« RS30xPacketUtil 1.2.5公開 | トップページ | Netter's Histology Flash Cards for iPad を買ってみた »

RS306MD樹脂ギア vs メタルギア with ロボザック用テストボード

昨日、RS306MDの樹脂ギアをメタルギアに付け替えたサーボの動作の相違をコマンド方式による制御で比べてみました。

今回は、ロボザック用テストボードを用いて、いちおうPWM方式の場合ではどうなのかも見ておきましたhappy01paper

ロボザック用テストボードを用いるのは、ロボゼロの第2号で付いてきたテストボードではサーボが1つしか繋げられないからです。ロボザックに付いてきたテストボードは3つまでサーボを繋げられるので、樹脂とメタルを繋げて、同時に動かして、それらの動きを比べることが可能だからです。
20110508003421

---------------------

---------------------

前回行ったコマンド式で動かしても今回のPWM式で動かしても、樹脂ギアーとメタルギアーは同じ挙動を示してくれるようでしたhappy01paper

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« RS30xPacketUtil 1.2.5公開 | トップページ | Netter's Histology Flash Cards for iPad を買ってみた »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/51609280

この記事へのトラックバック一覧です: RS306MD樹脂ギア vs メタルギア with ロボザック用テストボード:

« RS30xPacketUtil 1.2.5公開 | トップページ | Netter's Histology Flash Cards for iPad を買ってみた »