« 「週刊 ロビ」 第33号 | トップページ | 『そして父になる』を観てきました »

「体のふしぎ」 vol.2

20131009_222249

体のふしぎ」 vol.2が10月9日に届きましたhappy01paper

2号のパーツは、頭蓋冠と脳の正中断の左側です。

脳を正中断した左側。頭蓋腔の内側におくだけ。
20131010_211714

あと、頭蓋冠。

20131010_211634x

頭蓋冠を付けてみました。
つなぎ目がピッタリじゃなくて作りが悪いですconfident

20131010_211517

創刊号は、190円。2号は690円、3号以降は1190円で、全82号のようです。
とりあえず、創刊号が190円であることと、1号、2号で頭蓋骨ができあがりそうなので、2号まで買いました。それで2号までのつもりでしたが、頸椎が欲しくなったので、3号も予約注文しましたhappy01

あれこれ

  • P4:胸骨は体の中でもっとも固い骨なんだぁ
  • P4:「尾てい骨」:「てい」はいらない。尾骨でいいでしょう。
  • P4:腰椎のとこ:「肋骨とはつながっていません」:「肋骨はつながってません」とか、「肋骨はありません」とか、「肋骨がくっついちゃってます」とか言った方がよいかな。腰椎に肋骨が付着してできた所を肋骨突起といいます。
  • P6:椎骨を本で数えるのはなんか変。個の方がいいでしょ。
  • P7:胸郭:胸郭は、12対の肋骨+12個の胸椎+胸骨によって作られる胸の空間のこと。
  • P7:胸郭:次の3対の肋骨は「仮肋」とよばれ...:仮肋は浮遊肋を含めた5対かな。
  • P8:「22個の骨が合わさって」:頭蓋骨は15種類23個。もし「舌骨」を頭蓋骨に混ぜなければ14種類22個です。
  • P8:頭がい骨(ずがいこつ):一般的には「ずがいこつ」と言うが、(人の)解剖学では「とうがいこつ」と言うことが多かったりする。
  • P8:鼻腔(びこう):「腔」は本来「こう」と読むが、(人の)解剖学では慣習的に「腔」はすべて「くう」と発音する。
  • P9:「耳骨」:「耳骨」という言い方は初めて聞いた。(人の)解剖学では耳小骨という。※この3つの骨は頭蓋骨の骨の数には入れてません。
  • P12:「脊椎」:P12に限らず、脊椎と何度も出てきてますが、なんとなく脊椎=背骨のような書き方に思えます。正確にはたぶん脊椎=椎骨で、脊椎は、背骨を構成するひとつひとつの骨、つまり椎骨を意味します。その椎骨がつながって出来上がっている背骨のことは、「脊柱(せきちゅう)」と言います。

|

« 「週刊 ロビ」 第33号 | トップページ | 『そして父になる』を観てきました »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/58375840

この記事へのトラックバック一覧です: 「体のふしぎ」 vol.2:

« 「週刊 ロビ」 第33号 | トップページ | 『そして父になる』を観てきました »