« 「体のふしぎ」 創刊号 | トップページ | 「週刊 ロビ」 第32号 »

「うおーるぼっと」で遊ぼ(1)

Img_3958
今更ですが「うおーるぼっと」を入手しましたhappy01うおーるぼっと」は、壁を走るロボットベースボードです。

mbedまたはrewbpicのマイコンで動かせますが、rewbpicを入手しました。
20130926_225456

rewbpicは「ンニングレクトロニクス、おーるっと、mbed風PICマイコン基板」の略で、mbedで動かせるうおーるぼっとですが、SBDBTと同じPIC24FJ64GB004で動かせるようにと作られたマイコン基板です。

rewbpicにはデフォルトでWiiで動かせるファームが入っていますが、ps3のコントローラー用のファームもありますし、ゆくゆくはRCBControllerで動かせるようにしたいなと思ってますので、まずはファームを焼けるように、ピンをハンダ付けしました。

●電源

まずは電源について考えてみました。ニッケル水素の電池にするか、スマフォのUSB充電バッテリーを使ってみるか、とか、スイッチングACアダプターでも使えるようになってるとデバグしやすいなとか考えています。

  • スイッチングACアダプター:動作中平均電流は500mAくらいと思われます。マンガン乾電池で連続動作時間1時間強くらいかな?6V1A以上のスイッチングACアダプターであれば大丈夫かな?思ってます。で、いちおう色々オプションを付けることも考えて、余裕を見て(見すぎて?)1.5AクラスのスイッチングACアダプター。※まだ、全く試していませんので、つなげるとぶっ壊れるかもしれませんので、もしやる場合は各自の責任でお願いします。
  • スマフォのUSB充電バッテリー:いろいろなのがありますが、1から2Aのバッテリーで試してみようかと思ってます。※これも、まだ、全く試していませんので、つなげるとぶっ壊れるかもしれませんので、もしやる場合は各自の責任でお願いします。
  • ニッケル水素電池:なんと1900mAhの電池がAmazonブランドで出ているではないですか?いいのか悪いのかわかりませんが、安いので8本入りのを購入しました。これは試しましたが、とりあえず、問題なくうおーるぼっと動かせてます。
    ※私が買ったときは約1000円で安かったんですが、なんだか高くなってます。

電池以外を使えるように、電源のコネクター部分を改造しなくてはね。また次回以降に書きたいと思いますhappy01paper

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

|

« 「体のふしぎ」 創刊号 | トップページ | 「週刊 ロビ」 第32号 »

mbed/LPC/REWBPIC」カテゴリの記事

うおーるぼっと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/58286046

この記事へのトラックバック一覧です: 「うおーるぼっと」で遊ぼ(1):

« 「体のふしぎ」 創刊号 | トップページ | 「週刊 ロビ」 第32号 »