« SBDBTだって壊れるさね | トップページ | 「週刊 ロビ」 第8号 »

多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(14)胴体への脚の取り付け

20121231_211438x_2

今日の組み立ては「胴体への脚の取り付け(p39〜)」です。少々量が多いかもしれませんが、一気にやっちゃいましょうhappy01paper

配線(p39)

組み立てに必要なもの

注意点

  • 基節のサーボにZH接続ケーブル (ZH⇔サーボ )のコネクターを付けます。空いてる方にさすだけですが、私の場合は上の写真ですべての歩脚において赤の方に挿さるようにしました。つまりすべての歩脚で後方に挿さってます。
  • ケーブルの番号のラベルを貼りますが、これすぐに剥がれてきてしまいますので注意して下さい。後にこの番号がないと少し不便に感じます。
  • ラベルの番号は、前脚から、5、6、7前脚から1、2、3となります。左脚の方が若い番号が付きますので注意ですsign01

バッテリーホルダの取り付け(p40)

組み立てに必要なもの

Photo

注意点

  • いっぺんに四角く組み合わせてネジを締めようとするのは難しいので、
  • まず、バックパックステーにバッテリーカバーロックを差し込んでネジを付けましょう。
  • その後、バッテリーカバーを差し込みましょう。
  • ZH接続ケーブル (ZH⇔サーボ )のケーブルはこのボックスの中にくぐらしておきましょうsign01

上下のベースパネルの取り付け
右脚(p41,43)左脚(p42,43)

上下のベースパネルおよび左右の脚、そして頭部に相当するダミーサーボ、ネジを締めるだけで難しくありません。全部付けちゃいましょうsign01

組み立てに必要なもの

注意点

  • 特になし

表からは最初の写真。裏から見るとこんな感じです

20121231_212032

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« SBDBTだって壊れるさね | トップページ | 「週刊 ロビ」 第8号 »

KMR-M6 (多脚ロボット)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/56443513

この記事へのトラックバック一覧です: 多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(14)胴体への脚の取り付け :

« SBDBTだって壊れるさね | トップページ | 「週刊 ロビ」 第8号 »