« 『エクスペンダブルズ2』を観てきました | トップページ | 5V対応SBDBTがついに発売開始! »

「ロボゼロBluetoothコントローラー」を試してみた

ロボゼロBluetoothコントローラー(株式会社メディアクラフト)」は、名前のごとく、Androidスマートフォン/タプレットでロボゼロをコントロールできるようにするアプリケーションです。
20121021163124

●同様のものは、これまでにも紹介したことがありますが、

があります。

ロボゼロBluetoothコントローラーと同様に、RCB-3系の信号を送信しており、VS-C2 for Androidと同じように音声によるコントロールが可能です。

●逆に、もっとも違う点は、ゲームコントローラーの形態ではなく、赤外線リモコンの形となっていることです。ロボゼロ純正の赤外線リモコンと同じリモコンが画面に表示され、そのボタンをタッチすることで操作します。

実際、ロボットの操作は、複雑にボタンを組み合わせて操作することより、ボタンの数がある程度あり、必要なアクションを割り当てることの方が都合がいいですからね。

●送信されるRCB-3の値ですが、「ボタン設定」で設定できます。

  • デフォルトでは、メモリーのV120に値が設定される形になっていますが、
  • それぞれのボタンごとに値を設定できます。

私はリセット送信をオンにして、1回だと取りこぼす場合がある為、リセット送信回数を2回に設定しました。

20121021163327

●実際に使うには、信号の反転や電圧の変換の為の回路が必要になります。以前書いたブログを参考にして下さい。

●動作確認したBluetoothモジュールは手持ちの

で行いました。ちゃんとロボゼロの接続および操作可能でした。

2400bp設定可能でSPPプロファイルに対応したモジュールなら基本使えると思います(※保証はしませんけど..)。

●ロボゼロの方のプログラムは、デフォルトでは、V120に値が入るようになっていますが、設定で変えたとしても、V130、つまり赤外線リモコンの値が入る、V130に設定することはできません。アドレス参照ができればいいんですけど、それもできないので、サンプルのプログラムでは、V130=V130+V120といった使い方をすることで、実際の赤外線リモコンから、そして、ロボゼロBTコントローラーから、両方のから操作ができますよね。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 『エクスペンダブルズ2』を観てきました | トップページ | 5V対応SBDBTがついに発売開始! »

無線化」カテゴリの記事

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/55940024

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロボゼロBluetoothコントローラー」を試してみた:

« 『エクスペンダブルズ2』を観てきました | トップページ | 5V対応SBDBTがついに発売開始! »