« 「週刊 ロボゼロ」 第15号(1)樹脂ギアーをメタルギアーに変更(グリス塗布) | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第15号(2)右肩部分を組み立てる »

WiShield2.0でWebServerのスケッチを動かしました

WiShield2.0でWebServerのスケッチを動かしてみましたhappy01paper

oneWiShield2.0のジャンパー
スケッチとは直接関係ありませんが、前回、ジャンパーの位置を示しませんでしたが、デフォルトとして、以下のようにジャンパーを挿します。黄色のジャンパーは右側ピンが空いてます。緑のジャンパーは左側のピンが空いてます。
20110531014227

twoライブラリー関連のダウンロード
WiShieldのライブラリー関連のファイルは、asynclabsのgithubからダウンロードできます。
asynclabs / WiShield_user_contrib
Safariscreensnapz039

threeArduinoのライブラリフォルダに入れる
Arduinoのライブラリフォルダは、環境設定の「Sketchbook location」で指定しているフォルダの中に作った「libraries」という名前のフォルダです。
Arduinoscreensnapz013
私はWiShieldと言う名前のフォルダにして入れてあります。
20110531011704

fourapps-conf.hの変更箇所
上の図の紫の矢印で示しているapps-conf.hというファイルがあります。今回はWebServerのスケッチをテストする予定なので、#define APP_WEBSERVERのコメントを外します。#define APP_WISERVERを含め他のdefineはコメントアウトします。
20110531005224

five無線LANの設定を調べてWebServerスケッチの設定を書き換える
WebServer.pdeは、ダウンロードしたファイルの中のexamplesフォルダのWebServerの中に入っています。これをArduinoで開きます。以下の5カ所を自分の環境に合わせて設定します。
20110531005220

  1. WiShield自身のIPアドレス。2の最後の値を使われてない値を選んで設定
  2. 無線LANのIPアドレス(下図B)
  3. ネットワークの名「Micono」(下図A)
  4. パスワードの暗号化の種類:パスワードなし/WEP/WPA/WPA2で、それぞれ0/1/2/3から選ぶ。
  5. そのパスワード

A. ネットワークのAirMacの設定画面から
20110531005228
B. AirMacユーティリティの画面から
20110531005245

sixArduinoにアップロードする
アップロードが完了してから、サーバーが起動しだすまで、約1分程度かかります。起動しだすとWiShieldの赤いLEDが点灯します(oneの図)

sevenブラウザでWiShieldにアクセスする
WiShield自身のIPアドレス(今回はhttp://10.0.1.30にした)にアクセス
無事アクセスできれば、
「Hellow World!! I am WiShield」と表示されますhappy01paper

Safariscreensnapz038

今回はここまでですhappy01rock

----------------

  • WiShield2.0でWebServerのスケッチを動かしました
  • WiShield2.0にピンソケットを付けました
  • WiShield2.0を譲ってもらいました

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村 

|

« 「週刊 ロボゼロ」 第15号(1)樹脂ギアーをメタルギアーに変更(グリス塗布) | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第15号(2)右肩部分を組み立てる »

Arduino / Processing」カテゴリの記事

無線(WiShield)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/51813993

この記事へのトラックバック一覧です: WiShield2.0でWebServerのスケッチを動かしました:

« 「週刊 ロボゼロ」 第15号(1)樹脂ギアーをメタルギアーに変更(グリス塗布) | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第15号(2)右肩部分を組み立てる »