« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

ServoTester for Robi v1.3.2 公開

Icn_servotester_for_robi_128 ServoTester for Robi v1.3.2を公開しました。

このソフトは、one週刊ロビのテストボードと同等のことをパソコンから行えるようにソフトウエアを作ってみました。USB-シリアル(TTL)変換アダプターを使って動かすことができます。またtwoロビのポーズを編集し、モーション作成する機能があります。

もし、ご興味があれば使ってみて下さいhappy01

このソフトのダウンロードはこちらのページからできます

●更新内容

  • 変更ポーズ作成ウインドウを、新しく届いた右足のサーボに合わせて更新
    Servotester_for_robiscreensnapz00_2

●モーションの作り方

  • サーボテスターのウインドウで「接続」をクリック
    Servotester_for_robiscreensnapz002
  • 「ポーズ&モーション」ボタンをクリック
    Servotester_for_robiscreensnapz001
  • つながっているサーボのみにチェックを入れる。
  • Autoをクリック。
    Servotester_for_robiscreensnapz00_2
  • 「Torque ON」になったら。スライダーを動かす。
  • ※もし半2重回路を使っている場合は、AutoOFF/トルクはOFFの状態で、ロビを手で動かしてポーズを作り「Read Pose」ボタンをクリック
  • ポーズを作ったら「Write Pose」ボタンをクリック(これを繰り返す)。
  • モーションウインドウに書かれたポーズの最初と最後に、TorqueON,TorqueOFFの文章を入れる(ボタンをクリック)
    Servotester_for_robiscreensnapz004
  • スタートボタンで動きます。

●必要なもの

なお、サーボとコンピュータを接続し、本ソフトウエアを動かす為には、以下のものが必要になります。

oneUSB-シリアル(TTL)変換アダプターの購入
 例えば

twoRS308MDとアダプターを繋ぐケーブルを自作

three半2重回路

●さらに高機能なソフト
ServoTester for Robiは、サーボのテストとID変更しかできませんが、もう少しいろいろできるソフトも作ってますので、こちらもご興味があれば使ってみて下さい。

●免責
このソフトウエアのご利用は各自の責任において行って下さい。
私は一切の責任は負いません。

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第31号

20130923_225550

週刊 ロビ 31号が、9/22に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「股関節(縦回転)サーボにIDを書き込み右脚に取り付ける」です。

  1. サーボにサーボケーブルを取り付ける
  2. サーボをテストし、IDを書き込む
  3. IDの書き込みを確認する
  4. サーボを右足に取り付ける

です。今回のサーボのIDは3でした。

----------

----------

下肢、外側がわと内側がわの写真を撮ってみましたhappy01
20130923_22590620130923_225926

さて、今回の組み立てのタイトルの股関節(縦回転)とは、股関節の屈曲・伸展ということですね。股関節の屈曲に作用する筋肉は腸腰筋で、伸展は大殿筋ですね。ちなみに大があれば中も小もあるんですが、中殿筋・小殿筋は、股関節の外転に作用します。
 

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RCBController 1.0.0 公開

●RCBController iOSアプリ

同じ画像が続いちゃってますが、ゲームパッドのインターフェイスを持ったBLE無線コントローラを「RCBController」という名前でAppStoreに申請してたんですが、アクセプトされて今日(27日)に公開になりましたhappy01paper

Itunesscreensnapz002

  • Service UUID: 0xFFF0
    • Characteristic UUID: 0xFFF1
      •  WRITE_WITHOUT_RESPONCE
  • ボタンを押すと以下の値が送信されます

Rcbcontrollervalue

●受信側BLE無線モジュール

受信側のモジュールに関しては、SBDBTを使ったRCB-3HV、RCB-4HV、HSWB-4Fのマイコンのロボットが動かせるサンプルファームを用意してます。これらのマイコンを使っている場合は、サンプルファームをそのまま使うのもよし、その他の機器の場合は、ファームをオリジナルのものに書き換えるのもよし、いろいろ応用が効くと思います。

SBDBTについて

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SBDBT BLE for RCB with techBASIC」更新 (2013/9/23)

Icon_ipad2x_2 似たタイトルで連日の公開となってしまいましたが 「SBDBT BLE for RCB with techBASIC」を更新しましたhappy01paper

SBDBT BLE for RCB with techBASICは、ゲームパッドのインターフェイスをもったBluetooth LEでデータを送信するtechBASICのプログラムです。

今回は、iOS7 と techBASIC 3.2が公開されましたが、それぞれで動作確認し、"SBDBT BLE for RCB.bas"の改良を行いました。

Img_3388

更新内容

  • メモリの代わりとして方眼用紙の画像を描画していましたが、techBASIC 3.2で非常に描画に時間がかかるため、コメントアウトしました。
  • 接続完了の判定の改良
  • ほか

●以前書いた関連記事

● ダウンロード

●使い方など

  • ソースは、techBASIC上でも、techBASIC AppBuilderで作ったAppでも、iPhone, iPhone (3inch Retina), iPhone (4inch Rechina), iPad, iPad (Retina)でも、縦向きでも、横向きでも使えるようにしてあります。
  • 画像データはGamepad like UIを使っていますので、こちらの記事を参考に設定して下さい。参考までに「Gamepad like UI v?.txt」も入ってます。
  • 目的のファイルは「SBDBT BLE for RCB v?.txt」です。このファイルをiPhone, iPadのtechBASICで読み込んで使って下さい。
  • ダウンロードしたソースコードやファームは、各自の責任においてご利用下さい。

●SBDBTのファーム

●SBDBTとtechBASIC

techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第30号

20130923_225533

週刊 ロビ 30号が、9/22に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「右ひざの関節を組み立てる」です。

  1. サーボケーブルを配線する
  2. サーボモーターを固定する
  3. 右ひざフレームを取り付ける
  4. 右すね内側カバーを取り付ける
  5. サーボケーブルに保護シールを貼る

です。今回くらいの組み立て作業が毎回あると嬉しいですね。

----------

----------

写真を撮ってみました(31号も組み立て済みの写真)happy01
20130923_230129

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

tBeditor v0.4 公開

Icn_tbeditor_128

tBeditor v0.4を公開しました。
techBASIC 3.2が出ましたが、今回の更新は3.2対応のリファレンスほかhappy01scissors

※tBeditorはtechBASICのByteWorksさん公認のtechBASICのためのエディターです。techBASICのソースコードを色付きで表示できます。

最近はtBeditorでプログラムして、メモ(マックのアプリ)にコピペ。自動的に同期するので、それをiPhone/iPadのメモで開いてtechBASICにコピペしてという使い方が多くなりましたhappy01

ご興味のある方は、自己責任で、ということで、ご利用ください。

ダウンロードは、こちらのページでできます。

【更新内容】

  • 【新規】:タブをスペースに変換する機能を追加
    Tbeditorscreensnapz005
  • 【更新】:techBASIC 3.2のリファレンスに対応
  • 【更新】:エディターエンジンをバージョンアップ

以上ですhappy01paper

過去の説明

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「SBDBT BLE for RCB」ファーム更新 (2013/9/23)

Img_2173_800

9/23 「SBDBT BLE for RCB」のファームを更新しましたhappy01paper

SBDBT BLE for RCBは、ゲームパッドのインターフェイスをもったBluetooth LEでデータを送信するiOSデバイスのプログラムで、その受信機となるSBDBTのファームです。

今回は、iOS7 公開されましたが、それによって一部改正が必要になったため修正し公開しました。

更新内容

  • データ受信のプロファイルをWRITEからレスポンスなしのWRITEに変更
  • タップした時LED1を点灯、離した時LED1を消灯するようにした。

●ダウンロード

●SBDBTとtechBASIC

techBASIC App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,300

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (15:ファンを付けてみた)

Img_3915

私は「TuxCase - Raspberry Pi Enclosure」のケースを使ってますが、ファンを付けたと言っても、少々このケース限定な内容も含みます。

●ファンの電源

ファンは、秋月の「DCファン 5V 25mm角」を買いまして、
P02480

  • 電源はP5の1番(5V)と7番(GND)から取りました。
  • ヘッダーピンは4X2列の直ピンを使うのではなく、1列だけL字のピンを付けました。
  • ファンからのケーブルは、私は圧着で手作りしましたが、ジャンパワイヤのメスのコードを切ってファンに繋げるのが楽チンかも

Img_3916

TuxCaseの蓋の改造
ファンをケースの中に入れようと思いました。ただ私はヒートシンクを付けてるので、ヒートシンクとファンが干渉してしまい、うまいことファンを付ける場所がありませんでした。で、蓋を2重にして中央のCPUの上にファンを蓋にネジ止めできるような蓋を作成しました(最初の写真)

紙が付いた状態ですが、蓋の下が、こんな感じ、GPIOは横から出す感じにしてます。
20130918_213551x

同じく紙が付いてますが、蓋の上が、こんな感じ。ど真ん中に、ファンの穴とネジを通す穴を作り、下の蓋の側面からGPIOの線を出すので、上の蓋にはGPIOの穴は塞いでます。
20130918_213528x

あと、ついでに文字も入れましたhappy01
20130918_215517x

蓋の図面は、製造元のページに「acrylic_cover_V1e_and_floor_v3e.svg」をダウンロードできますので、それを元にillustratorで作成しました。

ただ、そのsvgファイルをそのままillustratorで開くと、25%大きくなってしまいます。そこで、

  • svgファイルをInkscapeで開く
  • それをPDFで保存する
  • そのPDFをillustratorで開く

と、正しいサイズで読み込まれますhappy01

実際に作成を依頼したのは、「工房Emerge+」さんのところで、テンプレートに従って図面を作って依頼しました。こういったことはじめてやるので分からないことだらけでしたが、むちゃくちゃ親切にあれこれ教えて頂きました。
Adobe_illustrator_ccscreensnapz002

このaiファイルのダウンロード する。

この図だと、3種類A5サイズに作ったため、それぞれの隙間がアクリル板の厚み以下にしか並べられなかったんですが、なんとかやってもらえましたhappy01あ、ちなみにアクリル板の厚みは3mmです。

お値段は、2013/9/12の時点では

アクリル押出透明3mmA5サイズ:¥225
レーザー加工A5サイズ:¥1,000
小計:¥1,225
消費税:¥61
送料:¥180
お支払い:¥1,466

でした。

あと、この蓋とファンのネジですが、ハンズで、M2.6x8とM2x15のネジを買ってきて、それぞれ蓋とファンを止めました。ただし、M2.6x8はアルミの方のネジ山とちゃんと合わないので注意して下さい。

20130918_215505x

●温度

さて、実際の温度ですが、ヒートシンクだけだと50度前後のところ、このファンを取り付けた結果、40度前後になりましたhappy01paper

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (番外編:スイッチ付き電源化)

電源のページに追記した内容を、こちらでコピペしておきます。

電源スイッチがあった方が便利だなぁと、Raspberry PI用スイッチ付USB電源ケーブルも買ってみましたが、コードが長くて太くて邪魔っけに感じて、結局、今は、iPhoneのアダプター&USBスイッチ付コネクタmicroUSB巻き取り式ケーブルで使ってますsign03やっぱmicroUSB巻き取り式ケーブル グ〜goodUSBスイッチ付コネクタ グ〜ですsign03これは使えますsign01何個か買う場合はここいいかもpaper
20130917_215830x

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (番外編:ヒートシンク追加)

これまで、ビクトリーセブンさんのRaspberry Pi専用 銅製ヒートシンク2個セットを付けていたんですが、アンドロシティさんのRaspberry Pi用ヒートシンクセットを購入したので、ヒートシンクのページに追記しました。その内容を、ここでも書いておきます。

小さなアルミ製のヒートシンクを付けました。
20130915_230759x

さらに、USB端子の上に銅製のを付けてみました。

20130915_230816x


Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (番外編:microSDカードアダプター)

この前(といっても9月の初め)、「Raspberry Pi」で何やろぉ (3:SDカード)に、新たに購入したmicroSDアダプターに関して追記したので、内容をここでコピペしておきますcoldsweats01paper

スイッチサイエンスさんの「Raspberry Pi用 短いmicroSDカードアダプタ」の在庫切れなくなったので、早速注文しました。何個かのmicroSDカードを使い分けたりしているためmicroSDカードの差し替えの度にケースのネジを外してケーブル類を外してと、とても面倒でした。

20130904_211753x

アダプターの幅も広いし、microSDカードも少しはみ出します

20130904_212107x

ビクトリーセブンさんのはぴったり納まるけど、

20130816_223508x

ラズベリーパイに装着してみました。基板から少しはみ出します。
20130904_212215x

ケースに入れてみました。私の使っている「TuxCase - Raspberry Pi Enclosure」には、はみ出さずに装着できますhappy01これでmicroSDの交換が楽になりましたscissors
20130904_212347x

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『劇場版ATARU The first love & the last kill』を観てきました

劇場版ATARU The first love & the last kill 』を9月14日に観てきました(#31)
勝手に得点:4.5点(満点5)
Safariscreensnapz055
ふざけ過ぎとも言えるのかもしれませんが、笑えるシーン好きなので、そう言ったシーンが多くて、とても面白かったですhappy01反面、堀北真希ちゃんだけ、犯人役で、ふざけられない役柄なんで、差があって、何となく浮いた感じが少しきになりましたが、それはどうしようもないから仕方がないですよね。

普段は当日に席を取ってるんですが、ATARUは連休初日ということもあったのか、公開3日目でかなり席が埋まっていたので、私も3日前に予約いれました。人気なんですね。びっくりしましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (14:GPIOブレッドボード接続キット)

20130825_144503x
どう呼んでいいのか分かりませんが、今日はRaspberry PiのGPIOポートとブレッドボードとを繋げる為のリボンケーブルと基板のキットに関してですhappy01paper

以下のようなのが売ってました

こういうのを使わなくても十分使えるんですが、形から入るタイプなので、私は、Adafruit Raspberry Pi用ブレッドボード接続T型基板キットを購入しましたhappy01paper

  • ケーブルはグレーでなく黒いのが付いてきました。
  • 組み立てにはパーツはバラバラなのでハンダ付け作業が必要です。

20130825_141852

三角形印のところが同じところに刺さる向きにさして、

20130825_141943

傾いてハンダ付けされないように輪ゴムで止めします。何カ所かのピンをハンダ付けしたら、輪ゴムを外して、残りの部分をハンダ付けします。
20130825_142057

ヘッダーピンも同じように輪ゴムで止めますが、ヘッダーピンは垂直方向にも傾いて付いてしまったりするので、ブレッドボードにさした状態で何カ所かハンダ付けしてから、輪ゴムを外して、残りをハンダ付けします。
20130825_143134

完成!

20130825_144503

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第29号

Img_3888_2

週刊 ロビ 29号が、9/8に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「右ひざサーボのテストを行い、IDを書き込む」です。

  1. サーボにサーボケーブルを接続する
  2. サーボをテストし、IDを書き込む
  3. IDの書き込みを確認する

です。今回のIDは4番でしたね。

----------

----------

いちおう、軽くサーボをさして写真を撮ってみましたhappy01

Img_3890

さて今回も少し解剖学です。「ひざ」は漢字で「膝」ですね。音(おん)読みで「シツ」と読みますので、ひざの関節のことを「膝関節(しつかんせつ)」と言います。膝にはひざ 小僧の骨があります。ひざ小僧の骨は。「膝蓋骨(しつがいこつ)」といいます。膝を蓋する骨ってことですねpaperこの骨はもともとはももの前の大腿四頭筋の一部分が骨になってしまったものです。こういった筋や腱の一部分が骨化した骨のことを「種子骨(しゅしこつ)」といいます。膝を曲げる時、鋭角に突出するので筋や腱のままだと簡単に傷ついてしまうため、筋や腱の一部分を骨化することにより、動きをスムーズにしています。

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (13:スクショを撮ってみる)

scrotと言うコマンドライン用スクリーンキャプチャーアプリを入れてみましたhappy01paper

scrotという名前はScreen Shotのから付けられたようですが、私としてはscrotumをイメージしちゃってな〜んか変な感じがしますcoldsweats01

●機能

  • 画面を画像ファイルとして保存します
  • コマンドラインから起動させます
  • 選択範囲内の画像、フロントウインドウの画像といった指定もできます
  • マウスカーソルは写せません

●インストール

  • sudo apt-get install scrot

●基本的な使い方

  • scrot:画面全体を撮ります
  • scrot -d5:5秒後に画面全体を撮ります
  • scrot -u:フロントウインドウを撮ります
  • scrot -s:マウスで指定した選択範囲内を撮ります
  • scrot -u -d5:5秒後にフロントウインドウを撮ります
  • scrot -u -b -d5 -c:カウントダウン表示しながら5秒後にフロントウインドウをウインドウの枠付きで撮ります

●観てみる

保存された画像ファイルは、ホームの中に保存されてます。右クリックのイメージビューアで開いて観てみて下さい。

20130908201828_1824x984_scrot

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第28号

Img_3887

週刊 ロビ 28号が、9/8に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「右すねの外側を組み立てる」です。

  1. すねのパーツを取り付ける
  2. サーボケーブルに保護シートを貼る

です。

----------

----------

今回も少し解剖学を。

この号で表現している「すね」とは「下腿」のことですね。下腿は膝から足首までの間の部分をさします。あと「外側」は「そとがわ」ではなく、「がいそうく」と発音します。その反対の「内則」も「ないそく」と発音します。覚えておきましょう!happy01

Img_3889_2

今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キャプテンハーロック』を観てきました

キャプテンハーロック 』を9月7日に観てきました(#30)
勝手に得点:6.5点(満点5)
Safariscreensnapz053
テレビ版のハーロック。大好きだったので、という理由だけで観ました。全然期待してなかったんですが、凄く良かったです。迫力あったし、格好良かったし、ストーリーも良かったのではないかと思います。
勝手に得点も今年初の5点越え!かつ、ハーロック好きなので、これまでの最高点の6点越えの6.5点を付けさせて頂きましたsign03happy01paper

あ、最後って、地球に着陸したから、地球のブラックマターを再集積して復活したって感じでしょうかね?いまいち理解できてない。もう一回観たいlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日経Linux2013年10月号でSBDBT/SBBLEが紹介されてましいた

日経Linux2013年10月号でSBDBTを使った記事が紹介されたということで、購入させて頂きましたhappy01

紹介されていた記事では、カチューシャにフルカラーLEDを付けて、スマートフォンから輝かせるという、「輝くカチューシャ」の作成例で、Bluetoothの通信にSBDBTを使って通信していますhappy01スマートフォンは、iOS, AndroidのサンプルコードがGitHubで公開されています。

さらに、Androidは4.3ではBLEをサポートするようになったので、SBBLEを使った場合のことも書かれていますhappy01

BLEに関しては、SBBLEを使った「SBDBT BLE」というAndroidのサンプルアプリもAndroid Playからダウンロード可能です。

Unnamed

また、そのソースコードも公開されていて、ダウンロード可能になっています。

Androidは4.3&Bluetooth 4.0を積んだAndroidマシンを持っていませんので、自分自身でSBBLEをAndroidで試すことができないんですが、現時点で、新しく出たNexus7 (2013)くらいでしょうかね??

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (12:無線LAN化)

20130831_235232x

USB無線LANアダプターで無線化してみました。

写真は、左から、

  • Planex GW-USLight (150Mbps)
  • BUFFALO WLI-UC-GNM2T (150Mbps)
  • Planex GW-USEco300 (300Mbps)

です。3つとも機能することを確認しましたが、スピードは実測ではないんですが、体感的には、どれも変わりがない印象でした。

持ってないですが、300Mbpsより速いのを使うと、速さを体感できるんでしょうかね?


●WiFiの設定
いっかい設定すれば、他のドングルを挿しても、再設定する必要なく動いてくれました。

  1. WiFi Configを起動
    Wifi00
  2. 「Scan」をクリック
    Wifi01
  3. 「Scan」をクリック
    Wifi02
  4. 目的の無線LANをダブルクリック
    Wifi03
  5. PSKにパスワードを入力
  6. 「ADD」をクリック
  7. 完了
    Wifi04

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (11:日本語化)

今回は、日本語入力システムを設定して、日本語入力可能な環境を設定したいと思います。入れるインプットメソッドは、Anthy(アンシー)という、LGPLでライセンスされたフリー日本語入力システムです。

one言語環境をja_JP.UTF-8をデフォルトにする

  1. Terminalから
  2. sudo raspi-config
  3. Internationalisation OptionsのChange Localeを選択

Config05

twoインプットメソッドのインストールと日本語フォントの追加

  1. sudo apt-get install ibus-anthy
    (インプットメソッドのインストール)
  2. sudo apt-get install fonts-takao
    (日本語フォントの追加)
  3. sudo shutdown -r now
    (インストール後再起動)

threeインプットメソッドの選択と追加

  1. 日本語入力アイコンから「設定」
    Jp10
  2. 「インプトメソッド」タブを選択
  3. 「インプットメソッドの選択」→「Anthy」
    Jp11
  4. 「追加」を選択
    Jp12

four一般設定

  • キーボードの切替を「Control+space」に
  • 言語パネルの表示を「アクティブであるとき」に

してます

Jp13

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Arduino関連の本を買いました

8月31日の話ですが「作って遊べるArduino互換機 」と「ボクのArduino工作ノート 」のArduino関連の書籍を2冊を買いましたhappy01


作って遊べるArduino互換機 」は、本屋さんで、特別に付録が付いていて、Uncompatinoの基板が1つおまけについてきてて計2つの基板と、CDが付いてました。あと「ボクのArduino工作ノート 」は全文のPDF等が入ったCDが特別に付いていました。※アマゾンで買うと特典は付いてこない可能性が高いです。

Uncompatinoのパーツは、秋月で1000円で買えるので、計2セット注文しましたhappy01paper

で、ひとつは3.3Vにするために

  • 低損失三端子レギュレーター 3.3V800mA NJM2845DL1-33
  • 0.33μF積層セラミックコンデンサー
  • 100μF電解質

あたりも合わせて注文しましたhappy01

これまで買ったArduino関連の書籍は、


です。Japaninoが付いてた「大人の科学」は書籍って感じではないですけどね。兎に角、少しArduinoを勉強しようかと思ってますhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi」で何やろぉ (10:OSインストール)

Raspbian_logo

NOOBSをコピーしたSDディスクを使ってOSのインストールおよびインストールしたOSの起動したいと思います。インストールするOSはRaspbianにしようと思います。

●電源を入れる
Raspberry PiにSDカードを挿し、モニター、キービード、マウス、(LANケーブル)を繋げて、電源となるmicroUSBを挿して起動します。

●言語を選ぶ
電源をいれると起動し、言語を選択する画面が出てきます。日本語を選択しました。
20130818_080854x

●Raspbianを選択

  1. Raspbianを選択
  2. 「イメージの復元」をクリック
  3. メッセージが出たら「はい」をクリック

20130818_080929x

Raspbianのイメージの書き込みが始まります。

20130818_081010x

●初期設定

無事インストールが終わると、OSが起動し始め、初回は初期設定プログラムが立ち上がりますので、各種設定を行います。

  1. 矢印キーで上下させ項目を選択
  2. TABキーを押すごとに「Select」、「Finish」、「非選択」が繰り返す
  3. 「Select」を選んで「リターン」キーで選択できます

Config00

とりあえず、

といったところを設定しておくと良いかもしれませんが、後から「sudo raspi-config」で再設定可能です。

  • 「Finish」を選択

すると、Raspbianが立ち上がりますhappy01paper

いちおう、頻繁に使うコマンドを書き上げておきます。

  • sudo raspi-config (初期設定)
  • sudo apt-get update (OS更新情報を更新)
  • sudo apt-get upgrade (OSを更新)
  • sudo shutdown -h now (シャットダウン)
  • sudo poweroff (シャットダウン)
  • sudo shutdown -r now (再起動)
  • sudo reboot (再起動)
  • sudo apt-get install ???? (インストールする時)
  • startx (GUIデスクトップ)

Raspberry Pi資料館@ROBOMIC(ブログ)

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『謎解きはディナーのあとで』を観てきました

謎解きはディナーのあとで 』を8月31日に観てきました(#29)
勝手に得点:4点(満点5)
Safariscreensnapz052
テレビシリーズを観てたので、バカらしさは分かっているので、期待しすぎることなく観れたので、十分面白かったですhappy01最初、テレビと同じ程度なのかなぁ〜と思いましたが、とりあえずはテレビシリーズよりは凝った内容と映像になっており、満足できました。とは言いつつ、テレビで放映されるのを観れば十分かと思いますので、お目当ての方が出てるとかでなければ見に行くことはないかなぁと感じましたrock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第27号

20130826_222741

週刊 ロビ 27号が、8/25に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「右足首の関節と足を組み立てる」です。

  1. 横回転サーボを取り付ける
  2. 縦回転サーボを取り付ける
  3. 右足カバーを取り付ける

です。今回は少しやりごたえがありましたねhappy01

----------

----------

20130825_155503

さて、下手糞でで適当ですが、ロビのサーボのコネクターのアダプター作成の動画を作ってみました(というか単に撮っただけ)。ルーペ越しに録画しましたが、小さいですね。画面一杯に拡大すると少しは見えるかな。
-----------

-----------

今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »