« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

最近買った本(2014/6/15)

どこまでを最近としていいのかわかりませんが、最近買った本のリンクです。

ひとつひとつコメント書いてたんですが、消えてしまったので、リンクだけcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第65号

Screensnapz021

今回の組み立ては「口のLEDボードを取り付ける」です。

  1. 目を口のLEDボードに接続する
  2. LEDボードをフェイスカバーに取り付ける

です。

LEDボードに付ける目の左右はどっちsign02かわからないんですが、向きは気にしないで付けました。これもやはり差込むのは固いです。さらにフェイスカバーのネジ止めもケーブルが邪魔をして付けにくかったです。
20140615_182538

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤーストリッピングゲージ

20140530_214455

ブレッドボードマニアックの「ワイヤーストリッピングゲージ」です。一般販売より早い4月ごろに手に入るということで、KickStarterでプレオーダーして、たんですが、遅れに遅れて一般販売の1〜2日前に届きましたdown

ワイヤーをストリップする時のゲージとして使えるというもので、ワイヤーストリッパーに付けて使います。

旧型はワイヤーストリッパーの装着がいまいちだったんですが、新型は、ちゃんとフィットして使いやすくなりました。

20140531_001540

ワイヤーをストリップする機能だけでなく、ワイヤーの足を曲げる、抵抗類のパーツの足を曲げるICの足を曲げるさいに曲げやすい機構もついてて便利です。

20140531_001512

ということで、ワイヤを切り切りして配線スッキリさせましたhappy01
20140531_001004x

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「IchigoJam」 (4)ファーム更新1

20140526_070922

IchigoJamもバージョンアップするんで、ファームを更新できるようになってないといけないですよね。mbed LPC1114が使えれば楽チンなんですが、TX/RXを使っているものは書き換えできないようです。

以下は、ISPで書き込みをする方法で、このページを参考にしてます。

  1. USB-TTLのコンバータのTX,RXをLPC1114FN28のRX(dp15), TX(dp16)と接続。
  2. LPC1114FN28は、リセット時にPIO0_1(dp24)をLOWにしておくことでISPモードに投入。
  3. 写真では24番ピンとGNDの間に330Ωの抵抗を挟むことでLOWに。
  4. リセットする前に抵抗を取り付け、リセットしたあと抵抗を外す。(写真ではリセット時、ワイヤで繋げておいて、その後、ワイヤを抜く)
  5. ターミナルソフトで以下を実行
    $ lpc21isp -bin LEDBlink_LPC1114.bin /dev/cu.usbserial-hoge 115200 48000

あと、ゼロプレッシャーICソケットを使えば、LPC1114の抜差しが楽になります。

USB-UART変換機は一個は持ってると便利ですよね。

ところで、これ結構安いですねhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第64号

Screensnapz020

今回の組み立ては「人感センサーにケーブルを接続する」です。

  1. 2つの人感センサーにケーブルを接続する

だけです。固いですが、ギュっと押し込みましょう!

20140615_181246

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「IchigoJam」 (3)PS/2キーボード

20140615_220717

IchigoJamの対応キーボードは、PS/2キーボードです。一昔前の方式なんでなかなかないですよね。

USBキーボードで、変換コネクターでPS/2キーボード しても使えるというタイプのものなら何種類かはあるようです。

変換コネクターの場合、上手く動かないものもあるとか聞きますし、変換アダプターだけ買ってこれば、どんなUSBキーボードでも使えると言う意味ではなく、USBおよびPS/2両方対応ということになっているキーボードで変換アダプターが使えるということのようです。

私は「ELECOM TK-FCM006BK」を買いました。これはキーピッチが15.4mmのちょっと小さ目のキーボードです。机の上が狭くなってしまうので、少しでも小さい方がいいなと思って選びました。

その他、

が動作検証されていると思います。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人生はマラソンだ!」を観ました

人生はマラソンだ!」を6月21日に観てきました(#14)
勝手に得点:4点(満点5)
Safariscreensnapz017

2012年のオランダで大ヒットした映画のようです。つぶれかけの車の修理工場の4人のメタボのおっさん達が、マラソン大会に出場することで広告費を稼いで、工場立て直そうと頑張る話ですhappy01

フライト」のように、どうしようもないおっさんの話は大っ嫌いだし、登場人物達の家族を見てると、オランダ人って、こんなどうしようもない人ばかりなんだろうか?とか思いました。

マラソンはじめたおっさん達も、案の定、挫折したけど、工場の社長の思いもあって、結局、マラソン大会には出場できて良かったですhappy01

で、結末は、言えませんというか考えられませんが、あのノリだから、ありえる結末で、それがあってこそ、いいお話に仕上がってるんですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBBLEController 1.1.0 公開

Itunesscreensnapz002

SBBLEController 1.1.0 公開 を公開しましたhappy01paper
SBBLEController自体、ブログでは紹介してなかったですが、ver1.0.0を公開して半年過ぎて、さらに1.1.0も5月21日なので、約一ヶ月前ですcoldsweats01

SBBLEControllerは、SBBLEなど、BLE対応のモジュールに接続して、ゲームコントローラー風のインターフェースを持った、コントローラーアプリです。

ver 1.0.0では

に対応していましたが、今回、ver 1.1.0で、

に対応しました。

実際に使って何かやれる人は少ないと思いますが、是非、ご利用下さいねhappy01paper

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第63号

Screensnapz019

今回の組み立ては「目に人感センサーを取り付ける2」です。

  1. 目の内側にシールを貼る
  2. 人感センサーにセンサーホルダーを取り付ける
  3. 人感センサーを目に取り付ける

です。62号と同じですねhappy01特に問題ないでしょうsign01

 

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハイパー・マイコンmbedでインターネット電子工作」発売予定

7月7日に「ハイパー・マイコンmbedでインターネット電子工作」が出版されるようで、Amazonで予約可能ですねhappy01

  • 第1章 mbedを使って組み込みマイコンのプログラム開発をマスタしよう!
    早くしかも簡単に動くものが作れるRapid Prototypingを体験する
  • 第2章 ライブラリを使って作りたいものを素早く簡単に作る
    液晶表示とネットワーク対応のメール送信プログラミング
  • 第3章 Socket通信を使ってmbedとWindowsのコラボレーションを実現しよう
    組み込みマイコンでも簡単にインターネット通信が利用できる
  • 第4章 ネットワークで音声を送受信するIP トランシーバの製作
    応用事例1:シンプルなハードウェアで簡単実験
  • 第5章 自動更新する天気予報表示ガジェットの製作
    応用事例2:xml形式のデータをうまく使いこなす
  • 第6章 JPEGカメラとXBeeWifiを使った画像表示システムの製作
    応用事例3:動画と無線
  • Appendix ライブラリ

”インターネット”とタイトルに入ってるけど、インターネットの難しそうな話だけでなく1〜2章で基本的な使い方も説明してありそうですね。
mbed関連書籍は、これまで、本屋で立ち読みしても、なかなか買いた衝動にかられるものがなかなかないんですが、これは予約注文しちゃいましたcoldsweats01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「IchigoJam」 (2)モニター

Quicktime_playerscreensnapz001

2回目はモニターについて。IchigoJamの画面を表示させるにはビデオ入力端子をもつモニターが必要になります。

テレビには最近のものでもビデオ端子がある場合が多いかと思います。でも今は小型のモニターが安く手に入ります。私は、7インチで、地デジも入り、バッテリー駆動も可能な、写真のモニターを使っています。ちょうどいい大きさ何じゃないかと思います。あとは地デジが入るのって、パソやりながらテレビが観れるのって意外と役立ちますねhappy01


Bluetooth無線でキーボード入力を示す為に取ったムービーですけど、このモニターで、どんな感じに表示されるかがわかるムービですので、是非見てみて下さいhappy01paper

---------------------

---------------------

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ロビ」 第62号

Screensnapz018

今回の組み立ては「目に人感センサーを取り付ける1」です。

  1. 頭を分解する
  2. 目の内側にシールを貼る
  3. 人感センサーにホルダーを取り付ける
  4. 人感センサーを目に取り付ける
  5. ヘッドブレームを取り付ける

です。

さて、先行販売で買った私は、2回目の交換パーツを交換しなくてはいけませんが、もうどれが古いものでどれが新しいものなのか記憶があやふやです。

目のフレーム部分は結局使い回すのね。で、目は最初の交換で届いたやつをつかいます。人感センサーの向きに気をつけながら目に差込んでネジ止め。簡単ですhappy01
20140615_180102

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LightBlue Bean (1)買いました

20140609_225409x
LightBlue Beanがやっと届きましたhappy01paper
マッチボックス程度の箱に入ってきましたが、LEDがちょうど箱の絵柄のところで光るようにデザインされていて、フリスク基板って感じに、このボックスの中に入れたままゴニョゴニョできる感じにもなってます。

LightBlue Beanは、LightBlueという名前から分かりますように、BLEユーティリティアプリのPunch Throughが開発したBLEモジュールで、

  • Arduinoコンパチで、
  • コイン電池で動作し、
  • RGB LEDや
  • 加速度センサーも載ってます。
  • さらに、ワイヤレスでプログラムでき、
  • クロスプラットフォームです。

20140609_211601

裏面にはコイン電池を付けられるようになっています。
20140609_211624

残念なことに技適は通っておらず、実験的に電波暗室での利用に限られます。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ノア 約束の舟」を観ました

ノア 約束の舟」を6月14日に観てきました(#13)
勝手に得点:4.7点(満点5)
Safariscreensnapz014
旧約聖書の『創世記』6章5節~9章19節の「ノアの方舟」の映画化ですね。公開二日目でしたが、自分自身そんなに見たいと思ってなかったので、思った以上に満席でビックリしました。

2時間20分くらいの長い映画で、かなり疲れていたので、ちょっとでもつまらなかったら寝ちゃいそうと思ってましたが、全く眠くなるようなことはなく、面白かったと思います。なんで、5点でも良かったんですけどねぇ〜happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『mbed LPC1114FN28』のファームを更新してみた

Safariscreensnapz008

更新が必要なのは初期ロットだけでしょうかね?mbedがマウントされた時に中に入ってるmbed.htmをダブルクリックしても、mbedのページで正しく表示されません。ま、大きな問題ではないんですが、それを修正したファームが出ていてスイッチサイエンスさんのページで、Macでのやり方が丁寧に書かれてたので、やってみました。

oneファームウェアをダウンロード
スイッチサイエンスさんのmbed LPC1114FN28のページにファームがあるのでダウンロードする

twoISPモードで接続

  1. mbed LPC1114FN28をISPボタンを押しながらUSBをさす。
  2. "CRP DISABLD"と言う名前でマウント(認識)されます。

このマウントされたボリュームにコピペでいいのかと思いきや、ターミナルで作業を行います。

threeターミナルを使って、ファームをコピーする
ターミナルを起動し、以下の3つを行います。2行目のファームのファイルパスは各自のパスに書き換え(ドラッグ&ドロップすれば楽)

  1. rm /volumes/CRP\ DISABLD/firmware.bin
  2. cp /Users/asagin/Downloads/lpc11u35_lpc1114_if_mbed_checksum_20140430.bin /volumes/CRP\ DISABLD/
  3. sudo umount /volumes/CRP\ DISABLD/

fourファームウェアの確認
mbed LPC1114FN28を挿し直して、mbed.htmをダブルクリックして、mbed.org内のmbed LPC1114FN28のページがブラウザで表示され、無事成功!

Safariscreensnapz009

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »