはなりますが、サーボを分解&換装してもきちんと動くのですね。

意見が分かれると思うのですが
「2足歩行ロボットのサーボってどの箇所が一番壊れやすいのだろうか?」というふとした疑問。
ロボゼロとは別機種になりますが
近藤科学のKHR-2HVだと経験的に「足首と股関節」
のサーボ樹脂ギアをなめていた(欠ける+削り取られる)気がします。
モーションにもよるとは思いますが統計取るにもサンプルが少なすぎる状況だったりします。
双葉のサーボは基本的にギアは欠けることはあっても壊れることがほとんど無いと聞いています。(許容電圧の幅が大きい等)
ROBOXEROでは(関節位置的な意味で)どのサーボが壊れやすいのだろうか?
というネタを振ってみたり。

投稿: MK84 | 2011年5月 7日 (土) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/51600255

この記事へのトラックバック一覧です: RS306MD樹脂ギアー vs RS306MDメタルギアー:

« 藤城清治 自宅スタジオ展 へ行ってきました | トップページ | RS30xPacketUtil 1.2.5公開 »