« SB-BTシリーズの型番について | トップページ | 『任侠ヘルパー』を観てきました »

bt_sample_XeroZak 0.2.0公開: SBDBTでパソからロボゼロの無線コントロールしてみました

Icn_bt_sample_xerozak_128約15ヶ月前bt_sample_XeroZakというアプリケーションを公開しましたhappy01paper

当時は何のこっちゃ全く分かってないまま、ヴィストンさんが出してる「ROBONOVA-I/JO-ZERO用 操縦デモプログラム」というのがあったので、それと同じデータを発信するアプリを作って公開しました。

あれから、作った事もすっかり忘れて、全く使ってなかったんですが、ふと、Xcontrollerから無線コントロールできるインターフェイス作ろうかな〜と考えてたら思い出しましたhappy01flair

早速、SBDBTを使って、bt_sample_XeroZakでマックやWindowsのパソコンからロボゼロの無線コントロールをやってみましたhappy01paper

いやいやいや、使えるじゃないsign01
ということで、以下を改良しver 0.2.0として公開しましたhappy01scissors

  • スタートボタン、セレクトボタン追加
  • ニュートラルデータの送信を改良
  • クリックするとハイライトするようにした

さて、設定関連は、以下のようになります。

oneSBDBTファーム

  • SPPファームを使用
  • BAUDRATE1           2400
  • UART1_TX_POLARITY    1
  • UART1_HW_FLOW        0
  • (USE_RFCOMM_BAUDRATE 0)

※PC側がモトローラのBluetoothスタックを使っている場合、ボーレートに不具合があり、2400bpsに設定しても、2400bpsでの通信ができませんが、ファームのUSE_RFCOMM_BAUDRATEを0に設定する事で回避できるようです。

詳しくは、(9):SBDBT編(RCB-3系アプリ)を参考にして下さい。

twobt_sample_XeroZakの設定

  • ROBOXEROを選択
  • Baud:2400
  • Bits:8, Parity:No, StopBits:1

three接続と操作

  1. パソのBluetoothの設定で、予めSBDBTを登録しておきます。
  2. 接続先のポートをポップアップで選びます。※マックの場合は、名前が表示されますが、Windowsの場合は登録時にCOMポート番号がでますので、その番号を選んで下さい。コンパネでも確認できます。
  3. Connectボタンをクリックします。Connectされれば、Disconnectに表記が変わります。
  4. 画像上のボタン部分をクリックすると、RCB-3に対応するデータが送信されますpaper

20121121235446

----------------

(過去に書いたSBDBT関連ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« SB-BTシリーズの型番について | トップページ | 『任侠ヘルパー』を観てきました »

無線(SBDBT)」カテゴリの記事

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/56163383

この記事へのトラックバック一覧です: bt_sample_XeroZak 0.2.0公開: SBDBTでパソからロボゼロの無線コントロールしてみました:

« SB-BTシリーズの型番について | トップページ | 『任侠ヘルパー』を観てきました »