« SB-BTシリーズのRS232C版「SBRBT-S、SBRBT-R」が新発売 | トップページ | bt_sample_XeroZak 0.2.0公開: SBDBTでパソからロボゼロの無線コントロールしてみました »

SB-BTシリーズの型番について

Sbdbt

ランニングエレクトロニクスさんのUSB端子付きPICマイコン基板ですが、RS232Cタイプのものが加わり全部で5種類になりました。今更ながらですが、このSB-BTの型番は、どんな意味になっているのかをまとめてみました

【AA】

最初の2文字SBはランエレさんの商品であることを示しています

【B】
3文字目は、ピンの種類もしくは信号の種類を示しており、現在、以下の3種類のタイプがあり、それぞれのアルファベットの頭文字が付けられています。

  • D: DIP型
  • X: XBee型
  • R: RS232C型

【CC】

4、5文字目Bluetoothの略のBTです。

【DD】
最後は製品のサブタイプを示しており、以下のタイプがあります。

SBDBT

  • 表記なしSBDBT: 3.3V電源対応版
  • 5VSBDBT5V: SBDBTの従来型の5V電源に対応したバージョン。名前はハイフンが入らないで5Vと記述される。

SBXBT

  • 表記なしSBXBT

SBRBT

  • S: SBRBT-S: ストレートタイプの"S"が付く。D-Sub9ピンオスのコネクタがついていて、PCと同じピンアサインになっている。PCに接続する際には、ストレートケーブルを使用する機器に直接接続することができるタイプ。またはPCに接続する際に使用するケーブルで外部機器と接続することがでる。
  • R: SBRBT-R: リバースタイプの"R"が付く。D-Sub9ピンメスのコネクタがついていて、PCとはクロスしたピンアサインになっています。PCに接続する際にクロスケーブルを使用する機器に直接接続することができます。

どうでしょうか?私はSBとDが何かな〜?と思ってましたが、聞いてなるほどと思いました

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« SB-BTシリーズのRS232C版「SBRBT-S、SBRBT-R」が新発売 | トップページ | bt_sample_XeroZak 0.2.0公開: SBDBTでパソからロボゼロの無線コントロールしてみました »

無線(SBDBT)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SB-BTシリーズの型番について:

« SB-BTシリーズのRS232C版「SBRBT-S、SBRBT-R」が新発売 | トップページ | bt_sample_XeroZak 0.2.0公開: SBDBTでパソからロボゼロの無線コントロールしてみました »