« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

「Maker Faire Tokyo 2013」 来て下さい

Maker Faire Tokyo 2013

今年のMaker Faire Tokyo 2013は、11月3、4日ですねsign03

予定は、

日時

  • 2013年11月3日(日)12:00~17:00
  • 2013年11月4日(月・祝)10:00~17:00(予定)

会場

  • 日本科学未来館 東京都江東区⻘海2-3-6
  • タイム24ビル 東京都江東区⻘海2-4-32

入場料

  • 前売:大人 1,000 円、18歳以下 500円
  • 当日:大人 1,500 円、18歳以下 700円
  • チケットはプレイガイドにて 9 月中旬から発売開始予定
  • ※ 小学校未就学者は無料
  • ※ 期間中1日限り有効

プレイガイド:イープラス(QRコード)NEW!
前売チケットご購入はこちら

  • 主催    株式会社オライリー・ジャパン
  • 共催    日本科学未来館、東京港埠頭株式会社

Twitterハッシュタグ    #mft2013

です。

で、今年もMakeに行きますよsign01てか、今年はROBOMICで出展申し込みしちゃいましたshine

申し込みは、うおーるぼっとのじぇーけーそふとさんSBDBTのランニングエレクトロニクスさんと、私とで、申し込んで、もし通らなかったら、それぞれ一緒にという感じでした。

で、私は見事、落選しちゃいましたcrying

ということで、じぇーけーそふとさんのブースで一緒にやることになりましたので、11月3、4日は、じぇーけーそふとさんのブースにいますので、是非、遊びに来て声かけて下さいhappy01paper

今年の会場は、日本科学未来館と、タイム24ビルの2カ所に分かれていて、まだ出展者情報が発表されてないため、ブースがどの辺りになるのかわからないんですよね〜bearing

  • 出展者リスト(さーそ
  • 会場:タイム24ビル
  • 地図(図はクリックすると拡大します)
    Accesswalk
  • ホール1
    Floormaphall1
  • ブース:X-19 じぇーけーそふと
    Photo

是非!遊びに来て下さいsign03

そうそう、先日、落選した人に、招待券が届きました。なんか嬉しかったですhappy01でも、来年もできれば出展申し込みします。来年こそは合格だsign01
20131011_205156

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うおーるぼっと」で遊ぼ(2)

Img_0847x_2

うおーるぼっと」は、壁を走るロボットベースボードです。

前回、電源のことを少し書きましたが、結局まだやってません。今回は、iPhone、iPadを使ってうおーるぼっとをコントロールするためのファームを紹介しますhappy01paper

うおーるぼっとは、mbedまたはREWBPICを使ってWiiリモコンでコントロールすることができますが、ファームを入れ替えることで、iPhone, iPadでもコントロールできるようになります。

操作側のiOSアプリは「RCBController」というのをAppStoreからダウンロードして下さい。

onembedの場合:mbedの場合のファームの入れ替えは簡単ですよねhappy01mbedをコンピュータにさして、マウントされたメモリーにファームをコピーするだけです。

RCBController」用のファームはrobo8080さんが作っておられます。こちのリンク先らからダウンロードして下さい。

twoREWBPICの場合:ファームの入れ替えには

  • PICKIT3が必要ですねcoldsweats01
  • REWEBPICにはPICKIT3を挿すためのピンを付ける
  • コンパイルおよびファームを焼くためのソフトウエアとしてMPLABをインストール

といったことが必要です。少々敷居が高いんですが、なれれば便利ですよhappy01

RCBController」用のファームは、こちらのリンク先からダウンロードして下さい。またHEXファイルの書き込み方は、こちらのページを参考にしてください。

three操作
RCBControllerの左側の十字キーで前後左右で、前進、後退、左回転、右回転ができます。
20131012_065403

さらに、ver1.1では、以下の操作ができるようになります。

  1. 十字キーの上下左右で、前進、後退、右回転、左回転します。
  2. アクセラレータ左アナログで、Aボタン+デバイスを前後左右に傾けることで動かします。
  3. アクセラレータONで、Aボタン+デバイスを前後左右に傾けることで動かします。
  4. 左右ともにアナログで、それぞれのアナログの前後が左のタイヤ、右のタイヤの動きになります。

20131012_065423

接続について

  1. うおーるぼっとの電源を入れる。
  2. RCBControllerを起動する。
  3. もしうまく接続できなかったら中央の「赤」ボタンを押し直して下さい。

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『そして父になる』を観てきました

そして父になる』を10月12日に観てきました(#34)
勝手に得点:4点(満点5)
Safariscreensnapz072
面白かったです。大してごたごたとしたシーンもなく、どちらかというとやんわりと進んでいきます。群馬には12年、前橋には計7年住んでいたので風景も懐かしくて良かったですhappy01
ただ群馬育ちであろう人たちが群馬弁じゃないんだよね〜、関西弁風なしゃべりもあって、そこが気になって仕様がなかったです。
ラストは、「たぶん...なんだろうな〜」とは思いますが、こういったハッキリ描かないのは好きじゃないので4点にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「体のふしぎ」 vol.2

20131009_222249

体のふしぎ」 vol.2が10月9日に届きましたhappy01paper

2号のパーツは、頭蓋冠と脳の正中断の左側です。

脳を正中断した左側。頭蓋腔の内側におくだけ。
20131010_211714

あと、頭蓋冠。

20131010_211634x

頭蓋冠を付けてみました。
つなぎ目がピッタリじゃなくて作りが悪いですconfident

20131010_211517

創刊号は、190円。2号は690円、3号以降は1190円で、全82号のようです。
とりあえず、創刊号が190円であることと、1号、2号で頭蓋骨ができあがりそうなので、2号まで買いました。それで2号までのつもりでしたが、頸椎が欲しくなったので、3号も予約注文しましたhappy01

あれこれ

  • P4:胸骨は体の中でもっとも固い骨なんだぁ
  • P4:「尾てい骨」:「てい」はいらない。尾骨でいいでしょう。
  • P4:腰椎のとこ:「肋骨とはつながっていません」:「肋骨はつながってません」とか、「肋骨はありません」とか、「肋骨がくっついちゃってます」とか言った方がよいかな。腰椎に肋骨が付着してできた所を肋骨突起といいます。
  • P6:椎骨を本で数えるのはなんか変。個の方がいいでしょ。
  • P7:胸郭:胸郭は、12対の肋骨+12個の胸椎+胸骨によって作られる胸の空間のこと。
  • P7:胸郭:次の3対の肋骨は「仮肋」とよばれ...:仮肋は浮遊肋を含めた5対かな。
  • P8:「22個の骨が合わさって」:頭蓋骨は15種類23個。もし「舌骨」を頭蓋骨に混ぜなければ14種類22個です。
  • P8:頭がい骨(ずがいこつ):一般的には「ずがいこつ」と言うが、(人の)解剖学では「とうがいこつ」と言うことが多かったりする。
  • P8:鼻腔(びこう):「腔」は本来「こう」と読むが、(人の)解剖学では慣習的に「腔」はすべて「くう」と発音する。
  • P9:「耳骨」:「耳骨」という言い方は初めて聞いた。(人の)解剖学では耳小骨という。※この3つの骨は頭蓋骨の骨の数には入れてません。
  • P12:「脊椎」:P12に限らず、脊椎と何度も出てきてますが、なんとなく脊椎=背骨のような書き方に思えます。正確にはたぶん脊椎=椎骨で、脊椎は、背骨を構成するひとつひとつの骨、つまり椎骨を意味します。その椎骨がつながって出来上がっている背骨のことは、「脊柱(せきちゅう)」と言います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第33号

20131006_203608
週刊 ロビ 33号が、10/6に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「右股関節(横回転)サーボをテストし、IDを書き込む」です。

  1. サーボをテストする
  2. IDを書き込み、確認する

です。

----------

----------

今回、サーボを取り付ける作業はなかったんですが、コネクターを繋げて、これまで作ってきた下肢の部分にネジ止めしてみました。ただ、ネジ止めできる部分は片方だけで、もう片方のネジがなくなってしまわないように、外した蓋を、反対向きにネジ止めしときましたhappy01

20131006_203318

今回のサーボは、股関節の横回転を行うサーボですね。この動きは股を開いたり閉じたりということになりますが、この様な運動を内転と外転といいます。

股関節では、

  • 短内転筋、長内転筋、大内転筋、薄筋、恥骨筋といった筋が内転を
  • 中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋といった筋が外転を

行っていますhappy01paper

中殿筋、小殿筋という筋が出てきましたが、中と小があるなら、大もあるはずですよね。大殿筋は、股関節の伸展を行っていて、動く方向が違っているんですよねhappy01

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」パーツ交換のお知らせ

20131006_203631

前々から話題になっていた。黒パーツが原因に寄る白パーツの変色ですが、具体的な予定に関してチラシが入っていました。

  • 下肢
    • 24号以降のパーツは既に改良済みの黒パーツで交換は必要ないようです。
  • 上肢と胸のパーツ
    • SDカードを使って肩や腕、足のサーボの動作を確認するタイミング
    • 51号 2014/2/10
  • 頭部のパーツ
    • 目のセンサーを内部に収納するタイミング
    • 61号 2014/4/22

地方版をやってる人は、頭の改良に寄る交換があったので、またまた交換ですね。

けど、普段あまり組み立て作業がないから、少しでも増えるのは嬉しいかも。あと、交換したパーツを使って色塗ったりの練習でもしてみよっかなhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mbedを買いました

20131001_211949

うおーるぼっとを手に入れたので、ずーっと手を出してなかったmbedもとうとう手を出してしまいましたhappy01

いちばん一般的な「mbed NXP LPC1768」と、秋月で100円、スイッチサイエンスで210円で売ってる「LPC1114FN28」を買いましたhappy01

まだまだ全然わかってないですcoldsweats01

mbedはARM社のプロトタイピング用ワンボードマイコンおよびそのデバイスのプログラミング環境です。mbedの名前の由来?略?はなんなんでしょうね?気になります。

  1. mbedをUSBケーブルでパソコンと繋げると、メモリーとしてマウントされます。
  2. その中には「MHBED.HTML」というファイルが入ってます。それを起動(ブラウザが動く)
  3. はじめてなのでサインアップします。
    Safariscreensnapz068

最初、コンパイラを起動させて、新規にプロジェクトを作ろうとしたら、普通にファイル名を入れようとしたら入力できなくて。いきなり先へ進めなくなってしまいました。

ツイッターでつぶやいたら、いろいろ教えて頂きました。

ということで、

  • Compilerでプロジェクトを作って
  • Compileボタンでコンパイルするとコンパイル後、コンパイルされたファイルは自動的にダウンロードされます。
  • そのファイルをマウントされてるmbedに入れて、リセットボタンを押すと、起動する

という仕組みになっていることが分かりましたhappy01

とりあえず、

を頂いたので、その2種類で、やり方も実際に確認できましたhappy01paper

基本的なやり方もわかったので、ボチボチと勉強していきたいと思います

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第32号

20131006_203600

週刊 ロビ 32号が、10/6に届きましたhappy01paper

今回の組み立ては「右股関節内側フレーム取り付ける」です。

  1. 右股関節フレームを組み合わせる
  2. サーボケーブルに保護シールを貼る

です。挿すだけでおしまいでした。ちょっと寂しいですねbearing

----------

----------

20131006_201708

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うおーるぼっと」で遊ぼ(1)

Img_3958
今更ですが「うおーるぼっと」を入手しましたhappy01うおーるぼっと」は、壁を走るロボットベースボードです。

mbedまたはrewbpicのマイコンで動かせますが、rewbpicを入手しました。
20130926_225456

rewbpicは「ンニングレクトロニクス、おーるっと、mbed風PICマイコン基板」の略で、mbedで動かせるうおーるぼっとですが、SBDBTと同じPIC24FJ64GB004で動かせるようにと作られたマイコン基板です。

rewbpicにはデフォルトでWiiで動かせるファームが入っていますが、ps3のコントローラー用のファームもありますし、ゆくゆくはRCBControllerで動かせるようにしたいなと思ってますので、まずはファームを焼けるように、ピンをハンダ付けしました。

●電源

まずは電源について考えてみました。ニッケル水素の電池にするか、スマフォのUSB充電バッテリーを使ってみるか、とか、スイッチングACアダプターでも使えるようになってるとデバグしやすいなとか考えています。

  • スイッチングACアダプター:動作中平均電流は500mAくらいと思われます。マンガン乾電池で連続動作時間1時間強くらいかな?6V1A以上のスイッチングACアダプターであれば大丈夫かな?思ってます。で、いちおう色々オプションを付けることも考えて、余裕を見て(見すぎて?)1.5AクラスのスイッチングACアダプター。※まだ、全く試していませんので、つなげるとぶっ壊れるかもしれませんので、もしやる場合は各自の責任でお願いします。
  • スマフォのUSB充電バッテリー:いろいろなのがありますが、1から2Aのバッテリーで試してみようかと思ってます。※これも、まだ、全く試していませんので、つなげるとぶっ壊れるかもしれませんので、もしやる場合は各自の責任でお願いします。
  • ニッケル水素電池:なんと1900mAhの電池がAmazonブランドで出ているではないですか?いいのか悪いのかわかりませんが、安いので8本入りのを購入しました。これは試しましたが、とりあえず、問題なくうおーるぼっと動かせてます。
    ※私が買ったときは約1000円で安かったんですが、なんだか高くなってます。

電池以外を使えるように、電源のコネクター部分を改造しなくてはね。また次回以降に書きたいと思いますhappy01paper

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「体のふしぎ」 創刊号

Safariscreensnapz067
体のふしぎ」 創刊号を買ってみました。
アシェットの週刊で発行されるパーツ付きの本で、人体模型を組み立てながら体のことを勉強しましょうsign01といった感じのもの

創刊号は、190円。2号は690円、3号以降は1190円で、全82号のようです。
とりあえず、創刊号が190円であることと、1号、2号で頭蓋骨ができあがりそうなので、その2号分だけ購入予定で、2号もAmazonで予約購入しました。


創刊号のパーツは
頭蓋骨(頭蓋冠を除く)部分です。
組み立てる前:
20130927_200459
下顎骨に歯を付けました。そこそこ悪くないです。下顎孔とかオトガイ孔とかあるといいなと思いました。
20130928_064552
外頭蓋底です。まぁ、こんなもんですかね。
20130928_064632
内頭蓋底です。ちょっと忠実じゃなさ過ぎですね。脳のパーツが入るからとは言え、もっとちゃんと形作ってほしかったです。
20130928_064650
で、下顎骨を取り付けて、創刊号の組み立ては完成。この写真ちょっと猿っぽいですかね?ま実際には、そこまで猿っぽくはないかと思います。
20130928_064741

さて、今回の冊子の内容ですが、どうもいまいち変に感じたり、違うように感じたりするところが何カ所かありました。

  • P5
    • 扁平骨に付いて変なとこ:胸郭は胸骨、肋骨、胸椎からなります。
    • 種子骨に付いて補足:種子骨は、筋や靭帯が骨化したものです。
  • P6
    • 骨質の細胞:破骨細胞は多核の大きな細胞で、骨芽細胞より大きいです。破骨細胞は、名前の通り骨を溶かしている細胞です。固くなり過ぎるのを防いでる?のですかね??
    • ち密骨:ハバース管は、緻密骨を頑丈にする作用があるんでしょうかね?ハバース層板がというならまだわかりますけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『パンドラ ザ・イエロー・モンキー THE MOVIE』を観てきました

パンドラ ザ・イエロー・モンキー THE MOVIE  』を9月28日に観てきました(#33)
勝手に得点:4.5点(満点5)
Safariscreensnapz066
とりあえず、映画?なんでしょうから数に数えさせて頂きました。それから、面白い面白くないというものじゃなく、基本ファンの方しか観ないものでしょうから、私が点を付けてもまったく意味を持ちませんが、例外はなしということで、とりあえず中立な立場で点を付けておきました。
とりあえず、面白いというか、良かったと思いますhappy01paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »