« 自炊した本を製本する場合の手順 | トップページ | 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました »

SBDBTでロボゼロのサーボを動かしてみよう!

20121118_0802371x

以前、

というタイトルで、パソからArduinoや、USB-TTLコンバータを使って、ロボゼロのサーボをコントロールしてみました。

その際、

という、ロボゼロのサーボを動かせるアプリも作りましたhappy01

その流れで「SBDBTでロボゼロのサーボを動かしてみよう!」というタイトルにしました。

つまり、SBDBT(ランニングエレクトロニクス)を使って無線でFutaba製のコマンド式サーボ(RS306MD)を動かしてみました(下図)。

Sbdbtrs30x

●SBDBT

SBDBTには3.3Vと5Vのタイプとありますが、TTLのシグナルとしては3.3Vタイプの方でもRS30XMDのサーボは認識してくれるため、どちらのタイプでも利用可能でした。

●SBDBTのファーム

出荷時に書込まれているSPPサーバー用ファームを初期設定で大丈夫かもしれませんが(試してません)、上手く動かないようでしたら、RS306MDのデフォルトの通信速度は115200で、フロー制御は行ってないので、global.hの設定を

  • 通信速度(BAUDRATE1):115200
  • フロー制御(UART1_HW_FLOW):0

に変更して下さい。

※追記:Androidからは、SBDBTのファームの通信速度を115200に変更するか、サーボの方の通信速度を9600にするか、速度を合わせてやる必要があります。パソコンからは、サーボと同じ通信速度なら、SBDBTのファームは出荷時の状態で利用できます。

●コントロールアプリ
通信アプリでは面倒なので、

など、とりあえずは、RS30X用のパケットを送信できるアプリを使うと便利だと思いますhappy01paper

さて、動かせましたでしょうかね?サーボを遠隔操作したいような場合、SBDBTは安く簡単でいいかもしれませんねhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 自炊した本を製本する場合の手順 | トップページ | 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました »

無線(SBDBT)」カテゴリの記事

週刊 ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

ご紹介頂いている私のRPU-10 IDチェッカーはRPU-10のスルーパケット機能を使っているものなので、直接サーボと通信することはできませんm(_ _)m メーカーで配布されてるRSC-U485用のサンプルプログラムなら大丈夫なはずです。

投稿: UE村 | 2012年11月19日 (月) 11時14分

UE村さん
いつもお世話になっております。
確かめないですいませんでした。
追記しておきます。

投稿: micono | 2012年11月19日 (月) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/56135702

この記事へのトラックバック一覧です: SBDBTでロボゼロのサーボを動かしてみよう!:

« 自炊した本を製本する場合の手順 | トップページ | 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました »