« 多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(23)HTH4もコントローラも、どちらもSBDBT5V無線で繋げちゃう(その2) | トップページ | 『アウトロー』を観てきました »

「SBDBTシリーズでBLEを使用してiOSと通信するサンプルプログラム」が公開されました

1月30日に 「SBDBTシリーズでBLEを使用してiOSと通信するサンプルプログラム」がランニングエレクトロニクスさんのページで公開されましたhappy01paper

BLEとは、Bluetooth Low Energyの略で、Bluetooth 4.0の新しく導入された規格の一つです。

つまり、簡単に言っちゃうと、SBDBTにBluetooth 4.0のBLE対応のドングルを付ければ、iOSからでも通信ができちゃうので、そのサンプルファームが公開されたということです。

まだ、BLEのこと全然わからないので、まずは紹介されていたLightBlueというAppを使ってやってみました。マニュアルに書かれている手順に沿って行っただけですが、ちゃんと、iPhoneとSBDBTとで通信ができてます(図)

LightBlue (iOSアプリ)

20130201_023628  20130201_023652

ということは、ロボットのコントローラをiOSアプリとして作ってSBDBTで動かせるようなシステムを作れる環境が整ったということになりますねhappy01paper

iOSのDeveloper登録はしてるので、少しBLEのことを勉強してみようかと思います。いつになるかわかりませんが、ロボットのコントローラを作れればいいかなと思っています。

以下、少しだけ、Bluetooth 4.0関連のことを書いておきます。

●Bluetooth 4.0では、

  • 従来のBluetooth(従来BT)
  • Bluetooth Low Energy(BLE)
    低消費電力モードに対応する規格
    (※従来BTとBLEとの間には互換性がない)

の2種類の規格があります。2種類あるので、

●デバイスとしては

  1. Bluetooth Smart:BLEのみ
  2. Bluetooth Smart Ready:従来BTとBLTと通信可能
  3. Bluetooth:従来BTのみ

の3タイプがあるようです。iPhone5はBluetooth Smart Readyタイプのデバイスになるということですねhappy01paper

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(23)HTH4もコントローラも、どちらもSBDBT5V無線で繋げちゃう(その2) | トップページ | 『アウトロー』を観てきました »

無線(SBDBT)」カテゴリの記事

コメント

スマホ関連は、ロボに興味がない人にも与えるインパクトが大きいので、同じ動きでもスマホから操作したりすると、動画ウケが良さそうですよね。iPodTouchも手元にありますので、動作テストの際はご協力させていただきます。

投稿: 二名川 | 2013年2月 3日 (日) 00時23分

二名川さn
お返事遅くなりました。
どうなるかわかりませんが、もし形になってきた時にはよろしくお願いいたします。

投稿: micono | 2013年2月 4日 (月) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/56671370

この記事へのトラックバック一覧です: 「SBDBTシリーズでBLEを使用してiOSと通信するサンプルプログラム」が公開されました:

« 多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(23)HTH4もコントローラも、どちらもSBDBT5V無線で繋げちゃう(その2) | トップページ | 『アウトロー』を観てきました »