« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

「週刊 ロビ」 第53号

Safariscreensnapz045

今回の組み立ては「マフラーにネックフレームを取り付ける」です。

  1. ヘッドスタントからマフラーを取り外す
  2. ヘッドスタンドを組み立て直す
  3. マフラーにネックフレームを取り付ける
  4. ネックプレームにワッシャーを取り付ける

です。が、

古いバージョンを持っている人たちは、交換パーツが届いていて、そのマフラーを使うことになるので、1、2の操作は必要ありませんよね。

それから4のワッシャーを取り付ける操作もワッシャーに不具合があるのか付けないようにと紙が入ってました。改良部品が56号で届くようです。
Finderscreensnapz007

なので、作業は3番の「マフラーにネックフレームを取り付ける」だけでしたが、ボディーとネジ止めして、積み重ねてみました(逆光ですいません)
Img_4672

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Intel Galileo 開発ボード(1)入手

20140221_134303s

少し話題?のIntel Galileo 開発ボードを入手しましたhappy01
Galileoは、「Quark X1000」を搭載するArduino互換のボードで、

  • Pentium(x86)互換のSoC「Quark X1000」(400MHz)
  • Mini PCI Express
  • Ethernet
  • microSDカードスロット(SDIO)
  • USB 2.0(ゲスト/ホスト)
  • UART
  • JTAG
  • メモリ:256MB
  • フラッシュ:8MB
  • SoC内に512KBのSRAMも統合

というもので、Arduino互換ボードとして利用する場合、内部的にはLinux上でArduinoをエミュレートして実行することになるようです(正確にはこちらを参照)。

Galileoの価格は約7500円で、Arduinoよりも、Raspberry Piよりも高く、高いから購入する気はなかったんですが、「ROBOCON Magazine 2014年1月号」でプレゼントをやっていたので、応募したら、なんと当たりましたhappy01scissors

少しやってみました

  • Arduino IDEがGalileo用のが必要でダウンロード
    • RFduinoのIDEとか他と別に使いたいので「IntelGalileo」というフォルダを作って入れました
    • IDEのファイル名を変えたりするとコンパイルできなくなったりします。IDEの入ってるフォルダ名も例えば「Intel Galileo」だとコンパイルできなくなりますので注意
  • Lチカをやってみましたが、難なく普通のArduinoと同じようにできましたhappy01
  • FirmaSBBLEをやってみようと、StandardFirmata転送しようとしたらエラー

折角ただで入手できたんですから、時々ゴニョゴニョしてみたいと思います。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第52号

Safariscreensnapz043_2

今回の組み立ては「腰の部分に両脚を取り付ける」です。

  • 両脚をヒップカバーに取り付ける
  • 腰フレームにサーボケーブルを通す
  • 腰フレームに充電ジャックケーブルを通す
  • 腰フレームを取り付ける
  • 右脚のケーブルにテープを貼る
  • 下腹カバーを取り付ける

です。簡単ですが、いい感じの作業量ですね。これで下肢の部分はしっかり止まったから、下肢のモーション作りがやりやすくなりましたねhappy01
Img_4669s

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』を観てきました

土竜の唄 潜入捜査官REIJI』を2月16日に観てきました(#4)
勝手に得点:5.5点(満点5)
Safariscreensnapz040
ちょっと風邪気味で体調悪かったのもあって気持ち悪さアップですたが、笑える系の映画は大好きで、5点超えを付けさせて頂きましたhappy01最初から最後まで、生田くんも、遠藤さんも、堤真一も、岡ちゃんも、みんなみんな笑えましたhappy01
これも次があるんかな?

キャラクター診断というのをやってみました
私は普通に「善良な市民」でしたhappy01
Safariscreensnapz041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第51号

Safariscreensnapz042

今回の組み立ては「腕と脚の動作テストをし、マイコンボードに取り付ける」です。

  1. microSDカードをマイコンボードにセットする
  2. 左脚の動作テストをする
  3. 右脚の動作テストをする
  4. 左腕の動作テストをする
  5. 右ボディにマイコンボードを取り付ける
  6. 右腕の動作テストをする

です。

さらに、今回は、黒バーツの色移りの問題による上肢の分解と再組み立てがありますね。51号の上肢下肢の動作テストをすべて完了させるには1〜2時間はみておく必要がありますね。結構大変でした。

20140209_171833

実際に動作テストですが、テストはマイコンボードを使って行いますのでトラブルの種類によってはマイコンボードを壊してしまうことも考えられますので注意が必要です。以下のよう失敗例が書かれてました。

ガジェ獣Blogの「ちょっとした大事件発生」によると、ケーブルの短絡によりマイコンボードから盛大に火花が発生!したそうです。

ちょっとしたことで、大変なことが起こってしまうようです。ServoTester for Robiとかで少しずつテストしておけば被害は少ないかもしれませんね。


--------------------

-------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第50号

Safariscreensnapz044

今回の組み立ては「動作テストの準備と充電をする」です。

  1. マイコンボードプレートにマイコンを取り付ける
  2. 充電ジャックケーブルをヒップカバーに取り付ける
  3. 分電盤に保護シールを貼る
  4. 分電盤にケーブルを接続する
  5. 充電する
  6. ケーブルを取り外す

です。
20140209_152855

ロボゼロの充電器を使う為には」で書きましたが、ロビの充電器は2.5φDCプラグです。既存の2.1φの充電器を使う場合など2.1-2.5φの変換コネクタを持っていると便利かもしれませんね

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『RUSH ラッシュ/プライドと友情』を観てきました

ラッシュ/プライドと友情』を2月8日に観てきました(#3)
勝手に得点:5点(満点5)
Safariscreensnapz039
ニキ・ラウダとジェームス・ハントの有名な実話を映画化したものです。2〜30年くらい前は毎週末はF1を見る為に夜遅くまで起きてたものでしたが、今は全然やらないですよね。この話は、それ以前の話で、何となく聞いたことあるだけの話だったので、今回映画で見られてとても嬉しかったですhappy01

追記:書こうと思っててすっかり忘れてました。映画の途中のころ20〜30分のところで映写機が壊れて真っ暗になり音声だけ流れる状況に出くわしました。去年の2月11日に「脳男」を同じ映画館の同じスクリーンで観てた時も不具合に出くわしましたが、今回は真っ暗になったので明らかにおかしいので手探りで出て行って係員に状況を伝えて10分程度巻き戻してちゃんと最後までみることができました。「脳男」の時はチケット再発行だったんですが都合が付かず結局見れなかったですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ServoTester for Robi v1.4.0 公開

Icn_servotester_for_robi_128 ServoTester for Robi v1.4.0を公開しました。

このソフトは、one週刊ロビのテストボードと同等のことをパソコンから行えるようにソフトウエアを作ってみました。USB-シリアル(TTL)変換アダプターを使って動かすことができます。またtwoロビのポーズを編集し、モーション作成する機能があります。

もし、ご興味があれば使ってみて下さいhappy01

このソフトのダウンロードはこちらのページからできます

●更新内容

  • (新規 モーションウインドウに「サウンド」ボタンを追加。再生させたいWAVファイルを選択できます。ファイルパスの後の数値は再生待ち時間を設定します。下の例では1000ミリ秒=1秒待ちます
    例:PLAY(0131_MIX_13-3_1.wav,1000)
    Servotester_for_robiscreensnapz004
  • (新規モーションウインドウの実行のストップボタンを設けました。
  • (新規51号に付いてきたテスト動作用のモーションとしてモーションウインドウで自作したモーションを出力できます。
    1. モーションを作成後
    2. 51号のmicroSDをパソに差込む
    3. ファイルメニューから「テストSD用モーションとして出力」を選択
    4. 出力先のフォルダに51号のmicroSDを選択
    Servotester_for_robiscreensnapz005
  • ※各トルクオンオフは反映されません
    ※各ポーズのスピードは反映されません
    ※各サウンドの再生時間は反映されません
    ※この操作は各自の責任において行って下さい。

-------------------------------------------

●モーションの作り方

  • サーボテスターのウインドウで「接続」をクリック
    Servotester_for_robiscreensnapz002
  • 「ポーズ&モーション」ボタンをクリック
    Servotester_for_robiscreensnapz001
  • つながっているサーボのみにチェックを入れる。
  • Autoをクリック。
    Servotester_for_robiscreensnapz00_2
  • 「Torque ON」になったら。スライダーを動かす。
  • ※もし半2重回路を使っている場合は、AutoOFF/トルクはOFFの状態で、ロビを手で動かしてポーズを作り「Read Pose」ボタンをクリック
  • ポーズを作ったら「Write Pose」ボタンをクリック(これを繰り返す)。
  • モーションウインドウに書かれたポーズの最初と最後に、TorqueON,TorqueOFFの文章を入れる(ボタンをクリック)
    Servotester_for_robiscreensnapz004
  • スタートボタンで動きます。

●必要なもの

なお、サーボとコンピュータを接続し、本ソフトウエアを動かす為には、以下のものが必要になります。

oneUSB-シリアル(TTL)変換アダプターの購入
 例えば

twoRS308MDとアダプターを繋ぐケーブルを自作

three半2重回路

●さらに高機能なソフト
ServoTester for Robiは、サーボのテストとID変更しかできませんが、もう少しいろいろできるソフトも作ってますので、こちらもご興味があれば使ってみて下さい。

●免責
このソフトウエアのご利用は各自の責任において行って下さい。
私は一切の責任は負いません。

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Xcontroller 0.7.0 公開

Icn_xcontroller_128_2 Xcontroller v0.7.0のMac版とWin版の両方を公開しましたhappy01paper

ダウンロードはこちらからどうぞ
チュートリアル?ムービーはこちら

※動作の保証は全くしませんので、各自の責任においてご利用下さい.また、高価なパーツを壊さないように注意して下さい.

更新内容

セットアップ

  • [新規]:膝のサーボのリンクに対応。
    ポーズウインドウで膝の2つの関節の値が連動します。
    Xcontrollerscreensnapz003

ポーズエディタエディタ

  • [新規]:右クリックで左右の値の入れ替えに腰の回旋サーボに対応
  • [変更]:上肢、下肢、全身の左右の入れ替えで腰の回旋サーボも連動するように変更した
  • [修正]:左右の入れ替えなどで実際にサーボが動かない不具合を修正
    Xcontrollerscreensnapz004

モーションエディタエディタ

  • [新規]:左右入れ替えなどの機能の不具合を修正
    Xcontrollerdebugscreensnapz002

プログラムエディタ

  • [修正]:動作の最適時間を表示で、コメントアウトされたMOVEデータも対象となってしまった不具合を修正
    時間の所へポインターを持って行くと最適の秒数が表示されます。※動作の時間は前のポーズから割り当てます。もし前のポーズが無い場合は、セッティングで設定した値からの時間を計算します。なお、OptionキーまたはALTキーを押すと前のポーズでなくデフォルトのポーズから計算します。
    ※この機能はゼロガレージさんのこの記事に書かれてる機能を実行させています。Xcontrollerdebugscreensnapz003

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ServoTester for Robi v1.3.5 公開

Icn_servotester_for_robi_128 ServoTester for Robi v1.3.5を公開しました。

このソフトは、one週刊ロビのテストボードと同等のことをパソコンから行えるようにソフトウエアを作ってみました。USB-シリアル(TTL)変換アダプターを使って動かすことができます。またtwoロビのポーズを編集し、モーション作成する機能があります。

もし、ご興味があれば使ってみて下さいhappy01

このソフトのダウンロードはこちらのページからできます

●更新内容

  • (新規 ポーズウインドウに「ホーム」ボタンを追加。このボタンを押すと基本姿勢になります。なおホームボタンの隣の丸いボタンをオプションまたはALTキーを押しながらクリックすると現在のスライダーの姿勢がホームポジションとなります。
    Servotester_for_robiscreensnapz002
  • (新規ポーズウインドウに「座る」ボタンを追加。ボタンを押すと座ります。
  • (新規ポーズウインドウで右クリックすると、サーボの値の左右入れ替えやホームポジションの値に変更することができるようにした。
    Servotester_for_robidebugscreensnap
  • 変更スピードの値をポップアップで選択できるようにした
    Servotester_for_robiscreensnapz001
  • 変更いくつかキャプションを日本語化。
  • 進行中)イタリア、イギリス、ドイツ、フランスでロビが創刊されることから他言語化

  • Servotester_for_robiscreensnapz00_2

-------------------------------------------

●モーションの作り方

  • サーボテスターのウインドウで「接続」をクリック
    Servotester_for_robiscreensnapz002
  • 「ポーズ&モーション」ボタンをクリック
    Servotester_for_robiscreensnapz001
  • つながっているサーボのみにチェックを入れる。
  • Autoをクリック。
    Servotester_for_robiscreensnapz00_2
  • 「Torque ON」になったら。スライダーを動かす。
  • ※もし半2重回路を使っている場合は、AutoOFF/トルクはOFFの状態で、ロビを手で動かしてポーズを作り「Read Pose」ボタンをクリック
  • ポーズを作ったら「Write Pose」ボタンをクリック(これを繰り返す)。
  • モーションウインドウに書かれたポーズの最初と最後に、TorqueON,TorqueOFFの文章を入れる(ボタンをクリック)
    Servotester_for_robiscreensnapz004
  • スタートボタンで動きます。

●必要なもの

なお、サーボとコンピュータを接続し、本ソフトウエアを動かす為には、以下のものが必要になります。

oneUSB-シリアル(TTL)変換アダプターの購入
 例えば

twoRS308MDとアダプターを繋ぐケーブルを自作

three半2重回路

●さらに高機能なソフト
ServoTester for Robiは、サーボのテストとID変更しかできませんが、もう少しいろいろできるソフトも作ってますので、こちらもご興味があれば使ってみて下さい。

●免責
このソフトウエアのご利用は各自の責任において行って下さい。
私は一切の責任は負いません。

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JO-ZERO2&ROBOXEROに対応した無線式送受信機JXB-1

Screensnapz155

姫路ソフトワークスさんから、ロボゼロ用の無線式送受信機JXB-1が50台のみの生産で販売開始になるようです。

無線方式はXbeeでコントローラは、以前発売された「ロボゼロ専用 赤外線リモートコントローラーキット」と同じ形のものにXbeeが付いている(白い部分)感じですね。

ロボゼロ専用 赤外線リモートコントローラーキット

Safariscreensnapz036

JXB-1

Screensnapz156

受信機は線が2本出てます。たぶん1本がHSWB-4Fの無線端子にもうひとつがシリアル接続端子につながると考えられます。

ロボゼロ専用 赤外線リモートコントローラーキットが18000円なんで、Xbeeを使ったこのコントローラーは20000〜25000円くらいでしょうかね?

あと、JO-ZERO2&ROBOXERO用とのことですが、ロボゼロの無線ポートはRCB3なので、RCB-3HVや、RCB-4HV+KRI-3でも使えるように思います(試したわけじゃないのでわかりませんけどね)

さてみなさんは買いますか?

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Adrirobotさんのロビ紹介ページ

Firefoxscreensnapz001

ロボザックの時に、イタリアでも刊行されてたので、Adrirobotさんのページで、bluetooth関連のこととか、あれこれ丸っと使われてたんですが、今回もまた「写真とかくれ!」ということでブログで公開したものやしてないものなど送りましたので、Adrirobotさんのロビのページで何個か使われてますhappy01

ロビも、イタリア、ドイツ、イギリスで出るので、

のイタリア語のローカライズをAdrirobotさんがしてくれるということで、計画中ですhappy01

早速、ここのページで、紹介されています。が、まだローカライズしてないので、日本語部分が思いっきり文字化けしてますねsweat01
Firefoxscreensnapz002

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各国でロビ創刊

Safariscreensnapz033
イタリアでもロビが創刊されましたねhappy01paper
イタリアでは、いま、2号が届いたところだそうです。

で、イギリス、ドイツ、フランス(20140209追記)でも創刊予定のようで、

今後その他の国でも出るかもしれませんね。

イタリアでは、日本でも売られたマイロボットやロボザックのロボットが創刊されました。今回、ロビも創刊されて、イタリアでもヒットするといいですねhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『黒執事』を観てきました

黒執事』を2月1日に観てきました(#2)
勝手に得点:4.5点(満点5)
Safariscreensnapz035
まぁ、面白かったと思います。水嶋ヒロのアクションはともかく、、山本美月のアクションもカッコよかったですね。優香の悪役の演出も良かったですよね。剛力綾芽は、まぁ、あんなもんかね。真に解決してないから続くんでしょうかね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »