« 「週刊 ロボゼロ」 第54号 | トップページ | ipaPNGviewer v1.7.5 公開 »

RXコントローラーを解析してみるぞ!(4)プログラムオブジェクトコード1

今回から、プログラムのオブジェクトコードについて書いていこうと思いますが、今回は、オブジェクトコードの構造について簡単に示しておきます。

プログラミングできる方には、少しだけ役に立つかもしれません。ただし、これに書かれてることは独自で解析した内容なので正しいとは限りませんのでご了承下さい。間違っている部分などありましたら教えて下さいpaper

オブジェクトコードは、プログラムを1行ごと変換されたものが転送され、HSWB-4FのmicroSDのファイルに保存されることになります。

基本構造は、*C01から始まり、ファイル番号、行番号、コマンド、データ、そして改行コードとなります。

  • ファイル番号、行番号の番号は、16進数を文字で表記したものになっている。
  • コマンドは、その前に0x15が付くものと付かないものがあるようですが、その意味、パターンはわかりません。
  • コメント行も空欄の行も転送されるが、内容は全く転送されません。

HSWB-4FプログラムオブジェクトコードPart1(PDF)
Screensnapz001

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 「週刊 ロボゼロ」 第54号 | トップページ | ipaPNGviewer v1.7.5 公開 »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/54146297

この記事へのトラックバック一覧です: RXコントローラーを解析してみるぞ!(4)プログラムオブジェクトコード1:

« 「週刊 ロボゼロ」 第54号 | トップページ | ipaPNGviewer v1.7.5 公開 »