« PS3コントローラとSPPの両方が同時に使えるSBDBTシリーズ用ファームが公開 | トップページ | 「SBDBTシリーズでBLEを使用してiOSと通信するサンプルプログラム」が公開されました »

多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(23)HTH4もコントローラも、どちらもSBDBT5V無線で繋げちゃう(その2)

Kmrm6_sbdbt_ps3rcb4g

●はじめに

前回

方法を紹介しましたが、今回紹介する方法は、ひとつのSBDBT5Vで両方やっちゃうというというものです

なんと凄いでしょ

関連するものとして、

も合わせてみて下さい。

なお、ここで書かれていることは、自己責任において行って下さい。

●SBDBT

SBDBTは、同じこのコピペですが
ランニングエレクトロニクスさんの、

を、ひとつ使います。私はSBDBT5Vを使ってます。

●コントローラ

今回の方法では、ドングルに、Bluetoothアダプタを使うしか仕様がなくなるため、コントローラはPS3のDualshock3/SIXAXISのコントローラに限定されてしまいます。けど、ひとつで済むのはめっちゃ便利です

●ファーム

SBDBTのファームは、新しく公開された、PS3&SPP両方同時に接続できるファームを使います。ランニングエレクトロニクスさんのページからダウンロードしたソースコードをコンパイルするか、ROBOMICのHEXファイル置場のps3spp_for_rcb4のファイルをご利用下さい。

●配線

(21)無線コントロール with SBDBT5Vで書いた配線と同じです

Rcb4hvsbdbt5v

●おわりに

繋げられましたでしょうか

ひとつのSBDBTでPS3とSPPが出来て便利ですよねこれならば、無線でモーション作りをしようなんて考えなかった人も、ちょっとやってみようかな?って思えないでしょうかね??

あと、別の応用例として、RCB3用でビルドしてロボゼロで使えば、ロボゼロの無線コントロールをPS3コントローラと、VS-C2 for Androidと、どちらでも接続できます

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« PS3コントローラとSPPの両方が同時に使えるSBDBTシリーズ用ファームが公開 | トップページ | 「SBDBTシリーズでBLEを使用してiOSと通信するサンプルプログラム」が公開されました »

無線(SBDBT)」カテゴリの記事

KMR-M6 (多脚ロボット)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多脚ロボット KMR-M6 (近藤科学) :(23)HTH4もコントローラも、どちらもSBDBT5V無線で繋げちゃう(その2):

« PS3コントローラとSPPの両方が同時に使えるSBDBTシリーズ用ファームが公開 | トップページ | 「SBDBTシリーズでBLEを使用してiOSと通信するサンプルプログラム」が公開されました »