« Pastebot Mimic v1.5.0 公開 | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第47号 »

RXコントローラーとXcontrollerをWindows 8 Developer Previewで動かしてみました

64bit版のWindows OSを持っていないので、いま無料で使えるWindows 8 developer previewの64bit版をインストールしました。そのついでにRXコントローラーとXcontrollerをWindows 8 Developer Previewで動かしてみましたhappy01paper

oneまずは、USB-シリアル変換のドライバーがWindows 8で動いてくれないと困るので、それをインストールしようと、私の使っているREX-USB60Fが採用しているチップのFTDI社のページ(FT232x (FTDI))を見てみましたが、Windows 8用はまだありませんでした。

なので、RATOCのページから「REX-USB60F Windows 7/Server2008 R2(20091022)」をダウンロードしてWindows 8にインストールしてみました。

とりあえず、Windows 8でもREX-USB60Fを認識してくれましたscissors

twoRXコントローラーをWindows 8で動かしてみる

Windows 8は英語版だからなのか?起動させると4DBのランタイムは立ち上がるんですが、RXコントローラを選択できず、結局、動かすことはできませんでした。これは起動が言語に依存してしまうWindows OSの方に問題があるんですけどね。

Parallels_desktopscreensnapz013

ということで、RXコントローラのフォルダー名やファイル名をRXControllerと英語の文字に変えて起動させてみました。
Parallels_desktopscreensnapz015
起動時エラーメッセージのようなものが出ましたが、いちおう立ち上がりましたよhappy01ただOSが英語版なので日本語部分は文字化けして読めません。

Parallels_desktopscreensnapz014

threeXcontrollerをWindows 8で動かしてみる

Xcontrollerはいちおう言語がデフォルトで英語が表示するように作ってありまして、現在、日本語環境では日本語、その他では英語が表示されます。(その他の言語に関してはローカライズしてくれる人がいるならばできます)

ということで、英語版として立ち上がって、かつ、無事シリアル接続もできて、コントロールできることを確認しましたhappy01scissors
Parallels_desktopscreensnapz012

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« Pastebot Mimic v1.5.0 公開 | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第47号 »

Xcontroller」カテゴリの記事

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/53694699

この記事へのトラックバック一覧です: RXコントローラーとXcontrollerをWindows 8 Developer Previewで動かしてみました:

« Pastebot Mimic v1.5.0 公開 | トップページ | 「週刊 ロボゼロ」 第47号 »