« 「Wood Job! (ウッジョブ!)神去なあなあ日常」を観ました | トップページ | FemtoduinoBLE (1)買いました »

BLESerial (2)接続・通信してみました

Connectx

BLESerialと接続して、簡単な通信をしてみました

USBシリアルアダプター
BLESerialは5Vなので、5V対応のアダプターが必要になります。下記AmazonのリンクのFTDI USBシリアル変換アダプターは、5V/3.3V切り替え機能付きで便利です。

CTS、RTCを結線して、5VとGNDを繋げただけだとBLEの信号がでないようです。TXとRXの接続も必要なので、ご注意下さい。

ターミナルソフト

今回はCoolTermというソフトを使ってデータの送受信をしてみました。Mac版、Windows版の両方があるので説明にもいいですね
Screensnapz258

ポートは「USBシリアルアダプター」を選択して下さい。Windowsの場合は名前でなくCOM3とか数字です。挿したUSBシリアルアダプターがどれか分からない場合は、一度USBシリアルアダプターを抜いて、「Re-Scan Serial Ports」ボタンを押して、名前が消えたものがそれです。ボーレート、パリティなどは以下の図の通りです

Cooltermscreensnapz001_2

「Connect」ボタンを押してシリアルアダプターと接続します

Cooltermscreensnapz002
 

LightBlueでデータの受送信

LightBlueは受送信チェックにはとても便利なiPhoneアプリです。LightBlueを使って、CoolTermで読み書きしてみました

1)「Central」にBLESerialが表示されます。それをタップすると接続します。BLESerialのLEDが赤から緑に変わりサービスが2つ表示されます。
2)Device Informationじゃない方を選択します。

20140505_233747 20140505_233752

3)まずは送信の方です。下の段の0x569A2001から始まるキャラクタリスティックを選択します。
4)さらに「Write」のボタンをタップすると「Write ASCII」と「Write HEX」の欄が表示されるので、そこにあれこれ入力して見ましょう!CoolTermの方に入力した内容と同じものが表示されるはずです

20140505_233809 20140505_234013

5)次に受信の方です。戻って、今度は上の段の0x569A2000から始まるキャラクタリスティックの方を選択します。
6)「Start Nottfy」をタップし、CoolTermからキーをあれこれ押してみると、押したキーの文字が表示されます。
20140505_234108

どうでしたか!?これだけでも楽しいですよね


----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

|

« 「Wood Job! (ウッジョブ!)神去なあなあ日常」を観ました | トップページ | FemtoduinoBLE (1)買いました »

無線(BLESerial)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLESerial (2)接続・通信してみました:

« 「Wood Job! (ウッジョブ!)神去なあなあ日常」を観ました | トップページ | FemtoduinoBLE (1)買いました »