« 「週刊 ロビ」 RS30xPacketUtilでロビのサーボの設定を変えてみる | トップページ | 「週刊 ロビ」 ロビのテストボードに設定を変えたサーボを繋いでみる »

多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(18)アンビリカルケーブル

20130114_222530
コントロールアプリで、モーション作ったり、転送したり、動作確認させたりするには、バッテリーじゃやってられません。AC電源が不可欠ですので準備しましょうhappy01paper

以下に書き上げたことは、あくまでも私個人の環境において行った結果であり、場合に寄っては高価な機器を壊してしまうかもしれません。もし以下を参考に行う場合は、壊れてしまっても言いと、自己責任において行って下さいpaper

one電源について
ボードおよびサーボが9-12V対応で、見合うAC電源が必要です。

9V 1.3A スイッチングACアダプター(秋月)
1.3Aじゃパワーが足りないので、勧めているわけではありませcoldsweats01手持ちのスイッチングアダプターで、見合うものがこれしかなかったので試してみました。プログラムの転送などには使えますが、ロボットを動作させるにはパワーが足りなくて止まってしまいます。
Img_2704

12V 5A スイッチングACアダプター(秋月)
秋月で見合うものとして、とりあえず12V 5AのスイッチングACアダプターがあったので購入しました。6脚ですし、6脚ともに負荷がかかることもあまりないでしょうし。5Aあれば大丈夫ですよね。。。
Img_2705

安定化電源(スイッチング方式) DM-330MV
DM-330MVを持ってます。普段、7.4Vにプリセット設定して使っているので、7.4Vのまま試しに使ってみたら、7.4Vでも、問題なく動いてくれますpaperということで、12V 5Aの電源買ったんですけど、DM-330MVを使ってますhappy01


twoKMR-M6にDCジャックを付ける

上記のACアダプターは2.1mm DCプラグの形になっています。簡単にKMR-M6に挿せるようにDCジャックを付けました(トップ画像:スイッチの右側

買い置きのDCジャックを探してみたら、3〜4種類ありました。プラグの抜き差しで、ACアダプターとバッテリーと切り替わって欲しいので、3針の

2.1mm DCジャック(秋月)
C00076 C000761 うら

を使いました。

リーマーで穴を空けてジャックを取り付け、配線しました。
※写真はイメージですcoldsweats01下の2枚の写真の配線はプラスマイナスが間違ってます。気がついて配線し直しましたがその写真は撮っていませんので、下の写真の配線をそのまま真似しないで下さい。

これで元々のスイッチも効きますし、バッテリーは繋げたまま、ACアダプターを抜き差しすることができるようになりました。便利ですhappy01scissors

20130114_201722
20130114_201826

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 「週刊 ロビ」 RS30xPacketUtilでロビのサーボの設定を変えてみる | トップページ | 「週刊 ロビ」 ロビのテストボードに設定を変えたサーボを繋いでみる »

KMR-M6 (多脚ロボット)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/56550931

この記事へのトラックバック一覧です: 多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(18)アンビリカルケーブル:

« 「週刊 ロビ」 RS30xPacketUtilでロビのサーボの設定を変えてみる | トップページ | 「週刊 ロビ」 ロビのテストボードに設定を変えたサーボを繋いでみる »