« ロボゼロのプログラムを勉強してみよう(7) | トップページ | 週刊 ロボゼロ セレクト商品のジャイロセンサーはサイズ1/4お値段1/10の後継機が秋月で入手できる?(その3) »

ロボゼロのプログラムを勉強してみよう(8)

「ロボゼロのプログラムを勉強してみよう」の第8回目。
とりあえず今回でアクションプログラムの5番(F5.TXT)のお勉強は終わりにしようと思います。

one今回はまず、押されたボタンごとにアクションを実行する為に、対応するファイルへジャンプする部分処理です。

この処理が314行目から489行目までず〜と続きます。

Screensnapz128

  • 315行目:V00に6をセット
  • 316行目:FJUMPコマンド。V00の値のファイル番号を実行する命令です。
  • 以降、この様なFJUMP命令がアクションの数だけあります。
  • また、他のファイルへ移った処理は、そのファイルのアクションの後、再び
    V00=5
    FJUMP
    によって、この5番のファイルに戻ってくる仕組みになっています。

twoEXIT

電源オフボタンを押した場合、もしくは、バッテリー残量が減ってきた場合にこの処理を行います。

Screensnapz130

  • 530行目:しゃがむ
  • 533-540行目:V00-23に0をセット
  • 541行目:POWERコマンド。V00-23の値に応じてサーボモータ1から24番の電源をオン/オフ。V00-23が全部ゼロなので、全部のサーボをオフにする
  • 542行目:V99を0にセット。ファイル61番でV99を使用している。
  • 起動時の処理へジャンプ。リモコンの電源ボタンが押されるのを待ちます。

今回はこれくらいということで、また次回をお楽しみにしていて下さいhappy01

 

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« ロボゼロのプログラムを勉強してみよう(7) | トップページ | 週刊 ロボゼロ セレクト商品のジャイロセンサーはサイズ1/4お値段1/10の後継機が秋月で入手できる?(その3) »

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/55241488

この記事へのトラックバック一覧です: ロボゼロのプログラムを勉強してみよう(8):

« ロボゼロのプログラムを勉強してみよう(7) | トップページ | 週刊 ロボゼロ セレクト商品のジャイロセンサーはサイズ1/4お値段1/10の後継機が秋月で入手できる?(その3) »