« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

「週刊 ロビ」 第10号(地方版)で以前書いたもの

20130210_101716

※今日は週刊ロビ全国版の発売日です。この内容は、地方版が届いた時に書いたものを再度公開したものです。地方版なので、もしかすると全国版の内容と少し異なる点があるかもしれませんがご了承下さい。

「週刊 ロビ」の第10号が2月9日に届きましたhappy01paper

ひとそれぞれ感じ方は違うかもしれませんが、もう10号です。1/7済みましたhappy01

さて、今回の組み立ては「右ひじに右上腕フレームを取り付ける」です。

●右ひじパネルを取り付ける
●右上腕フレームを取り付ける
●サーボケーブルに保護シールを貼る

ですpaper

今回もネジを止めるだけでとても簡単にできましたhappy01
Screensnapz043

----------------------

今回の組み立ては以上なんですが、さらに、予備のサーボをパーツ販売で購入していたのがあるので、次号に相当するであろう、上腕のサーボの取り付けも行ってみましたscissors

  • サーボのボトムカバーを外し、
  • 前腕からのサーボのケーブルと、
  • 今回届いたサーボケーブルを、上腕のサーボに取り付け、
  • サーボケーブルは上腕部のフレームの穴から出し、
  • 上腕部のフレームにサーボをネジ止めする

20130210_101354

こんな感じhappy01paper

20130210_101828

以前にも書きましたが、デアゴ商品は4つ目ですが、部屋が冊子で一杯になってしまいます。なので今はバインダーも買わず、自炊(電子化)しています。ロビも+100円で電子版が買えますが、どうしようか考え中です。

以下はシリーズガイドと、10号までの電子化したファイルのスクショです。冊子のロビのポーズは5号ごとの繰返しのようですねhappy01

Finderscreensnapz005

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 RS308MD 基板側端子の入手とコネクター作成例

Img_3279
※写真ではいかにも上からGND,Powr,Signalのように並んでいるように見えますが反対で、上からS,+,-の順になります。ロビのテストボードのコネクターに書かれてる文字を参考にして下さい。

以前、RS308MDの端子に関して

を書きましたが、

●コネクターは、

  • ケーブル側コネクター端子:「ACHR-03V-S
  • サーボ側(基板側)端子:「BM03B-ACHSS-GAN-ETF
  • 圧着端子:「SACH-003G-P0.2

であることを調べました。

●ケーブル側の端子に関しては、
小さ過ぎて自分で圧着はまず無理な為、

のが良いであろうということになりました。

ということで、ロビの3号を購入して、RS308MDの端子と一般的なサーボ端子の変換アダプターを作ってみました。

●サーボ側(基板側)端子に関しては、
1箱4500個で108000円でしか買えないと書きましたが、4月初めに、メディアクラフトさんから、RSで、1個単位で購入できることを教えて頂きました。

が、対応するようです。

前置きが凄く長くなりましたが、

  • 注文
  • 工作

してみましたhappy01paper

one注文

特に書き出す程ではありませんが、

  • 端子10個:450円
  • 送料:460円

月曜日に注文して金曜日に届きましたhappy01paper
20130428_020422
Rs308md

twoコネクター作成例
小さいのでチップのハンダ付けに慣れてないとちと難しいかもしれません。簡単に使う物と作り方を書き上げておきます。

SOT23変換基板を使う
手持ちのもので良い物はないかと考えて、これを使ってみることにしました。
20130428_020437

●ハンダ付け
ピッチが端子の方が少し広いので中央の端子を先に付けて、両端はちょっと斜めになる感じになりますcoldsweats01
Img_3278

ハンダ付けしたあと、瞬間接着剤で基板にしっかりくっつけて下さい。ケーブル側コネクターを引っこ抜く時、結構な力がかかるので、何もしてないと、基板側のコネクターとともに簡単に剥がれてしまいますpunch

【追記】:ハンダ付け作業をムービーにしてみました。ムービーは画面いっぱいに拡大してみると少しは細かいところも見えるかも。

※プリント基板用フラックスは無洗浄タイプのものを使用して、フラックス洗浄剤は使わない方がいいかもしれません。
※コネクターがはまる部分にフラックスが染み出るもしくは回り込まないように注意する。
※反対側の両端の金属部分もハンダ付けすることで接着剤で固定しなくても大丈夫かもしれません。

  1. コネクターをSOT23変換基板の上に置きフラックスを塗る。コネクターと基板の間にフラックスが染込むので、反対側は塗り直さなくても大丈夫かな。
  2. コネクターを中央位置に置き。真ん中の端子からハンダ付けする。
  3. 基板の金属部分とピンをコテで2〜3秒暖めて、ハンダをあてて溶かして、適量溶けたら、ハンダを離し、さらに1〜2秒暖めてハンダが基板とピン染込んだらコテを外す。
  4. 角度がずれたら、コネクターを左手でもって、ハンダでそっと溶かしながら角度を整える。
  5. 両端のピンにもハンダを付ける。
  6. さらに、反対側の両端の金属部分も基板にハンダ付けする、この部分をハンダ付けすることで、接着剤で基板とコネクターを固定しなくても大丈夫な気がする。が、心配なら最初に接着剤でくっつけてからハンダ付けすると良いでしょう。
  7. コネクターには、さしたコネクターが簡単にとれないようにする為に出っ張りがある。この部分をカッターで少し切ると、コネクターを取り外ししやすくなりますので、抜き差しの多い使用目的なら、少し削っておくと良いかもしれない。

---------------

---------------

●ピンヘッダー、ピンソケット
4種類程付けてみました。SOT23のスルーホールは小さいので、穴に挿す場合は細いピンのものでないといけないので注意して下さい。普通のピンの場合は、裏に直付けするのも簡単です(左から2個目、4個目)。あと、いちおう、裏面は特に防湿コーティング剤を塗っておきましたhappy01

表と裏の写真
20130428_030446 20130428_030416

いろいろ端子を付けてみましたが、こんな使い方がしたくなる場合もありますかねhappy01sign02
20130428_030543

さて、今後、ロビの号に、こういった変換アダプターの様な物が付いてくる可能性もありますが、あれこれやってみたい方は、作って持っておくと便利ですよねhappy01paper

------

ルーペスタンド


----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『アイアンマン3』を観てきました

アイアンマン3』を4月27日に観てきました(#14)
勝手に得点:5点(満点5)
Safariscreensnapz061
アイアンマンは3つとも映画館で観ましたhappy01
過去のアイアンマン関連は

ですねぇhappy01

やっぱ2はちょっとイマイチだったかもしれませんが、今回の3は面白かったですhappy01paperアイアンマン好きなら、今回のは、お勧めでしょぉhappy01

どんな意味があるのかな?って思いましたが、エンドロール後、少し映像が流れます。ここで話を聞いてる人は、ハルクの人らしいですね。だから寝ちゃってるのね。意味というこか、オチでしょうか?Marvelの映画は双方にやりあっているようですね。

ところで、「さらば」とか、「ファイナル」とか、もう、いいよね。どうせ最後じゃないんだから、紛らわしいタイトルは、もうやめましょうっていいたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 販売価格より高いパーツの号と安いパーツの号

Parts

以前、適当なお値段で計算しましたが、(今回も適当なのは変わりないけど)、今回は、どんなペースで、高額パーツが届くのか、あと、結局のところ合計するとどんな感じなのか、イメージしたいと思いますhappy01

特別なパーツは、ロビの良くある質問のページやネット上にあったことから勝手に想像してます。

販売価格より高いパーツ

25回ほどでしょうかhappy01

ということで、70号/25回=2.8回に1回が販売価格より高いパーツの号と言うことになりますよねhappy01

約3号に1回が、お買い得ということでしょう。で、残りの2回は損してるということになるのかもしれません。

さて、地方版は15号まで配送済みで、16号までが、どんなパーツなのか分かっています。ということで、16号までで、合計どんなくらい得してるのか損しているのか(適当)ですが計算してみましたhappy01paper

  • 安い/高い=販売価格より高いパーツか安いパーツか
  • 値段=パーツ販売された時の価格
  • サーボ=サーボが付いてくる号

  1. 安い:700円
  2. 安い:1000円
  3. 安い:1500円
  4. 高い:サーボ
  5. 安い:1000円
  6. 安い:1000円
  7. 安い:1000円
  8. 高い:サーボ
  9. 安い:1000円
  10. 安い:1000円
  11. 高い:サーボ
  12. 安い:1000円
  13. 高い:サーボ
  14. 安い:1000円
  15. 安い:1000円
  16. 高い:サーボ

といった感じです。

16号まで支払ったお金を合計すると

  • 790x1+1990x15=30640円

になります。

次に、実際、パーツ販売とか、市販でサーボが売ってたとしたらそれを買ったとした場合にはいくらくらいになるのかを合計してみました。

  • 700x1+1000x9+1500x1+4000x5=31200円

ということで、
安いパーツしかない号が多いと言われがちですが、そうでもなさそうだということでしょうかねhappy01paper

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボ・ガレージ10周年EXPO×柏タカシマヤ開店40周年記念 ロボットクリエーター 高橋智隆展

Safariscreensnapz056
ロボ・ガレージ10周年EXPO×柏タカシマヤ開店40周年記念 ロボットクリエーター 高橋智隆展」が4月24日(水)〜5月6日(月)に以下のように開催されますねhappy01

27日と3日にトークショーがあるようです。ネタとして、ちょっと行ってみてもいいかなって思ったけど、27日は映画観るし〜、3日は「関東ロボット練習会」で、天秤にかけて”トークショーの負け〜”coldsweats01

でも、せっかくゴールデンウイークだし、行けそうな日があった行ってみるかなとも思ってます。ってか、柏ってどこらへんだろcoldsweats01

--------------------------------
■4月24日(水)〜5月6日(月・振休)
■T館地下2階 催会場
※連日午前10時~午後8時まで開催。
※4月26日(金)は、誠に勝手ながら関係者レセプションのため、午後6時45分にて閉場させていただきます。あらかじめご了承ください。
※最終日は午後4時閉場。

主催:ロボットクリエーター高橋智隆展 実行委員会
後援:柏市教育委員会
協力:株式会社 デアゴスティーニ・ジャパン/ヴイストン株式会社
入場料:一般500円/学生200円/小学生未満無料

【EVENTS】

高橋 智隆氏 トークショー
■4月27日(土)午後3時~
■5月3日(金・祝)午後3時~
■場所:TKPシアター柏(各回先着130名)
※トークショー参加ご希望のお客様へ
当日、午前10時よりT館タカシマヤ3階エントランスにて、整理券を配布いたします。

ロボット ワークショップ開催!
■5月2日(木)〜6日(月・振休)
※詳しくはホームページまたは係員におたずねください。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第15号 (地方版)

Img_3265

週刊 ロビ 15号 (地方版)が、今日(4/21)に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「左前腕を組み立てる」です。

  1. 指ホルダーを取り付ける
  2. 親指を取り付ける
  3. サーボケーブルに保護シールを貼る

です。

--------------

--------------

Img_3264

----------------

ところで、みなさんご存知だと思いますが、地方版のパーツの形状が、至る所で、全国版と異なっています。

デアゴのお問い合わせで、「お問い合わせ区分:組み立てについて」の「お問い合わせ区分2:付録パーツの形状が本誌の記載/写真と異なっています。」に値しないか?聞いてお返事頂いて、地方版の人は、交換して頂けるのは分かっていましたが。

もう少し詳細な情報(コメント)を頂けました。「先行販売購入者全員に改良パーツを配布することとしました。今しばらくお待ちください。配送時期は18号あたりを予定しています。」とのことです。

外観だけでなく、細かいところで、改良されているようで、無料で交換して頂けるのは当然でしょうけど、助かりますよね。感謝感謝happy01paper

---------------

さて、次回16号は5月14日発売です。

ゴールデンウイークは1週お休みってことで3週後かぁ こういう時に高いパーツだと助かるのにね

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第9号(地方版)で以前書いたもの

Img_2741

※今日は週刊ロビ全国版の発売日です。この内容は、地方版が届いた時に書いたものを再度公開したものです。地方版なので、もしかすると全国版の内容と少し異なる点があるかもしれませんがご了承下さい。

週刊 ロビ」の第9号が1月20日に届きましたhappy01paper

今回は「Robiオリジナルボイス付きクロック」も送られてきました。定期購読のプレゼントかなhappy01
20130120_183441

さて、今回の組み立ては、 「右前腕を組み立てる」ですsign01

  • 指ホルダー取り付ける
  • 親指を取り付ける
  • サーボモータを取り付ける
  • ひじのパーツを取り付ける
  • 前腕カバーを取り付ける

ですpaper
Screensnapz042

  • ネジを締めるだけで簡単ですが、今回は4種類程ネジが付いてきていますので、間違えないように注意が必要です。
  • どうでもいいですが、前腕とは肘から手首までです。

----------------

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 をRS30xPacketUtilで踊らせてみた

以前、上肢だけを動かしてみましたが、今回は、まだ14号で未完成なんですが、無理矢理、鏡像に右上肢を合体させて、今回公開したRS30xPacketUtilで、まだまだ全然踊りになってませんが、動かしてみましたので、動画を観て下さいhappy01paper

-------------------------------

-------------------------------

●必要な物

過去にやってきたことの応用ですが、
週刊ロビをiPhoneで無線コントロールしてみましたhappy01scissors

oneロビのサーボに繋げるケーブルを作る

twoRS30xPacketUtil v1.3

threeUSB-TTLコンバーター

four配線

  • RS308MDに作ったケーブルを繋げる
  • USB-TTLコンバーターと作ったケーブルを繋げる
  • USB-TTLコンバーターをパソと繋げる

以上happy01sign03
ご興味があったら、自己責任でということで、やってみて下さい

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RS30xPacketUtil 1.3.0公開

Icn_rs30xpacketutil_128_2RS30xPacketUtil 1.3を公開しました。
※RS30xPacketUtilは、双葉電子工業のRS30xシリーズのコマンド式サーボモータを制御するパケットの生成、そして、そのパケットの送信および受信ができるアプリケーションです。 

最新版ダウンロードページ

●更新内容

  • (新規)ロングパケットを使ったポーズ作成およびモーション再生機能を追加

●新機能の使い方(簡単に)

  • ポートを指定して接続
    Rs30xpacketutildebugscreensnapz001
  • メニューから「Open Long pakect POSE/MOTION」を選択
    Rs30xpacketutildebugscreensnapz002
  • 「Long Packet POSE」のウインドウで、使用してるサーボのIDにチェックを入れる。
  • 「Long packet MOTION」のウインドウで、TorqueONボタンをクリックして、「Start」
    Rs30xpacketutildebugscreensnapz003
  • 「Long Packet POSE」のウインドウで、ポーズを作成
  • 「Long packet MOTION」のウインドウで「POSE (read)」ボタンでポーズデータが読み込まれる
    Rs30xpacketutildebugscreensnapz004
  • 「Long packet MOTION」のウインドウでMOVEデータを選択してから、「POSE (apply)」ボタンで、「Long Packet POSE」ウインドウにデータが読み込まれる
    Rs30xpacketutildebugscreensnapz005
  • 「Start」ボタンで再生できます。

●関連ページ

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

konashiをtechBASICで使ってみよう(3)

先日、hello-konashi:「Konashiで iPhoneからオンボードLEDの調光制御」

というのが、公開されてました。

ので、techBASICで作ってみました(写真)happy01scissors
(電車の中で作ってて、電車の中で写真を撮ったというだけですのでcoldsweats01

20130418_194436 20130418_194458

今回はその作り方の手順をマニュアルに加えました。で、ここでもマニュアルの中に書いてあることをざっと書いておきますhappy01paper

one新規ファイルを作成
konashi SDK for techBASICに入ってるPWM LED Sample.basのコードをコピーして、新規に”hello-konashi”という名称でファイルを作成する

twoGUIの所のコードをhello-konashiに合わせて書き換える
Xcodeで位置を確認するか、以下の図(クリックで拡大)を参考にボタンとスライダーを作って下さい。
20130418_194436_2

コード
座標に従って配置していきます。LEDのボタンおよびスライダーは配列で作りました。techBASICの配列はデフォルトで1ベースです。定義でLED2〜5は1〜4になっているためLED2やLED5を利用してます。
Tbeditorscreensnapz002

threeEVENT部分の書き換え
ボタンをタップした時、および、スライダーを動かした時の処理を作ります。タップされたボタンやスライダーの番号は、getctrlnumberで処理してます。

Tbeditorscreensnapz003

Tbeditorscreensnapz004

fourPWMでLEDを使う為の初期設定
PWMでLEDを使う為の大事な処理です。これをしておかないとLEDは点灯してくれません。
BLEの接続が完了した際の処理に書き加えてます。この処理は少しタイミングを計ってやる必要があるようで、system.waitを使って時間調節しています。0.01秒に設定していますが、うまく行かない場合は、この数値を大きくしたり、小さくしたりするとよいかもしれません。
Tbeditorscreensnapz005

その他、ボタンのタイトルの変更、initilizekonashiVariablesにクリアボタンを押したときと同じ、LEDを消す処理の追加すれば出来上がりです。

さて、どうでしょうか?同じ様にできましたでしょうか?

●ダウンロード

  • konashi SDK for techBASIC
    (更新 2013/4/19)
    ※マイナーな更新はtweetだけにしときます。ご興味のある方は、@micutilをフォーローしといて下さい

●更新内容

  • 【新規】:hello-konashiのtechBASIC版を追加(上記)
  • 【変更】:細かな所を変更しました。
    • コメントになってたSystem.clearConsoleを外し、起動時に一旦消去することに。コンソールに文字がたまると遅くなる為
  • 【変更】:作成中の説明書を少しだけ加筆
  • 【未完成】:少しやってみてはいますがI2Cのサンプルは完成していません。

----------

今回は以上ですhappy01paper

konashiに関しても、techBASICに関しても、まだ分からないこと沢山あります。バグや、変なところや、こうした方がいいなど、何かありましたら教えて下さいねhappy01paper

-------------------

techBASICは、Byte Worksから出ている、iOS上でBASICプログラムを作って動かせるというアプリですhappy01paper 先日(4/12)に最新版v3.0が公開されました。日本語も使えるようになりより一層使いやすくなりましたscissors
techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

 

●関連記事

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東ロボット練習会#83に行く事にした

20120915_142537x

関東ロボット練習会は、ほぼ毎月開催されているんですよね?けど連休じゃないとなかなか参加できないです。で、今度の関東ロボット練習会#83はゴールデンウイーク中に開催されるので、早々に参加表明しちゃいましたhappy01paper

日時: 2013年 5月 3日(金) 13:00~20:00
場所:草加商工会議所 3階 第1会議室
最寄: 東武伊勢崎線 草加駅 (東口徒歩12分)
    バスの場合は草加駅東口から東武バスで二つ目の
    停留所「商工会議所会館前」で下車
    路線は 草加09、草加10、草加13 路線図(PDF)
参加費:500円

「第3回ロボゼロ練習会」としてやるのかなぁ?
「第1回ロビ集会」とかやらないかなぁ(^^)?

とりあえず、ロビは持って行こかな?
みなさんに逢えるのが楽しみですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RFDuinoをプレオーダーしました

Safariscreensnapz052

KickstarterOpen source RFの指先サイズのArduino:「RFDuinoプロジェクト」というのが出ていまして、先日プレオーダーが出来るようになったため、何個かオーダーしましたhappy01paper

※Kickstarterとは2009年に設立されたアメリカ合衆国の民間非営利企業で、自社のウェブサイトにおいてクリエイティブなプロジェクトに向けてクラウドファンディングによる資金調達を行う手段を提供している

RFDuinoは、RF+duinoですから、無線(Bluetooth 4.0 LE)で通信可能なArduinoということですねhappy01

-----------------

-----------------

最近、SBDBTkonashi、techBASICを使って、BLEをやっていますが、ArduinoでBLEが使えるようになっちゃうんですねhappy01

BLE Shieldというのがありましたが、これはUnoサイズのシールドですけど、RFDuinoは本体にBLEが付いてて、かつ、指の上に乗っかるサイズですhappy01paper

私は、

  • Experimenters Dev Kit
    本体2個とシールド全種類
  • RFduino1個
  • Prototyping Shield2個
  • CR2032 Shield1個

買いましたhappy01 合計すると、$221で、送料は$20で、計$241でした。

えっと、オーダーしたからといって、すぐ手に入るわけではありません、私が注文したのが、4月6日だったんですが、その時点で8月発送は予定のようでしたpaper届くのは、まだまだ先、忘れたころに届きそうな。。

ーーーーーーーーーー

●RFDuino $21

Rfduino

●シールド

  • USB Shield Accessory Board $21
    Usb_2
  • RGB Pushbutton Shield Accessory Board $11
    Rgb
  • Servo Shield Accessory Board $13
    Servo
  • PCB USB Shield Accessory Board $20
    Pcb
  • Prototyping Shield Accessory Board $7
    Proto
  • Dual AAA Battery Shield Accessory Board $17
    Dualaaa
  • Single AAA Battery Shield Accessory Board $17
  • Singleaaa

  • CR2032 Coin Battery Shield Accessory Board $13
    Cr2032
  • microSD Shield Accessory Board $12
    Microsd
  • Dual Relay Shield Accessory Board $22
    Dualrelay

●セット販売

  • Teaser Kit $39
  • Project Dev Kit $99
  • Experimenters Dev Kit $173
  • Multi Project Dev Kit $253
  • Master Dev Kit $467

●リンク

-------------------

techBASICは、Byte Worksから出ている、iOS上でBASICプログラムを作って動かせるというアプリですhappy01paper 先日(4/12)に最新版v3.0が公開されました。日本語も使えるようになりより一層使いやすくなりましたscissors
techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

 

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第8号(地方版)で以前書いたもの

20130109_000843

※今日は週刊ロビ全国版の発売日です。この内容は、地方版が届いた時に書いたものを再度公開したものです。地方版なので、もしかすると全国版の内容と少し異なる点があるかもしれませんがご了承下さい。

週刊 ロビ」の第8号が1月8日に届きましたhappy01paper

さて、今回の組み立ては、 「頭部(外観)を完成させ、右ひじサーボのIDを設定する」ですsign01

  • 耳にパネルを取り付ける
  • サーボケーブルに保護シールを貼る
  • サーボにサーボケーブルを接続する
  • サーボのテストをする
  • サーボIDを書込む

ですpaper
Screensnapz041

----------

----------

  • 頭部の外観完成ですね。ただ内部をやる時にまた分解する必要がありそうですよね。締めるネジは最小限にしときました。
  • サーボのIDの変更のやり方が前回試した通りですね。今回のサーボは18番に設定しました。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

konashiをtechBASICで使ってみよう(2)

20130303_145039x

techBASICの新しいバージョンが公開されましたが、「konashi SDK for techBASIC by Micono」も少しだけ変更したものをアップしました。更新内容に関しては、以下をご覧下さい。

konashiをされる方は、基本プログラムをされる方でしょうから、釈迦に説法になってしまうのですが、簡単なマニュアルを作成してます。全然未完成なんですが、その作りかけのマニュアルも入れてあります。が、マニュアルで使ってる図をブログに載っけておきますねhappy01paper

●全体構成
サンプルプログラムの基本的な構成は、図のようになっています。
Techbasic_ble_sample

●techBASICのBLE接続
接続の時に図の中の1〜8の順で進む感じです。
Techbasic_ble_sample2

●ダウンロード

  • konashi SDK for techBASIC
    (更新 2013/4/14)
    ※マイナーな更新はtweetだけにしときます。ご興味のある方は、@micutilをフォーローしといて下さい

●更新内容

  • 【新規】:まだ説明になっていませんが説明書を作成(中)
  • 【変更】:細かな所を変更しました。
    • System.showGraphicsが記述されてた位置
    • Start Scanが記述されてた位置
    • kOUTPUT,kINPUTの名称をOUTPUT_PIN, INPUT_PINに変更
  • 【変更】:isConnected(接続)を接続条件に使っていた部分を、それでは不適切な部分はisReadyを条件に変更した。
  • 【未完成】:少しやってみてはいますがI2Cのサンプルは完成していません。

----------

今回は以上ですhappy01paper

konashiに関しても、techBASICに関しても、まだ分からないこと沢山あります。バグや、変なところや、こうした方がいいなど、何かありましたら教えて下さいねhappy01paper

-------------------

techBASICは、Byte Worksから出ている、iOS上でBASICプログラムを作って動かせるというアプリですhappy01paper 先日(4/12)に最新版v3.0が公開されました。日本語も使えるようになりより一層使いやすくなりましたscissors
techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

 

●関連記事

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『舟を編む』を観てきました

舟を編む』を4月13日に観てきました(#13)
勝手に得点:5点(満点5)
Firefoxscreensnapz019
約一ヶ月ぶりに映画を観ました。今年に入って13本目、今年に入って初めて5点付けたかなぁ??面白かったです。

舟を編むは、ご存知の通り、2012年本屋大賞、年間ベストセラーが映画化されたものです。私は、本も漫画も、まず読まないので、これも読んだことありませんcoldsweats01読まないので、映画(やドラマ)はいつも雑念がなく新鮮な気持ちで観れますhappy01

それにしても、辞書を作るって、何十年も掛かるんですねぇ。知らなかったぁ。地道な作業だけど、やりがいがあり、面白そうですね。

そう言えば「NANAの時の、蓮と奈々だよなぁ〜」と思いつつ。
松田龍平くん、NANAの時は、なんかイマイチだったのに。今では龍平くん観たさに観る感じだよね。お勧めですhappy01paper

| | コメント (2) | トラックバック (0)

techBASIC v3.0 が 公開

Tb3top

techBASIC 3.0 が公開されましたhappy01

私はまだ試していませんが、ブログを書いておいたので、とりあえず公開しときますhappy01paper

3.0では、前々からリクエストしていた日本語に対応して頂けましたhappy01scissorsそのこともあって、β版から日本語のテストさせて頂いてました。日本語での不具合があったらごめんなさい見落としてますbearing

3.0で、フォルダと日本語対応になって使いやすくなりましたよねhappy01

新機能/不具合修正

  1. Subsボタン(iPadのみ)
    プログラム内の関数一覧が表示され、選択することで、その関数に簡単にジャンプできるようになりました。
  2. フォルダ対応
    ファイルをフォルダ分けできます。フォルダでファイル整理でき便利です。また、今回のバージョンでは沢山のフォルダが用意されていて、それぞれのフォルダの中に沢山サンプルプログラムが入ってます。
  3. エイリアス対応
    「移動」の操作の際、コピー、移動、エイリアスが選べます。例えば、「良く使うプログラム集」フォルダとか、ひとつのファイルを、何個かの別カテゴリ集めておける便利さがあります。
  4. ファイル、フォルダ、コメント文、プリント文、ボタンなどで日本語(UTF8)に対応
    これまで、日本語キーボードにするだけでも、ハングアップしてましたが、今回のバージョンアップで、日本語(UTF8)対応になりました。やっぱ日本語でコメント書けるのは便利です。
  5. HTTPパスワード サポート
  6. iTunesのサンドボックスへ入れたプログラムの読み込み 修正

Tb3ss

※スクリーンショットは正式版でなくv3.0b6です。

-------------------

techBASICは、Byte Worksから出ている、iOS上でBASICプログラムを作って動かせるというアプリですhappy01paper
techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

 

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

lecca FanBook 「I make Music, What makes me」が届いたよ

Img_3117

leccaのファンクラブで先行受注販売されてた、ファンブックが昨日届きましたhappy01heart04

タイトル:I make Music, What makes me
価格:¥2,500(送料別)
サイズ:257mm×183mm

中は、リハ風景や、書き下ろしエッセイ、lecca本人によるメンバー紹介、撮りおろし写真などhappy01もっともっといろんな写真が見たかったと少し物足りなく感じましたけど、ファンだと、ま、こんなもんかと許してしまうのであるcoldsweats01

ネットで購入したので送料が600円くらいかかりましたが、lecca LIVE TOUR 2013 “ZOOLANDER ~extra innings~”の物販で買えるんですねhappy01

物販の販売開始時刻は、会場によってことなるんですね
4月14日@宮城 Rensa 15:00~
4月21日@広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO 15:00~
4月23日@兵庫 神戸 VARIT 16:30~
4月27日鹿児島 CAPARVO HALL 15:00~
4月29日@熊本 DRUM Be-9 V1 15:00~
5月2日@新潟 LOTS 16:30~
5月10日@神奈川 CLUB CITTA’ 16:00~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「週刊 ロビ」 第7号(地方版)で以前書いたもの

20121223123718

※今日は週刊ロビ全国版の発売日です。この内容は、地方版が届いた時に書いたものを再度公開したものです。地方版なので、もしかすると全国版の内容と少し異なる点があるかもしれませんがご了承下さい。

週刊 ロビ」の第7号が12月23日に届きましたhappy01paper

さて、今回の組み立ては、 「頭部をヘッドスタンドに取り付け、首を動かす」ですsign01

1、左耳に裏側カバーを取り付ける
2、耳を頭部に取り付ける
3、ボディーに頭部を取り付ける

ですpaper
Screensnapz040

あと、「首を振らせてみよう」ということで、やり方が書いてあります。

1、バッテリーボックスの電源を入れる
(テストボードのLEDの点減が終わったら)
2、「TEST/SET」スイッチを押す
(首が左→右→正面と振る)
3、バッテリーボックスの電源をOFFにする

ですpaper

  • 耳を頭部に付けるに関しては、またネジを外すかもしれないので、締めるネジは1本だけにしておきました。
  • 首を振らせることは、すでに前回6号の時にやってしまいました。

----------

----------


●次回は1月9日ですが「サーボのIDを設定する」とあります。テストボードに番号が付いているので、テストボードだけで設定を変えられる仕組みになっているんでしょうね。RS3XXシリーズのサーボとしてコマンドは同じでしょうから、パソ等と繋げれる様なコネクターを作ってパソからもあれこれ出来るようにして起きたいなぁ。

とりあえず、テストボードでサーボのIDを変えてみる為にゴニョゴニョやってみました

oneIDを変更する

  1. バッテリーボックスの電源を入れる
    (テストボードのLEDの点減が終わったら)
  2. UpまたはDownのボタンを(何度か)押してLEDの点灯が目的の番号になるように合わせる
    (図の場合は20と4のLEDが点灯していて24を意味していると思われる)
  3. 「TEST/SET」スイッチを20と4のLEDが点減しだすまで長押しする
    (点減しだしたら、指を離す。しばらくすると点灯に変わる)
  4. バッテリーボックスの電源をOFFにする

20121223132354

twoIDが変わったかチェック

  • バッテリーボックスの電源を入れる
    (LEDはになっている)
  • 「TEST/SET」スイッチを押す
    目的のIDを示すLEDが点灯しサーボが動く)

もしまねする場合は自己責任でお願いしますrock

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第14号 (地方版)

Img_3115

週刊 ロビ 14号 (地方版)が、今日(4/7)に届きましたhappy01paper
14/70号で2割完成ということになります。

今回の組み立ては「右ボディに右腕を取り付ける」です。

  1. 右腕をボディに差し込む
  2. サーボと右腕を固定する

です。

-----------------

-----------------

これまで、これといって難しいところはなかったんですが、今回の上腕のサーボと肩のサーボのコネクターを付けるところは、狭い所で作業しなくてはいけなく、結構難しかったです。

右上腕がボディと繋がり、右上肢がほぼ完成ですhappy01sign01

20130407_134934

で、以前、上肢の2つのサーボをロングパケットで動かしてみたんですけど、鏡像の頭部のサーボと、今回の肩のサーボと計4つを動かそうと思い、鏡像と合体させてみましたhappy01paper

動かす所までやりたかったんですが、時間切れとなってしまいましたので、またの機会に動かしてみてブログに書きたいと思いますpaper

20130407_143104

さて、次回15号は4月23日発売です。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「ServoTester for Robi」というソフトを作ってみた

Icn_servotester_for_robi_128 「ServoTester for Robi」というソフトを作ってみました。
週刊ロビのテストボードと同等のことをパソコンから行えるようにソフトウエアを作ってみました。どっちが面倒でないかは微妙ですが、ご興味があれば使ってみて下さいhappy01

ダウンロードはこちらのページからできます。

なお、サーボとコンピュータを接続し、本ソフトウエアを動かす為には、以下のものが必要になります。

oneUSB-シリアル(TTL)変換アダプターの購入
 例えば

twoRS308MDとアダプターを繋ぐケーブルを自作

three半2重回路

●さらに高機能なソフト
ServoTester for Robiは、サーボのテストとID変更しかできませんが、もう少しいろいろできるソフトも作ってますので、こちらもご興味があれば使ってみて下さい。

●免責
このソフトウエアのご利用は各自の責任において行って下さい。
私は一切の責任は負いません。

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA @ 茨城県民会館 へ行ってきました

Img_3111
毎回のことでファンの方には申し訳ありませんが、このブログのアクセスカウントアップのためだけに吉井くんの名前を利用させて頂いておりますがcoldsweats01、吉井和哉くんの「GOOD BY YOSHII KAZUYA」というライブツアーへ行ってきましたhappy01paper

吉井くんのライブは、今回で、14〜16回目くらいかな?なんだかここ半年の間に3回も行ってるhappy01sign01

今回は地方で9列目でまぁまぁ前の方でした。吉井くんのことは特別LOVEheart04ではないので、何列目でもいいんですが、まぁ前の方にこしたことはないですよねhappy01(ライブハウスではつぶされるので前には行きませんけど)

ファンでなくともこの約10年間毎日のようにiPodで聞いてるのでソロになってからの曲は大概聞いたことありますが、イエモンの頃の曲はベストに入ってる曲程度しか知りませんのでよくわかりませんが、今回はデビュー曲?とか、インディーズの頃の曲?とか辺りの曲も歌ったようです。

あと、アコースティックな曲も30分〜45分程度やりましたし、約2時間半と普段より少々長めのライブですし、盛り上がらないライブはないですけど、地方なので会場小さくて、客観的に見ても、一体感あって良かったのではないかと思います。

今回がこのツアーの折れ帰り(半分)なんだそうです。たぶんチケットまだ完売でないところもあるのではないのでしょうかね?私が無責任にお勧めしても何の説得力もありませんが、まだこのツアーへ行ってないファンな方は、是非、たぶんお勧めなんだと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 の鏡像の頭部の回転をiPhoneで無線コントロールしてみた

-------------------------------------------

過去にやってきたことの応用ですが、
週刊ロビをiPhoneで無線コントロールしてみましたhappy01scissors

oneロビのサーボに繋げるケーブルを作る

twokonashi

threetechBASICでkonashiを使う
サンプルプログラムの中のPWM servo sampleのプログラムを使う

four配線

  • RS308MDに作ったケーブルを繋げる
  • サーボのシグナルをkonashiの5番に
  • サーボのGNDをkonashiのGNDに
  • サーボの電源をkonashiの5Vに
  • ロビの鏡像のバッテリーをkonashiのバッテリーのコネクターに(ちょくせつは刺さりません)

以上happy01sign03
ご興味があったら、自己責任でということで、やってみて下さい

-------------------

techBASICは、Byte Worksから出ている、iOS上でBASICプログラムを作って動かせるというアプリですhappy01paper
techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

 

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 地方版のパーツ(創刊号〜10号)

「週刊 ロビ」 (全国版)の創刊号〜10号までのパーツのページがありますが、同じように地方版のパーツの創刊号〜10号までの写真をまとめておきましたhappy01paper

  1. 全国版と【1】 右耳ベース が異なるかもしれません
    Screensnapz035
  2. 全国版と【1】 左ヘッドフレーム、【3】 右ヘッドフレーム が異なるかもしれません
    Screensnapz034
  3. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz036
  4. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz037
  5. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz038
  6. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz039
  7. 全国版と【1】 左耳ベース が異なるかもしれません
    Screensnapz040
  8. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz041
  9. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz042
  10. 全国版と同じかもしれません
    Screensnapz043

以前、『「週刊 ロビ」 地方版のバックナンバーを購入してみる』で、地方版のバックナンバーの購入方法を書きましたが、全国版な人も地方版は買えるハズなので、買い損ねたり、なかなか届かなかったり、予備が必要な場合、などの場合、地方版を買ってみるのもいいのかもしれませんねhappy01

いちおう、購入の際は、自己責任でということでお願いします。全国版と地方版のパーツや冊子の内容が同じか異なるかは、私は保証できませんので悪しからずhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 発送のお知らせ

「週刊 ロビ」 をデアゴで定期購読している場合、いつ届くのか待ち遠しいですよね。
今までで4つデアゴ商品を定期購読したましたが、どれも(関東圏の場合?なら、)奇数号の発行日の週の日曜日に届いてます。
滅多にズレることはないんですが、時々、ズレることがあるのでちゃんと届くかソワソワしちゃいますよねhappy01

で、デアゴのページで発送状況を知ることができますので、大半の方はご存知だと思いますが、とりあえず書いときますhappy01paper

oneデアゴのページへ行き「ログイン」する
Safariscreensnapz044

twoマイページの新着情報で、発送状況を見ることができます。
Safariscreensnapz046_2
とりあえず、4月6日(土曜日)ロビ14号が予定通り無事発送されてましたhappy01たぶん日曜日に届くと思います。伝票番号もあるので、郵送状況も追うこともできますscissors
Safariscreensnapz048

threeこのページをわざわざ見なくても、会員情報・マイページ設定でメールで発送のお知らせを受け取れるようにする設定もできますhappy01paper
Safariscreensnapz047

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近買ったもの(2013/3/1〜31)

3月はなんだかんだで使ってるかな?カードで落ちるのが10万はこえれるからなぁbearing

konashi

BLEなフィジカルコンピューティングなモジュール。約1万。ま、仕方が無いけどちと高い。

20130303_145039

●I/O (アイオー) 2013年 04月号

konashiとSBDBT32の記事があるぜ!

●Interface (インターフェース) 2013年 05月号

Bluetoothの特集。なんというか、イマイチに感じてしまった。

●LCD 2種類

ひとつ持ってるけど、さらに2つ買ってしまった。


●コンタクト

免許の更新があり、作り直した。遠くはよく見えるようになったが、近くが。。。老眼だぁ〜

●クツ3足

何故か今月、靴を3足も買ってしまった

●週刊ロビ 第12号、第13号


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第6号(地方版)で以前書いたもの

20121209231811

※今日は週刊ロビ全国版の発売日です。この内容は、地方版が届いた時に書いたものを再度公開したものです。地方版なので、もしかすると全国版の内容と少し異なる点があるかもしれませんがご了承下さい。

週刊 ロビ」の第6号が12月9日に届きましたhappy01paper

さて、今回の組み立ては、
「バッテリーとテストボードを取り付けサーボの動作を確認する」です。

  1. サーボモータにサーボケーブルをつなぐ
  2. バックカバーとテストボードを取り付ける
  3. バッテリーケースを取り付ける
  4. テストボードを使用する

の4工程でしたhappy01paper
Screensnapz039

----------

----------

さて、電源オンにして、テストしてみました。最初、うまく動かなくてサーボが壊れているのかと思いましたが、コネクターがしっかりさっさってなかったようで、ギュッとさしたら動くようになりましたhappy01

--------------

--------------

あと、RS308MDのサーボのコネクターのピッチですが、ハーフピッチでなく、1.2mm1.5mmピッチらしいですhappy01paper

ケーブルを自作した方はこちらを参考にして下さい

20121209234240

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »